SalivaChecker®(サリバチェッカー®)の受託開始

~唾液によるがんリスク検査~

カイゲンファーマ株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:中桐 信夫、以下カイゲンファーマ)は、慶応義塾大学先端生命科学研究所発のベンチャー企業である株式会社サリバテック(本社:山形県鶴岡市、代表取締役CEO:砂村 眞琴)が開発した、唾液によるがんリスク検査「SalivaChecker®(サリバチェッカー®)」の受託を2019年12月2日より開始いたします。
唾液は「身体の鏡」といわれ、血液や尿と同じように健康状態の指標となる多くの情報を含みます。唾液中の成分の大部分は血液由来のため、がん細胞から染み出した代謝物質は血管を通り、唾液中に移行します。本検査は唾液中のがんに特有の代謝物の濃度を解析することにより、5種類のがん(肺がん、膵がん、大腸がん、乳がん、口腔がん)に現在罹患している可能性があるかどうかを調べる、スクリーニングを目的とした検査です。
カイゲンファーマは、検診領域に強みを持つ自社の販売網を活かし、本検査の普及を通して、がんの早期発見、早期治療に貢献して参ります。

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. カイゲンファーマ株式会社 >
  3. SalivaChecker®(サリバチェッカー®)の受託開始