Planetway、執行役員CIOに大塚雅和が就任

Planetway Corporation(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、代表:平尾憲映、以下、Planetway)は2018年8月1日付で、大塚雅和がPlanetway、Planetway Japan(以下、日本支社)、Planetway Estonia(以下、エストニア支社)の執行役員CIO(Chief Information Officer、最高情報責任者)に就任したことをお知らせします。
大塚は、システム開発・事業開発において15年以上に及ぶ豊富な経験を持ちます。
2017年にPlanetwayに参画以来、日本支社とPlanetwayの開発拠点であるエストニア支社のエンジニアを統括し、お客様によるPlanetway製品の導入を主導してきました。
このたびの人事により、事業拡大に伴い増加するプロジェクト全体の統括に注力することで、引き続き、お客様に質の高い製品・サービスを提供していくことを目指します。


大塚雅和(オオツカマサカズ)
2015年、現在も技術顧問を務める米Nature, Inc.に創業メンバーとして参画し、同社CTOとして、主力製品であるIoTハードウェアの開発を指揮。それ以前は、株式会社カヤックでソーシャルネットワークサービスの企画・開発、パナソニック株式会社でカーナビゲーションの位置情報算出システムの開発を担うなど、ITサービスの企画から開発に至るまで様々な経験を有する。さらに、2013年に自身が開発したオープンソースのWiFi通信機能付き赤外線リモコン「IRKit」は、2017年までに1万台を売り上げる実績を上げる。

Planetwayの代表取締役&ファウンダーの平尾憲映は次のように述べています。
「大塚は、Planetwayに参画以来、日本支社のプロジェクトマネージャーとエストニア支社のエンジニアの架け橋となり、お客様のニーズを的確に汲み上げ、当社製品の導入において高いリーダーシップを発揮してきました。今回、執行役員CIOに就任することで、増加するお客様のニーズに引き続き、的確に応えていくことを期待しています。」

■Planetwayについて
Planetwayは、電子行政先進国とされるエストニア共和国の国民番号制度を支えるデータ連携技術に、独自開発を加えたプラットフォームのコア技術「PlanetCross」を展開するスタートアップ企業です。Planetwayは、個人およびプライバシーに関する情報の権利は、本来企業や団体ではなく個人に帰属するものと捉えており、「For the Human-centric and Secure Planet」というミッションを掲げ、『本人自身の判断で、許諾、否認』を前提とした個人情報の公開/活用の促進を目指しています。

■本件に関するお問い合わせ
Planetway Corporation 広報担当
TEL: 03-5534-8608
MAIL: pr@planetway.com / info@pwlvc-pr.com
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Planetway Japan株式会社 >
  3. Planetway、執行役員CIOに大塚雅和が就任