QSアジア大学ランキング発表、東京大学は11位へ上昇

QS World University Ranking Asia 2019

2019年版QSアジア大学ランキング

世界で最も参考にされている大学ランキングの編集者であるQS Quacquarelli Symondsは、最新のアジア大学ランキング上位500校を発表しました。10回目となる今回のランキングでは、シンガポール国立大学が1位の座を取り戻し、東京大学は2ランク上昇し、2015年以降最高位となる11位にランクインしました。中国本土の大学がランクを上げている点も注目に値します。日本の大学はアジアの他の大学同様、研究生産性の改善に苦戦していることが伺えます。

 

 


注目事項
  • 日本の大学は89校がランクインし、その内4校が上位20位以内にランクインしました。11位の東京大学に続いたのは、京都大学(14位、昨年比3ランク上昇)、大阪大学(16位、昨年比1ランク上昇)、東京工業大学(18位、昨年比4ランク低下)でした。
  • 東京大学は、アジア全土で最も権威ある大学であり、QS’s Academic Reputation(学術的な評判)指標において当地域における最高得点を達成しました。
  • 企業等をはじめとする雇用者も、東京大学の卒業生を高く評価しており、QS’s Employer Reputation(雇用者からの評判)指標では満点(100/100)を獲得しました。
  • 国際的研究ネットワークを各大学がどの程度構築しているかを測定するInternational Research Network(国際的な研究ネットワーク)指標を今年から新たにランキングに導入。この指標において日本からは6校が上位20位以内にランクインしました。これはアジアのどの国よりも多く、日本の大学が国際的な共同研究に対し積極的な姿勢を有していることを示しております。
  • 一方、日本の大学が教員の増員に苦戦していることを示しおり、評価はアジアの他の国と同等でした。学生に対する教員の比率を表すFaculty/Student Ratio(学生に対する教員の比率)の指標では、今回ランクインした国内大学89校のうち70校の評価が低い結果となりました。
  • 日本の大学の研究能力がアジアの競合大学と比較して落ちているというデータもあります。 教員一人当たりの論文発行数を示すPapers per Faculty(教員当たり論文発行数)では、日本の89校のうち77校で、今年度は(昨年より)低いランクとなっております。

QS社のリサーチ責任者であるベン・ソーター(Ben Sowter)は本ランキング結果に関して「アジアは恐らく世界で最も高等教育機関の競争が激しい地域であり、政府や民間企業等からの投資規模はこの地域の意欲の高さを現している。日本の上位大学は今年度も広い分野において競争力を維持していますが、今回の結果を総合的に勘案すると、今後も競争力を維持するためには研究開発と教育提供にさらなる投資が必要であると考えられます。」と述べております。

2019年版QS日本大学ランキング

経済協力開発機構(OECD)の集計によると、留学生の人口は今日では約500万人に上っています。これは大きな人数ですが、世界中の大学入学者総数が約2億人を超えていることを考えると未だ大多数ではないと考えられます。

これまで全てのQS大学ランキングは、留学を希望する学生に対して、留学先選択の意思決定に役立つ情報を提供することを目的としていました。然しながら、大多数の学生が自国の大学に進学するという現状を踏まえると、私達の持つ豊富な情報を国内進学希望の学生にも利用できるようにすることも、必要なことであると考えます。
今回が初発行となるQS日本大学ランキングは自国内での大学の強みについて知りたいと思う全ての人に向けて当社が新たに策定した5ヶ国での国別ランキングの一つとなります。

2019 年の結果 (上位20位)

 

完全なランキングを見るには
https://www.topuniversities.com/university-rankings/rankings-by-location/japan/2019

評価方法 QS Japan University Rankings(QS日本の大学ランキング)は、その親ランキングであるQS World University Ranking Asia(QS世界大学ランキング アジア版)と同じ評価方法に基づき作成されています。

 

