バンドルカード運営のカンム、「クリスマスと年末年始のお金」に関するアンケート調査結果公開。50代の約8割が「クリスマスや年末年始にお金が足りなくなったことがある」と回答

〜 10代と20代は「クリスマスプレゼント」、30代以降は「年末年始の飲食」でお金が足りなくなった経験が多い 〜

最速1分で作れるVisaカード「バンドルカード」( https://vandle.jp/ )を運営する株式会社カンム(本社:東京都港区、代表取締役:八巻渉)は、本日「クリスマスと年末年始のお金」に関するアンケート調査結果を公開しました。
その結果、全体の約8割が「今まで、クリスマスや年末年始にお金が足りなくなったことがある」と回答し、世代別では、20代や30代だけでなく意外にも50代の76.9%が「足りなくなったことがある」と回答。内訳を見ると、10代と20代は「クリスマスプレゼント(パートナーやともだちへ)」、50代を含む30代以降は「年末年始の飲食」や「お年玉」でお金が足りなくなった経験が多いという結果となりました。
(調査概要)
調査対象期間:2018年12月3日〜2018年12月4日
調査方法:インターネット調査
調査対象:「バンドルカード」ユーザー(全国10〜69歳の男女、性別×年代の均等割付/合計637サンプル)


■90.3%が「クリスマスや年末年始は普段にくらべてお金が必要になる」と回答
 

「クリスマスや年末年始は普段にくらべてお金が必要になりますか?」の質問に「なる」と答えたのは、回答者のうち 実に90.3%にのぼりました。
世代別で見ると、40代が全年代で最も高く(93.3%)、次いで30代(92.0%)という結果となりました。
30代、40代と言えば、一般的に仕事もプライベートも大きな動きのある時期のため、他世代に比べて必要なお金が多くなるのかもしれません。



■「クリスマスや年末年始にお金が足りなくなったことはある」人は76.0%


また、「今まで、クリスマスや年末年始にお金が足りなくなったことはありますか?」の質問に「ある」と答えたのは回答者のうち 76.0%となりました。世代別では、30代の回答割合が最も高く(85.7%)、次いで50代(76.9%)という結果に。
50代は自分の子どもだけでなく、孫ができ始めるのも多い世代だと予想され、子どもや孫の帰省などで出費が多くなることが考えられます。
 

 



■足りない金額は「2万円くらい」が最も多く、50代では「5万円くらい」が最多!
 

「クリスマスや年末年始にお金が足りなくなったことはある」と回答した方に対して、具体的に足りない金額を質問したところ、最も多い回答が「2万円くらい」となりました。
世代別に見ると、10代と20代は「1万円くらい」、50代は「5万円くらい」が最も多いことがわかりました。金額的に切羽詰まっているのは、実は50代なのではということが垣間見えます。



■10代と20代は「クリスマスプレゼント」、30代以降は「忘年会や新年会」でお金が足りなくなった経験が多い

 


「クリスマスや年末年始にお金が足りなくなったことはある」と回答した方に対して、「クリスマスや年末年始に、何に使おうとして足りなくなりましたか?」と質問したところ、

10代と20代が「クリスマスプレゼント(パートナーや友達へ)」が一番多いのに対し、30代以降は「年末年始の飲食」が一番多いという結果に。
30代以降は、一般的に管理職やマネージャー職に就くことも多く、必然的に忘年会や新年会などの飲食が増えることが背景にあるのではと予想されます。
 

 



■「お年玉」でお金が足りなくなるケースも
〜年末年始にお金が足りなくなったエピソードご紹介〜

「クリスマスや年末年始にお金が足りなくなったことはある」と回答した方に対して、「何に使おうとして足りなくなったか」を質問したフリー回答をいくつかご紹介いたします。
「忘年会」などのほかに目立ったのが「お年玉」。新年には急遽家族や親戚で集まるケースも多くあることが想像され、突発的にまとまった金額の必要性が出てくる背景があるとも考えられます。
  • 「忘年会が予想より多く誘われて使い過ぎて帰省の交通費が足りなくなった」(40代男性・会社員)
  • 「忘年会の後二次会での出費が多い」(60代男性・会社員)
  • 「忘年会に参加予定だったが、出費がかさんでキャンセルした」(50代男性・会社員)
  • 「お年玉で10万は無くなる」(30代男性・会社員)
  • 「お年玉にお金がかかり、自分の好きなものが買えず食べ物も高価な物は食べれなかった」(50代男性・会社員)
  • 「急に知り合いが子供を連れて遊びに来てお年玉をあげなければいけなかった」(50代男性・契約社員)

