NFTマーケットプレイス『nanakusa』3月15日にβサービスリリース。同日より公認クリプトアーティストの募集も開始。また同サービスのインセンティブ構築に向けて業務提携及びアドバイザー就任を発表。

日本初のクリプトアーティスト登録制NFTマーケットプレイスの概要がいよいよ発表!

デジタルトークン(NFT)を活用したブロックチェーンプラットフォームサービス「GO BASE」を展開する株式会社スマートアプリ(本社:東京都港区、代表取締役:高長徳、以下スマートアプリ)は、国内初のクリプトアーティスト登録制NFTマーケットプレイス『nanakusa』(https://nanakusa.io)のβサービスリリース及び、公認クリプトアーティストの募集を3月15日に開始することを発表いたします。
また、同サービスにてインセンティブ報酬を構築すべく、MCH株式会社(東京都新宿区、代表取締役:若尾俊仁)とのパートナーシップ契約の締結及び、日本暗号資産市場株式会社 代表取締役 岡部典孝氏のアドバイザー就任を発表いたします。

クリプトアーティスト登録制NFTマーケットプレイス『nanakusa』(https://nanakusa.io)を3月15日(月)にベータ版リリースすることを発表いたします。
また同日より、公認クリプトアーティストの登録募集を開始いたします。

ベータリリース期間中は、一部ブロックチェーンゲーム及び、NFTコンテンツのみ売買が可能です。

 
  • NFTマーケットプレイスとしての機能とロイヤリティの仕組み
nanakusaは事業者やクリプトアーティストが制作したNFTの販売及び、利用者同士が保持しているNFTを売買できるNFT売買プラットフォームサービスです。

 

ブロックチェーン上で売買されるため、利用者同士の売買においても永続的に事業者・制作者にロイヤリティが還元される仕組みとなっております。
※ロイヤリティの還元率は現在、非公開となっております。
 

  • 公認クリプトアーティストについて

公認クリプトアーティストとは、nanakusaにてNFTの発行及び、一次販売を行うことができるパートナーです。
デザイナーやイラストレーター、作家、音楽アーティストなど幅広いジャンルでアーティストの募集を行います。
また、nanakusaでは公認クリプトアーティストになった方々へ、ブロックチェーンの仕組みやNFTについて説明会を随時行いますので、ブロックチェーンの知識が無くとも申請頂けます。

応募は、3月15日より開始する公認クリプトアーティスト募集申請フォームから申請していただきます。
※審査の際、過去作品の照会などを行う場合がございます。

 

  • イーサリアムネットワークにおけるネットワーク手数料高騰への対応
nanakusaでは、高騰するトランザクション手数料(GAS代)の解決策として、Matic Network社が提供するL2ソリューション、Polygon(Matic)に対応します。
 


Polygonは、イーサリアムによって保護された安全でスケーラブルな即時トランザクションを実行することができ、ブロックチェーンサービス開発者のためのレイヤー2ソリューションとして急速に普及、現在70以上のDAppsが構築されています。
 

 

Polygon上でNFTの発行及び、決済を行うことが可能なため二次流通取引の活性化に期待しております。
 
  • 本リリースに向けたロードマップ
nanakusaでは本リリースに向けて以下のロードマップを予定しております。

3月15日
・nanakusaβサービス リリース
・公認クリプトアーティストの募集開始

3月28日
・公認クリプトアーティストの募集締め切り

3月29〜31日
・公認クリプトアーティスト審査及び結果通知

4月1日〜4月15日
・公認アーティスト向け説明会の実施(オンライン開催、複数回実施予定)

4月16日
・クリプトアーティストによる作品の出品受付開始

4月21日
・nanakusaにて、アーティスト作品の販売開始 (本リリース)

nanakusaの最新情報はTwitterからもご確認頂けます。
https://twitter.com/nanakusa_io
 
  • インセンティブ構築に向けた業務提携及びアドバイザー就任について
世界のブロックチェーンサービスは日に日に活性化し、特にDeFi(Decentralized Finance)やNFT(Non-fungible token)の分野においては、トークンを活用したインセンティブ報酬の設計が最重要となっております。

そのような中でスマートアプリでは、本日発表したクリプトアーティスト登録制NFTマーケットプレイス『nanakusa』において、クリプトアーティストとクリプトアートコレクターが活動した際のインセンティブ報酬についても検討して参ります。

 

そこで、『My Crypto Heroes』にて活用されているERC20規格のガバナンストークンである『MCH Coin(MCHC)』や、日本暗号資産市場が発行している前払式支払手段を用いたERC20トークン『JPYC』など、すでに実績のある両社と連携し、実現に向けて積極的に協議して参ります。
 
  • 日本暗号資産市場株式会社 代表取締役 岡部典孝氏について 
 


岡部典孝氏は、日本暗号資産市場株式会社を2019年11月に創業、「全ての鶏・卵問題を解決する」をミッションに掲げ、事業をスタート。
同社では2020年2月に古物商許可、同年3月に古物市場主許可を取得し、 8月に日本初のERC20前払式支払手段としてICBを発行。2021年1月にはJPYCを発行、日本国内でのブロックチェーンを活用した決済手段と物の取引の更なる活性化を図ります。

日本暗号資産市場株式会社 概要
代表取締役:岡部 典孝
所在地:東京都港区芝公園4-8-12 猫来坊2階
WEB : https://jpyc.jp/
 
  • MCH株式会社について
 


国内のブロックチェーンゲームデベロッパーとして、取引高・取引量・DAUで世界1位を記録したMyCryptoHeroes(MCH)及び、MCH Coinの運営を行う。2021年2月よりdouble jump.tokyo株式会社から事業を承継する形で設立。。今後はMCHでのファンジブルトークン(FT)開発/発行/運用実績を元にFT事業を拡大していく。

代表取締役:若尾 俊仁
所在地:東京都新宿区西新宿四丁目34番7号
MCH株式会社について
https://medium.com/mycryptoheroes/new-company-mch-ja-86d51de55b6
 
  • スマートアプリについて

スマートアプリ社は、暗号通貨ウォレットアプリ「GO! WALLET(ゴーウォレット )」と、IP・コンテンツ事業者向けプラットフォームサービス「GO BASE」を運営。

GO! WALLETは、代表的な暗号通貨であるEthereumの資産及び、 Ethereum規格に準拠したNFT(ERC721トークン)の管理、またNFTを使ったブロックチェーンゲーム・DAppsアプリケーションの利用ができるDAppsブラウジング機能付きウォレットアプリです。

 


今後スマートアプリでは、 ブロックチェーン上で提供されている様々なアプリ・ゲーム・コンテンツ事業者と連携したブロックチェーンプラットフォームを構築します。 さらにはリアルとバーチャルをブロックチェーンで繋いだ新たなサービスを構築していくことで、 ブロックチェーンサービスの経済圏を拡大していくことを目指します。
今春には、国内外の様々なアーティスト/クリエイターが参加できるNFTマーケットプレイスをリリースします。

株式会社スマートアプリ 概要
所在地 : 東京都文京区本郷3–38–1 本郷信徳ビル7階 HashHub内
代表取締役 : 高 長徳
一般社団法人日本ブロックチェーン協会 正会員
ブロックチェーンゲームコンテンツ協会 理事
WEB : https://www.smartapp.co.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社スマートアプリ >
  3. NFTマーケットプレイス『nanakusa』3月15日にβサービスリリース。同日より公認クリプトアーティストの募集も開始。また同サービスのインセンティブ構築に向けて業務提携及びアドバイザー就任を発表。