ホロラボはDOCOMO Open House 2020における「遠隔コミュニケーション」をテーマにした出展に協力

5Gの特徴である「高速大容量」「低遅延」を活かし、2,500Km離れたグアムと、ライブストリーミングで接続。3D立体映像で投影された人とコミュニケーションができます!

株式会社ホロラボ(本社:東京都品川区、代表取締役CEO:中村薫)は、株式会社イトーキ(本社:大阪市城東区 社長:平井嘉朗、以下イトーキ)と協力し、NTTドコモがこの1月に開催する「DOCOMO Open House 2020」における遠隔コミュニケーションをテーマとした技術展示に出展協力しました。
2018年に発表したイトーキと共同研究開発をしているHolo-Communication(仮) を、話題のXRデバイスと Azure Kinect DK に対応した最新バージョンを DOCOMO Open House 2020(グローバル カテゴリ F-22)で展示しています。

Holo-Communication(仮) の研究開発は、オフィスにおける「会議」や「遠隔コミュニケーション」にXR技術やセンサー技術を適用することで、空間を超えた新しいコミュニケーションを実現しようとするものです。

■実際の5Gを経由
グアムに設置された3Dセンサーで取得された立体映像と音声はインターネットを介してドコモ5Gオープンラボ®GUAMで実際に稼働している5Gを経由し、東京会場に設置したWi-Fiアクセスポイントを介してXRデバイスへと配信されました。また、XRデバイスで取得された音声も5Gを経由してインターネットに接続し、グアム側のPCに届き、双方向のコミュニケーションが成立しました。

■展示イメージ
同展示において、体験者は XRデバイスを装着して 2,500Km以上離れたグアムの3Dセンサー (Azure Kinect DK) の前にいる人が、あたかも目の前にいるかのように3D立体映像で自然な対話が実現出来ます。
 



■関連記事
ホロラボ、NTTドコモ5Gオープンパートナープログラムの海外実証実験に参加
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000017.000023638.html
ホロラボ、イトーキと共同でHoloLensを活用した次世代遠隔コミュニケーションシステムを共同研究開発 (2018/5/24)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000010.000023638.html

■開催概要
名称:「DOCOMO Open House 2020」
会期:2020年1月23日(木曜)~2020年1月24日(金曜)
開催時間:午前9時30分~午後6時
会場:東京ビッグサイト 青海展示棟 A・Bホール(23,200m2)
入場料:無料(要事前登録)
主催:ドコモ
イベントサイト: http://docomo-openhouse.jp/2020/
 
■ホロラボについて
ホロラボは2017年1月18日、Microsoft HoloLens の日本上陸のその日に設立された研究開発型の企業です。Windows Mixed Realityに代表される最新技術をいち早く使いこなし、より多くの人たちが体験出来るよう、調査研究、システム・アプリケーション開発、啓蒙活動を行っています。

正式名:株式会社ホロラボ
英語名:HoloLab Inc.
所在地:〒141-0031 東京都品川区西五反田2-25-1
資本金: 93,940,000円
代表者:中村薫 (代表取締役CEO)
設立日:2017年1月18日
ウェブ:http://hololab.co.jp/

*本資料に掲載している会社名、各製品名は、一般に各社の商標または登録商標です。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ホロラボ >
  3. ホロラボはDOCOMO Open House 2020における「遠隔コミュニケーション」をテーマにした出展に協力