指標 タイプ ウェイト
Academic Reputation(学術的な評判)
QSの実質する年次調査からの結果を使用しています。この調査は世界各地の学術関係者を対象に、研究面で最も優れていると認識されている教育機関を評価できるように設計されており、今年は、世界中から83,000以上の回答を回収しました。
アンケート調査 30%
Employer Reputation (雇用者からの評判)
QSの実施する年次調査からの結果を使用しています。この調査では世界各地の雇用者の、最も優れた専門家を輩出している教育機関についての意見を収集しています。今年は43,000以上の回答を分析しました。
アンケート調査 20%
Faculty Student Ratio(学生一人当たりの教員比率)
教員数と学生数の比率です。学生一人に対する教員数が多いことは、教育機関の教え方の質に対するコミットメントが高いことを間接的に示しています。
比率 10%
International Faculty(外国人教員比率)
外国人教員指数は全教員に対する外国人教員の単純な比率です。これは海外の教員から見た大学の国際的な魅力度を間接的に測定するものです。
比率 2.5%
International Students(留学生比率)
留学生指数は全学生に対する海外からの留学生の割合です。これは海外の学生から見た大学の国際的な魅力度を間接的に測定するものです。
比率 2.5%
Inbound Exchange Students(海外からの交換留学生比率)
直近の報告期間中、少なくとも前期・後期のどちらかの期間に、国際交換留学プログラムを用いて大学に通っていた外国人留学生の総数です。
比率 2.5%
Outbound Exchange Students(海外へ留学する交換留学生比率)
直近の報告期間中、少なくとも前期・後期のどちらかの期間に、交換留学プログラムを用いて別の大学に通っていた学生の総数です。
比率 2.5%
Staff with PhD(博士号を持つ教員比率)
この指標は教員の研修の質を評価する目的があり、各々の専門分野で最高の教育レベルに達した教員の割合を算出します。これは大学が質の高い教え方や研究にどれほど注力しているかを間接的に測定するものです。
比率 5%
Papers per Faculty(教員当たりの論文発行比率)
この指標は教員の科学的文献(論文)発行数の平均から研究機関の生産性を評価するものです。データは抄録・引用文献データベースであるScopus (www.scopus.com) から抽出しています。過去5年間に索引付けされた論文が対象です。(2019年版の対象期間は2012年から2016年です。)教員に関する幅広い5領域のそれぞれで被引用数が均等の重みを持つよう論文の件数は正規化されています。
比率 5%
Citations per Paper(論文あたりの被引用比率)
この比率は文献あたりの平均引用数を測定し、大学の科学的研究における影響力と品質を推定するものです。Scopusの索引情報も使用します。異常値を排除するために、過去5年間に150件以上の論文を発行している教育機関のみを対象にしています。教員に関する幅広い5領域のそれぞれで被引用数が均等の重みを持つよう論文および被引用件数は正規化されています。
比率 10%
International Research Network(国際的な研究ネットワーク指数)
この指標はScopusが提供する情報を利用して各大学の国際的な共同研究に対するオープンな姿勢を評価するものです。特定の教育機関において選ばれた国際研究パートナーの豊かさを推定するのに、環境科学の分野で広く使われているマーガレフ指数を適合しています。
指数 10%

詳細については、simona@zs.com、+44 7880620856、コミュニケーションディレクターのSimona Bizzozero氏にお問い合わせください。
 

「QS世界大学ランキング」

QSは2004年から毎年、世界大学ランキング(QS World University Rankings)を発表しており、大学評価に最も広く活用されています。2016年度は、専攻分野別世界大学ランキングで3,000万件以上、世界大学ランキングでは5,400万件以上のアクセスがありました。

他にも、地域別大学ランキング、留学先都市ランキング、学部別ランキング、高等教育システムランキング、卒業生の就職力ランキングも発表しています。世界中のメディアに引用され、2017年は4万6000回以上、世界中のメディアで紹介されました。

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. QS Quacquarelli Symonds >
  3. QSアジア大学ランキング発表、東京大学は11位へ上昇