ギャンブルが原因の自己破産手続き、9割以上が「してよかった」と回答。ギャンブルによる自己破産手続きの実態を調査。

ギャンブルで自己破産した方49名を対象に、自己破産手続きに関するアンケート調査を実施。手続きにかかった費用や期間から、実際に手続きをしてみてどうだったかまで伺いました。

自己破産はギャンブルが原因でもすることができるのでしょうか?本記事では、どのような場合にギャンブルが原因でも自己破産できるのかや、ギャンブルにかかる費用と期間、自己破産経験者は自己破産してよかったかなどについて、実際の声も交えてご紹介します。

ギャンブルによる借金にお悩みの方や債務整理を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。
ギャンブルが原因でも自己破産はできるの?
ギャンブルは、自己破産手続きで債務の免責が認められない要因である「免責不許可事由」にあたります(破産法252条1項)。

しかし、ギャンブルによって借金してしまったからといって、必ずしも免責が認められないわけではありません。裁判官の判断によって、免責が妥当だと判断すれば破産者の免責が許可される「裁量免責」と呼ばれる制度があるためです(破産法252条2項)。

実際には、ギャンブルによる浪費がよほどひどかったり、本人に反省の色が見えないなどの悪質なケース以外は、裁量免責が認められることが多いです。

ギャンブルで自己破産した方を対象にアンケートを実施
今回カケコムでは、実際にギャンブルが原因で自己破産した方を対象に、自己破産手続きに関するアンケートを実施しました。
以下は、その調査概要です。

 

 

 

 

 

自己破産手続きにかかる期間について
自己破産手続きをする方は、今回が初めてという方がほとんどかと思います。
ですから、自己破産手続きがどのようなもので、手続きにかかる期間や費用がどれくらいなのかもわからない方も多いかと思います。

そこでまず、実際に自己破産手続きを行った方に、手続きにかかった期間について伺いました。
その結果がこちらです。

 

 

​「3ヶ月未満」と回答した方は17名、「3ヶ月以上6ヶ月未満」は20名、「6ヶ月以上9ヶ月未満」は5名、「9ヶ月以上12ヶ月未満」は4名、「12ヶ月以上」は3名でした。

 


結果として、7割以上の方は「3ヶ月未満」または「3ヶ月以上6ヶ月未満」と回答しており、半年以内に自己破産手続きを完了させている方が多いようです。

自己破産手続きにかかる費用について
次に、自己破産手続きにはどれくらいの費用がかかるものなのか、みていきましょう。

自己破産手続きにかかった費用について伺った結果がこちらです。

 

「20万未満」と回答した方は12名、「20万以上40万未満」は27名、「40万以上60万未満」は6名、「60万以上80万未満」は0名、「80万以上」は4名でした。

この結果からは、半数以上の方が自己破産手続きに20~40万円かかっていることがわかりました。

また、かかった費用が「20万円未満」または「20万以上40万未満」と回答した方を合わせると、8割近くの方が40万円未満で自己破産手続きを行うことができている結果となりました。

自己破産手続きをしてよかったか
次に、自己破産手続きを行った結果よかったと思うかどうか、アンケートにて伺ってみました。
その結果がこちらです。

 


「よかった」と回答した方は全体の95.9%、「どちらともいえない」は2%、「よくなかった」は2%でした。

このことから、ギャンブルが原因で自己破産手続きを行った方の大多数が、自己破産してよかったと感じていることがわかります。

自己破産手続きをしてよかったと感じた理由としては、下記のような声がありました。

○借金がなくなってよかった
40代 男性

  • 裁判所の免責許可決定によって、借金などの債務を免責してもらえたことが良かったです。
30代 男性
  • ギャンブルで作った苦しい借金の返済がなくなり良かったです。……

○借金の取り立てや督促がやんだ
30代 男性
  • 毎日返済の電話があったのですが、なくなったのは良かったです。また一から頑張ろうという気持ちにはなりました。
50代 女性
  • ​申し立てを行った日から嘘のように督促電話が止まり気持ちが楽になりました。手続きには正直かなりの葛藤がありましたが、結果的にはやって良かったです。

