ジュエリーEC「BRILLIANCE+」に、販売中のダイヤモンドルースの「360°動画」と「鑑定書」の実物が確認できる新機能を実装

約25,000個のダイヤモンドルース(裸石)の360°回転動画が閲覧可能に

D2Cジュエリーブランド「BRILLIANCE+:ブリリアンス・プラス」を運営する株式会社キュー(所在地:東京都中央区、代表取締役 CEO:新井 俊成)は、ECサイト内の新機能として販売中のダイヤモンドルースの実物を360°動画で確認できる機能と、GIA(米国宝石学会)が発行する実物の鑑定書を画像で確認できる機能をリリースしました。
■ダイヤモンドルースの360°動画と鑑定書のデータがサイト上で閲覧可能に

 

BRILLIANCE+は常時30,000個以上のダイヤモンドルースをオンラインで販売する国内最大級のブライダルジュエリーECサイトです。従来はダイヤモンドの品質を表す4Cや寸法など、商品情報を数値やサンプル画像で表示していましたが、この度リリースした新機能では販売しているダイヤモンドのうち、約25,000個のダイヤモンドルースの360°動画と、GIA(米国宝石学会)が発行している鑑定書の実物を画像で確認することが可能になりました。
▼実際のダイヤモンド検索画面
https://www.brilliance.co.jp/engagement/ordermade/dia_list.php?d_gno=rm

360°動画を閲覧できることにより、ダイヤモンド品質の国際基準「4C」のうち、カットの状態(Cut)、色の差異(Color)、内包物や傷の有無と特徴(Clarity)を確認・比較でき、更に10倍以上に拡大した画像と動画を確認できることによって、リアルでの比較以上に違いを確認しやすいサービスの提供を可能にしました。


■BRILLIANCE+(ブリリアンスプラス)について
オンライン発のブライダルジュエリーD2Cブランドです。
30,000個以上の圧倒的なダイヤモンド販売数と豊富なデザイン、リーズナブルな価格で多くのお客様にご支持いただいています。婚約指輪は従来のオーダー方法とは異なり、ダイヤモンドとリング枠を別々にお選びいただく仕組みで、様々なデザインや素材を選択することが可能です。結婚指輪は豊富なデザインに加え、さらにリング幅にもこだわってオーダーすることが出来ます。
仲介業者を出来るだけ通さずオンライン販売を主体とすることで流通経路を簡略化、余分なコストをカットしお客様へ直接お届けすることで、一般の販売店と同品質のものを半額程度の価格で販売することを実現しました。実際にダイヤモンドやリングデザインの比較・試着をしたり、ブランドの世界観を体験いただくことを目的に、全国5箇所(銀座・横浜・名古屋・大阪・福岡)にショールームも展開しています。また、ご自宅からもショールーム同等の接客が体験できる「オンラインショールーム」も導入しました。

銀座ショールーム:https://www.brilliance.co.jp/showroom/ginza-showroom
横浜ショールーム:https://www.brilliance.co.jp/showroom/yokohama-showroom
名古屋ショールーム:https://www.brilliance.co.jp/showroom/nagoya-showroom
大阪ショールーム:https://www.brilliance.co.jp/showroom/osaka-showroom
福岡ショールーム:https://www.brilliance.co.jp/showroom/fukuoka-showroom
オンラインショールーム:https://www.brilliance.co.jp/showroom/online-showroom

■株式会社キュー 会社概要
社名  : 株式会社キュー
本社  : 〒104-0061 東京都中央区銀座2-5-8 GM-Gビル7F
設立  : 2006年6月6日
資本金 : 20,000,000円
代表者 : 代表取締役CEO 新井 俊成
事業内容: ダイヤモンドジュエリー販売、及びウェブコンテンツ開発
URL   :https://www.brilliance.co.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社キュー >
  3. ジュエリーEC「BRILLIANCE+」に、販売中のダイヤモンドルースの「360°動画」と「鑑定書」の実物が確認できる新機能を実装