福井県・敦賀の歴史と文化交流を継承する イベントの開催に向けた クラウドファンディングを開始

〜「⼈道の港」敦賀市を、⽇本を代表する⽂化交流都市に〜

 福井県敦賀市を基盤に様々な地域活動をおこなう特定⾮営利活動法⼈THAP(所在地:福井県敦賀市/ 理事⻑:池⽥裕太郎)、商業・⽂化施設などの空間づくりをおこなう株式会社丹⻘社(本社:東京都港区 /代表取締役社⻑:⾼橋貴志)、ビジネスコンサルティングとイノベーション事業を⼿がけるイグニション・ポイント株式会社(本社:東京都渋⾕区/代表取締役社⻑兼CEO:⻘柳和洋)は、今秋福井県敦賀市で開催を予定するイベント「敦賀国際⽂化交流フェスティバル」(以下本イベント)の規模拡⼤に向け、 国内最⼤のクラウドファンディングサービス「Readyfor」を利⽤した資⾦調達を本⽇より開始します。
 本イベントは、「世界をつなぐ港まち、みんなで拓く交流拠点都市 敦賀」を掲げる敦賀市がもつ「⼈道」の歴史と⽂化交流(※)の継承と、敦賀の⽂化交流都市としての発展を⽬指し、市や地元企業・団体、地域で暮らす⼈々、さらに歴史的関係の深いポーランド、リトアニア、オランダ、イスラエルの関係各所と連携して開催するものです。4か国の⽂化に精通した⽅々を講師として敦賀に招き、語学・⾳楽・ダ ンス・料理・⼯芸品制作等の⽂化交流を深める機会をより多く創出し、また本イベントを地元敦賀市の⽅々をはじめとした関係のみなさまの興味を喚起し参加を促すことを⽬的に、クラウドファンディングサービス「Readyfor」を活⽤いたします。まずは本イベントにおいてより多くのワークショップを開催するための費⽤ 200 万円を⽬標に定めており、達成した暁には⽬標⾦額を上げ、より密度の⾼い相互交流を深めるため、ワークショップに4か国の留学⽣を招く費⽤とします。 
 敦賀市は今後、⽇本・ポーランド国交樹⽴100周年(2019年)、敦賀港開港120周年(2019年)、ポーランド孤児上陸100周年(2020年)、ユダヤ⼈難⺠上陸80周年(2020年-2021年)などの記念イヤーを迎えます。本イベントの開催を継続することで、敦賀市を「ポーランド、リトアニア、オランダ、イスラエルの⽂化を楽しめる町」として本格的な⽂化交流都市とする⼀助を⽬指します。 
 

⽇満連絡船出航の⾵景 (出典:「ふるさと敦賀の回想」より)
 

ユダヤ⼈難⺠たちが上陸した頃の敦賀港 (出典:「ふるさと敦賀の回想」より) 
 

現在の敦賀港

※福井県敦賀市は明治時代、東京と敦賀を結ぶ欧亜国際連絡列⾞が運⾏され、敦賀港からウラジオストクを経由しヨーロッパへと繋がる、⼤陸の⽞関⼝として栄えていました。敦賀港は、1920年代にポーランド孤児、1940年代には杉原千畝が発給した「命のビザ」をもつユダヤ⼈難⺠が上陸した⽇本唯⼀の港で、当時の市⺠が難⺠を温かく受け⼊れた「⼈道」の歴史があります。 

■「敦賀国際⽂化交流フェスティバル(英語名:Tsuruga International Culture Festival)」開催概要
テーマ:敦賀「⼈道」の歴史と⽂化交流の継承
内 容:ポーランド・リトアニア・オランダ・イスラエル各国の⽂化体験及び⽂化交流
開催⽇程:2018年11⽉3⽇(⼟)〜4⽇(⽇)(予定)
主 催:敦賀国際⽂化交流フェスティバル実⾏委員会 [NPO法⼈THAP、(株)丹⻘社、イグニション・ポイント(株)]
後 援:敦賀市
会 場 :福井県敦賀市⾦ヶ崎町周辺(⾦ヶ崎緑地、敦賀⾚レンガ倉庫、きらめきみなと館等) 

 
■イベント開催の背景
(1)敦賀における歴史的価値の再認識
敦賀港が果たしてきた歴史的役割を市⺠が再認識するとともに、国内外に向けて広く情報発信をおこない、敦賀の魅⼒とブランド⼒の向上につなげることができます。

(2)歴史的な関係をもつ国々との友好関係の継承
「⼈道の港」当時から 100 年が経過し、地元・敦賀においてもその記憶が徐々に薄れてきています。 ポーランド孤児、ユダヤ⼈難⺠が上陸した歴史を⾵化させることなく、現代から未来に向けて友好関係や⽂化交流を継承することが重要視されています。