○自己破産手続き後の収入を自由に使えるようになった
40代 男性
  • 手元に残せる自由財産を除いて財産を失いましたが、すべての債務が免除され、その後の収入などは返済の必要がなく自由に使えるようになった。
30代 女性
  • ​まず第一に、心の切迫感からの解放、これから稼ぐお金が全部返済に回さなくて良くなったという希望が持てました。

○失敗を清算し、人生をやり直せた
20代 女性
  • 自分の失敗を精算するという意味で、して良かった。
​40代 男性
  • やり直す事が出来ました。いつも借金返済の事ばかり考えていた生活から開放されて清々しい気持ちです。

    ローンはしばらく組めませんが普通に生活する分には支障がないので、今はとても前向きに生きています。

○周りに知られることなく手続きできた
30代 男性
  • よかった。周りに知られることなく安心して手続きできたから。

ギャンブルによる借金は自己破産の免責不許可事由にあたりますが、実際にギャンブルで借金した方の中でも自己破産手続きを行い、借金を帳消しにできた方はたくさんいらっしゃることがわかります。

また、自己破産手続きを行った方のほとんどが「自己破産手続きをしてよかった」と感じていることもわかりました。

自己破産手続きを行うデメリット
自己破産をしてよかったと感じたこと、つまり自己破産を行うメリットについてはご理解いただけたかと思います。

そこで次に、自己破産手続きを行うデメリットについても、実際に自己破産をした方の声をもとにご紹介していきたいと思います。

○家や車などを含め、財産を手放さなければならなくなった
40代 男性
  • ……車などは持てなくなりました。
20代 男性
  • (自己破産手続きをしたことは)正直悪いです。たくさんの物・者を失いました。

○ローンなどが組めなくなった
40代 男性
  • ……結婚後のマイホームの購入に影響が出た事。結婚前に自己破産の事は連れ合いに話していましたが、20年経って銀行での借り入れ審査時に、審査落ちしました。担当さんと相談の結果、融資額を縮小して何とか通りましたが冷や汗物でした。
40代 男性
  • 自己破産後にローンが組めないなどの不利益がありますが、どうにもならない借金で苦しむことがなくなって良かったです。

○クレジットカードが使えなくなった
40代男性
  • ……悪かったことはクレジットカードを使えなくなったこと。すべて現金決済をしなければ買い物ができなくなった。だからネットショッピングサイトでは買い物ができなくなった。
50代 女性
  • 支払いがなくなり楽になったが、クレジットカードが作れなかったりするのがつらい。

自己破産手続きの際、弁護士に相談したか
多くの方が「してよかった」と回答した自己破産手続きですが、その手続きは煩雑で、法的な知識も必要になります。
そのため、自己破産するのが初めてである一般の方が手続きを進めるのは難しいこともありますし、手間もかかります。

そんなときの選択肢の一つとして、弁護士相談があげられます。

そこで次に、自己破産手続きの際、弁護士に相談したかどうか、アンケートにて伺いました。
その結果がこちらです。

「弁護士に相談した」と回答した方は全体の85.7%、「弁護士に相談しなかった」は14.3%でした。

また、上記にて「弁護士に相談した」と回答した方に対して、弁護士に相談してよかったか伺ったところ、結果はこちらのようになりました。

「弁護士に相談してよかった」と回答した方は全体の97.6%、「弁護士に相談しなくてもよかった」は2.4%となりました。

このことから自己破産手続きについて弁護士相談した方のほとんどは、弁護士に相談してよかったと感じていることがわかります。

弁護士に相談してよかった理由としては、下記にてご紹介する内容があげられました。

○自己破産手続きに関することを詳しく教えてくれた
20代 男性
  • 良かったです。手続きも含めた復権の方法まで知ることができました。
30代 男性
  • 損にならない方法をプロ目線でアドバイスもらえました。

