​『ソード・オブ・ガルガンチュア』、2020年秋までの開発ロードマップ & 大型アップデート「オーパーツ・ラビリンス」の情報を公開

VRゲームの企画・開発をしている株式会社よむネコは、『ソード・オブ・ガルガンチュア』において2020年の開発ロードマップを発表したことをお知らせします。これにはアドベンチャーモードの大型アップデート「オーパーツ・ラビリンス」、プレイヤーがゲーム内コンテンツを作成できる「Modモード」、最大10人のプレイヤーが交流できる「オンラインラウンジ」、プレイヤー同士が一対一で対戦ができるPvPモード「デュエル・オブ・ガルガンチュア」(仮称)などが含まれます。

 


2020年 秋までのロードマップ詳細
*下記のスケジュールは変更になる場合があります。

2020年 春
Modモード(β版)

プレイヤーの移動速度や攻撃力などのゲーム内パラメータを変更したり、自分だけのステージを作ることができるモードです。作成したデータは他のユーザーとも共有できます。先駆けてPC VR版※のみにリリースしていたα版のModモードが、Oculus Questにも対応したβ版となります。

※PlayStation(R)VR版のMod対応はございません。
※PC VR版:Steam VR、Oculus Riftストア、VIVEPORTの各対応ハード

オンラインラウンジ

最大10人のプレイヤーが交流するための新エリアです。ボイスチャットや、新機能「エモーション」(表情や定型文)を使ってコミュニケーションを取ることができます。また、その場にいるプレイヤー同士でパーティーを組んで、各ステージに挑戦することも可能です。

2020年 夏
PvPモード「デュエル・オブ・ガルガンチュア」(仮称)

物理シミュレーションを活用したVR対戦格闘「デュエル・オブ・ガルガンチュア」(仮称)のβ版を公開します。本コンテンツは目の前の存在が“本物の人間”だからこそ感じられる緊張と駆け引きを実現した本格的な対戦格闘ゲームとなります。本コンテンツは 『ソード・オブ・ガルガンチュア』内のコンテンツとして統合され、ロビーやオンラインラウンジから対戦相手を見つけて対戦することができるようになります。

2020年 秋
大型アップデート 「オーパーツ・ラビリンス」

「オーパーツ・ラビリンス」とは、「ラビリンス」と呼ばれる自動生成されたマップを舞台に、隠されたオーパーツを入手していく大型アップデートコンテンツです。
最大4人でラビリンスへ潜入し、迷宮内を探索して隠されたオーパーツを集めていきます。オーパーツを使用することで、新たなボスやエネミーに対抗するための手段を得ることができます。

また、このアップデートと同時に魔法や弓矢などの新たな武器も実装も予定しています。

株式会社よむネコについて
株式会社よむネコは、東京に拠点をおくVRゲームの開発会社です。「最高に居心地がいいと感じられる空間の中で、複数ユーザーのインタラクション環境を作り出し、社会の発展に貢献すること」をビジョンに掲げ、 VRゲームの企画・開発・運営を行っています。
http://www.yomune.co/

『ソード・オブ・ガルガンチュア』公式サイト
https://www.gargantuavr.com/?lang=ja

採用情報
https://www.wantedly.com/companies/company_9880423
 ※記載された社名、製品名は各社の登録商標または商標です。

(c)2019 2020 Yomuneco Inc. All Rights Reserved.
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社よむネコ >
  3. ​『ソード・オブ・ガルガンチュア』、2020年秋までの開発ロードマップ & 大型アップデート「オーパーツ・ラビリンス」の情報を公開