また、下記のようなほっこりとする回答も。
  • 「急に彼氏が出来て慌てた」(30代女性・会社員)
  • 「嫁へのプレゼント。想像以上に高すぎた…」(20代男性・会社員)

年末年始はいろいろな出費が重なると実感する回答です。
  • 「結婚祝い、誕生日プレゼント、クリスマスプレゼント、お年玉、イベントのチケット、交通費宿泊費、帰省の交通費など、一気に12月に重なってしまって大変だった」(40代女性・会社員)


バンドルカード運営カンム 代表取締役 八巻 渉のコメント

昨今、SNSが普及したことで、人に物を贈る、一緒に体験をする、といったイベントが増えていると実感しています。同時に、インターネット決済の機会も増えており、突発的な資金需要への対応と、すぐにネット決済できるバンドルカードの「ポチっとチャージ」を通じて、幅広い年代のお金の問題を解決していきたいです。

(株式会社カンム 代表取締役 八巻 渉 プロフィール)
2009年に慶應義塾大学 理工学部 情報工学科を卒業後、人工知能や自然言語処理といった分野の研究開発を行う株式会社Studio Ousiaに入社。2011年に株式会社カンムを設立。自社サービスの運用、証券会社のWebサイト構築・アクセス解析、大手飲食チェーンのデータ解析等を行う。データ解析・拡張が得意。
2013年から大手クレジットカード会社と提携し、「Card Linked Offer(CLO)」を運営。CLOは、クレジットカードデータを使ったターゲティングと、導入設備が一切不要なことが特徴のカード決済インフラを活用した店舗への送客手法で、既に200社近くの加盟店利用実績がある。2016年に、アプリから誰でも1分で作れるVisaプリペイドカード「バンドルカード」をリリース。


■バンドルカードについて

バンドルカードは「アプリから誰でも1分で作れるVisaカード」というコンセプトのチャージ式Visaプリペイドカード。生年月日と電話番号だけでアプリからすぐにネット決済専用のバーチャルカードが発行され、希望者は実店舗で使えるリアルカードを持つこともできます。アプリのダウンロード数は70万を超え、カードは日本を含む全世界200以上の国と地域にあるVisa加盟店でご利用いただけます。
https://vandle.jp/


■「ポチっとチャージ」について

「バンドルカード」に2018年4月に加わった、すぐにチャージして買い物などに使え、後から支払いができるサービスです。アプリインストールからお金が手に入るまで“最速180秒”。アプリから最大2万円をすぐにチャージ、買い物などに即利用できます。すぐに使いたい、欲しいものがあるのにおかねがない、チャージが面倒というユーザーニーズにお応えしました。 チャージをした分を翌月末までにコンビニやペイジーでお支払いいただき、支払いが終われば、次の「ポチっと」が可能になるので、使い過ぎや、金額が積み重なっていくような心配がありません。
https://vandle.jp/pochitto/


■株式会社カンムについて

株式会社カンムは、2013年から大手クレジットカード会社と提携し、「Card Linked Offer(以下CLO)」を運営してまいりました。CLOは、クレジットカードデータを使ったターゲティングと、導入設備が一切不要なことが特徴のカード決済インフラを活用した店舗への送客手法です。2016年からは、最速1分で作れるVisaプリペイドカード「バンドルカード」を提供、自由なデザインで発行可能な企業や団体との提携カードの発行も開始しています。


■株式会社カンム 会社概要

代表者:代表取締役社長 八巻渉
資本金:約16億9038万円(資本準備金含む)
設立:2011年1月
本社所在地:〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1丁目20-18 三富ビル新館 10階
URL:https://kanmu.co.jp/
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社カンム >
  3. バンドルカード運営のカンム、「クリスマスと年末年始のお金」に関するアンケート調査結果公開。50代の約8割が「クリスマスや年末年始にお金が足りなくなったことがある」と回答