○書類作成や裁判所とのやりとりなどをしてくれた
40代 男性
  • 自己破産申請に関わる、煩雑な作業の大部分を代行してもらったので助かりました。
    弁護士さんが債権者の窓口になってくれたので、督促などのプレッシャーから解放されて、気持ちに余裕が出来ました。色々とアドバイスを貰い、再起への不安が解消されたのは本当に良かったです。
20代 女性
  • 手続きは面倒でしたが、10〜15万程度で手続きして頂きました。自分ではよくわからないので話し合いの末に全てお任せしました。
    当初は債務整理の予定でしたが、妊娠してしまった為、自己破産に切り替えました。
    たくさんの資料を記入しなければなりませんでしたが、その他は全てお任せしたら、やる事はありませんでした。

○手続きをスムーズに進めることができた
30代 男性
  • もちろん整理がはやいので助かりました。
40代 男性
  • 裁判所への自己破産申し立てから、裁判所によって認められるまでのプロセスがスムーズに進んだことが良かった。そのため心理的負担を抱え込まずに済んだ。

○相談後、借金の取り立てや督促が止まった
60代以上 男性
  • 請求止め、提出資料の準備、記入、提出等全て行ってくれ、裁判を待つだけだった。請求を止めてくれた為、しつこい取り立ても免れた。
50代 男性
  • 良かったです。手続きをする前は自宅に自動車ローンなどの催促が届き、電話が鳴り、果ては訪問もされましたが、手続き後はそういったものが一切なくなりました。

○精神的なサポートもしてくれる
30代 男性
  • 借金が400万円を超えており、当時は自殺なども考えており、混乱状態であり、親戚に相談などをおこなって弁護士を紹介していただき、自分の現状などをしっかりと把握するための手助けをおこなっていただきました。それで自分は冷静に今後のことを考えることができるようになりました。
20代 男性
  • 自分一人ではそのまま自己破産や債務整理など悩んでしまうが、そこらへんに詳しい弁護士がいる事でアドバイスなどをもらって、勇気をもらって次に進めた。

ギャンブルが原因の自己破産手続きについて、いかがでしたか?

ギャンブルは免責不許可事由にあたるため、借金の免責が認められない可能性があることは、冒頭で述べた通りです。
しかし、本アンケート調査でも、多くの方に免責が認められていることからわかるように、裁量免責という制度によって免責が認められる可能性も十分あります。

借金が膨らみ、ご自身の返済能力を超えてしまうと、生活はどんどん苦しくなっていく一方です。
そのような方は、自己破産手続きを含め、債務整理することを検討してみることをおすすめします。

また、債務整理を検討する際には、ぜひ一度借金問題に強い弁護士に相談することをおすすめします。

弁護士に相談することで、
・あなたの状況に適した借金の返済方法、債務整理の方法を提案してもらえる
・複雑な手続きをすべて一任できる
・弁護士に依頼した時点で借金の取立てがストップする
・家族や勤務先に知られずに解決できる場合がある
といったメリットがあります。

初回相談無料の弁護士事務所も多くありますので、まずはお気軽に相談してみてください。

また、弁護士相談をご検討の際には、ぜひカケコム在籍弁護士をお頼りください。
https://www.kakekomu.com/search?cat=2

この調査については、カケコムの記事(https://www.kakekomu.com/media/53966/)からご確認いただけます。
データを引用される際は、出典元として必ずこちらのURL(https://www.kakekomu.com/media/53966/)をご記載いただきますよう、お願いいたします。

◆株式会社カケコム概要
  • 会社名:株式会社カケコム
    所在地:141-0031 東京都品川区西五反田1-4-8
    代表者:代表取締役CEO 森川 照太
    設立:2016年5月2日
    会社URL:http://company.kakekomu.com/
    事業内容:トラブル解決のプラットフォーム「カケコム」の運営・開発
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社カケコム >
  3. ギャンブルが原因の自己破産手続き、9割以上が「してよかった」と回答。ギャンブルによる自己破産手続きの実態を調査。