(3)持続可能性と経済循環を⽣む運営の在り⽅
昨今、公的財源に頼ることなく⾃律的かつ継続可能なイベント開催の在り⽅が問われています。また、⼀時的な集客に留まらず、地域経済循環を促すことが期待されます。 
 

■イベント代表者コメント


実行委員長 池田 裕太郎 [NPO法人THAP(タップ) 理事長]
敦賀市は天然の良港で、敦賀港を拠点として往古から我が国各地域とアジア⼤陸を結ぶ交易拠点として栄えてきました。我々は敦賀がもつ素晴らしい歴史や⽂化を国内外に広く発信するとともに、歴史的関係の深い国々の⼈々や⽂化に市⺠が触れ、⾝近に感じる機会をつくりたいと思います。本イベントを今後も継続的に実施することにより、敦賀と歴史的関係性の深い国々との関わりが市⺠に根付き、敦賀市が国際⾊豊かな街になる事を願っています。 



 


副委員長 吉田 清一郎 [(株)丹青社 文化空間事業部 事業開発統括部 統括部長]
指定管理者として「敦賀⾚レンガ倉庫」の施設運営に携わるなかで、敦賀には「⼈道」 の歴史をはじめ、まだ⼗分に知られていない魅⼒がいっぱいあると感じています。今回の国際⽂化交流イベントを通して、敦賀の地域資源価値を世界へ発信していくことで、 地域のさらなる活性化に貢献ができることを願っています。 

 





 


副委員長 田代 友樹 [イグニション・ポイント(株) Senior Manager]
本イベントは今年が最初となりますが、これから毎年継続することで敦賀という地に定着し、各国との友好関係を未来に向けて発信できるものに育てていきたいと考えています。ベンチャー企業である当社らしい貢献ができることを願っています。 





クラウドファンディング実施概要
掲載サイト:Readyfor(レディーフォー)https://readyfor.jp
寄付募集期間:2018年6月22日(金)16:00 ~ 8月24日(金)23:00
プロジェクト名:人道の歴史をつなぐ!国際文化交流フェスティバルを開催したい!
プロジェクトページ:https://readyfor.jp/projects/tsuruga-festival
目標金額:200万円(ワークショップ講師招聘費用として)
期間内に達成した際は、4か国出身留学生の招聘費用として、さらなる目標金額を設定いたします。

■特定非営利活動法人THAP(タップ)について
敦賀のまちづくりを目指した市民ボランティア団体として結成。敦賀市公認キャラクター「ツヌガ君」の所有管理と運営をおこない、保育園の訪問や観光宣伝活動を実施しています。THAPの独自事業のほか、行政や公益団体等と連携した公的イベントの開催や、定期的に緑地や海岸の清掃活動にも取り組んでいます。
・団体名:特定非営利活動法人THAP(タップ)
・所轄庁:福井県
・結成:2000年(04年より特定非営利活動法人として認証)
・理事長:池田裕太郎
・URL:https://www.facebook.com/npothap

■株式会社丹青社について
「こころを動かす空間創造のプロフェッショナル」として、商業空間から文化空間、イベント空間など、人が行き交うさまざまな空間を、企画、デザイン・設計、制作・施工、運営まで、空間づくりの幅広いプロセスをトータルサポートしています。敦賀市では、「敦賀赤レンガ倉庫・ジオラマ館」の企画、デザイン・設計、制作・施工、平成27年からは指定管理者として施設の運営管理に携わっています。
・社名:株式会社丹青社
・所在地:東京都港区港南1-2-70品川シーズンテラス19F 〒108-8220(本社)
・設立:1959年12月25日
・資本金:40億2,675万657円(2018年1月31日現在)
・上場:東京証券取引所市場第一部 (証券コード:9743)
・URL:https://www.tanseisha.co.jp

■イグニション・ポイント株式会社について
デジタライゼーションや新規事業開発の支援をおこなうコンサルティング事業を中核に、トップレベルのデザイナー・クリエイター陣から構成されるクリエイティブ事業、先端的かつ成長性の高いベンチャービジネス開発を進めるイノベーション事業を相互に融合させることで、これまでに無い価値を市場や地域社会に生み出し続けています。
・社名:イグニション・ポイント株式会社
・所在地:東京都渋谷区東1-32-12 渋谷プロパティタワー1F “SPARK 2045”(本社)
・設立:2014年6月4日
・URL:http://www.ignitionpoint-inc.com
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. イグニション・ポイントグループ >
  3. 福井県・敦賀の歴史と文化交流を継承する イベントの開催に向けた クラウドファンディングを開始