言語と文化のグローバルQ&Aサービス「HiNative」が、サービス内のQ&Aデータを生かした日英翻訳LINE botをリリース

株式会社Lang-8(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:喜 洋洋)は、当社が運営する言語と文化のグローバルQ&Aサービス「HiNative」のデータを生かして、LINEで気軽に日英間の翻訳や意味を調べることのできるLINE botをリリースしたことをお知らせいたします。
「HiNative(ハイネイティブ)」は、ネイティブスピーカーがお互いに言語や文化を教え合うグローバルQ&Aサービスです。このたび、「LINE公式アカウント」にてHiNative内の質問・回答データを活用したLINE bot「HiNative英語翻訳・英語辞書」をリリースいたしました。
また、リリース後すぐ自然流入の友だち追加数が5,000人を突破いたしました。

【友だち追加はこちらから】
「HiNative英語翻訳・英語辞書」は以下のURLまたはQRコードから友だち追加することができます。
https://line.me/R/ti/p/@hinative


【使い方】

▼英語の意味を知りたい場合
英語を送信すると、1件目には英→日の自動翻訳が、2~4件目にはその意味や説明が返ってきます。
HiNative内の英語ネイティブスピーカーの回答をもとにしているため、その言葉を説明した文章が英語で返ってきます。
「もっと見る」をタップすると、「HiNative」Web版の検索ページを見ることができます。
 

 

 



▼日本語を英語でなんと言うか知りたい場合
日本語を送信すると、1件目には日→英の自動翻訳が、2~4件目にはHiNative内の英語ネイティブスピーカーからの回答が返ってきます。自動翻訳では訳しきれない細かなニュアンスの説明が返ってくることも多いです。
 

 


▼2つの英語の違いを知りたい場合
「◯◯ ×× 違い」と送信すると、その2つの違いが説明されます。
これらも英語ネイティブスピーカーからの回答をもとにしているため、英語ネイティブスピーカーにしかわからない微妙な違いを知ることができます。

 

 


【友だち追加はこちらから】
「HiNative英語翻訳・英語辞書」は以下のURLまたはQRコードから友だち追加することができます。
https://line.me/R/ti/p/@hinative


HiNative英語翻訳・英語辞書は、今後さらに検索の精度などの改善を進めてまいります。
また、日英以外のbotや、他のプラットフォームでのbotの開設も構想しており、HiNativeのQ&Aデータをさらに便利な形で提供できるよう努めてまいります。


【HiNativeについて】

HiNative(ハイネイティブ)は、ネイティブスピーカーがお互いの母語や文化を教え合うQ&Aサービスです。例えば、英語に関する質問を投稿すると英語ネイティブのユーザーが回答してくれて、お返しにこちらは日本語を教えてあげることが出来ます。日英に限らず、例えばスペイン語と韓国語など113の言語で活発にやりとりされております。

[Web]
https://hinative.com/ja

[iOS]
https://itunes.apple.com/app/apple-store/id923920480?pt=1191579&ct=pt12&mt=8

[Android]
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.lang8.hinative&referrer=utm_source%3Dpt12



【会社概要】

会社名 : 株式会社Lang-8
URL : http://lang-8.jp
事業内容 : 語学学習サービス Lang-8とHiNative、HiNative Trekの企画・開発・運営
所在地 : 〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿一丁目21番8号
設立:2007年6月29日
代表取締役:喜 洋洋
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Lang-8 >
  3. 言語と文化のグローバルQ&Aサービス「HiNative」が、サービス内のQ&Aデータを生かした日英翻訳LINE botをリリース