テストにズバリ出る問題だけ! 部活で忙しい中学生の定期テスト対策にぴったりな『定期テスト ズバリよくでる』が2021年3月18日(木)から全国の書店で発売開始!

株式会社新興出版社啓林館(本社:大阪市、代表取締役社長:佐藤諭史)は、2021年3月18日(木)より中学生用の教科書準拠版商品『定期テスト ズバリよくでる』(旧書名『中間・期末テスト ズバリよくでる』)を全国の書店で順次発売いたします。
◆『定期テスト ズバリよくでる』とは

これまで「1週間でできる定期テスト対策教材」として多くの中学生をサポートさせていただいた『中間・期末テスト ズバリよくでる』。

2021年を迎え、新学習指導要領での中学校教育が本格スタートします。この大きな変革に対応するため、『中間・期末テスト ズバリよくでる』はこれまで以上に中学生のニーズにぴったり寄り添える『定期テスト ズバリよくでる』(『ズバリよくでる』)として生まれ変わりました!


◆『定期テスト ズバリよくでる』の特長

■①教科書の学習順序・学習内容に完全対応

『ズバリよくでる』は、学習内容や単元の並びが学校の教科書に対応してつくられた教科書準拠版の問題集です。
定期テストは教科書の範囲から出題されるので、定期テスト対策にぴったりです。

■②実戦力が短期間で身につく3ステップ構成

『ズバリよくでる』は3ステップ構成です。
ステップ1で赤シートを使ってサクッと基本事項を確認したら、あとは定期テストの実戦問題をひたすら解くだけ。
1週間のうちにテスト得点力をグーンとアップさせます。
【ステップ1】「基本チェック」…要点を確認し、教科書の基本を理解する。
【ステップ2】「予想問題」…定期テストレベルの問題を解き、実戦力を身に付ける。
【ステップ3】「予想テスト」…テスト形式でテスト本番の予行演習を行い、自分の実力を把握する。


■③学校の評価の観点に対応した問題の採用

学校の通知表の成績は、「思考力・判断力・表現力等」「知識・技能」といった観点別学習状況の評価に基づいています。『ズバリよくでる』の「予想テスト」では、観点別学習状況の評価に基づいた問題を採用していますので、学校の評価方法に合った学習をすることができ、得点力アップや成績アップにつながります。


◆お得がいっぱい!『定期テスト ズバリよくでる』の購入特典

■①付録「直前チェックブック」
最重要ポイントが短時間でチェックできます(実技教科を除く)。 

■②9教科6000題の一問一答アプリが無料ダウンロード
『ズバリよくでる』購入者は有料の一問一答アプリ「ぴたサポアプリ」を無料でダウンロードすることができます。
「ぴたサポアプリ」は全国レベルの学力テストをもとに9教科6000題の問題を収録しています。
なお問題はこの4月より準備できたものから順次アップしていきます。

■③アプリ「Studyplus」と連携した学習管理
500万人以上が利用する学習管理アプリ「Studyplus」で登録して、学習記録をつけたり、友だちと励ましあったりすることができます。
 

◆商品情報

■書 名  『定期テスト ズバリよくでる』

■ラインナップ
全79点(国語/社会(地理、歴史、公民)/数学/理科/英語/実技(音楽、美術、保健体育、技術・家庭))

■定 価  792円(各本体 720円+税10%)

■発売日  2021年3月18日(木)より順次発売

■新興出版社LINE公式アカウント(中学生用)
https://lin.ee/Bc5wtoX
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 新興出版社啓林館 >
  3. テストにズバリ出る問題だけ! 部活で忙しい中学生の定期テスト対策にぴったりな『定期テスト ズバリよくでる』が2021年3月18日(木)から全国の書店で発売開始!