コピーライティングを、誰もが身につけられる再現性のある技術に

アルマ・クリエイション、「広告評価プログラム」で特許取得

アルマ・クリエイション株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役 神田昌典、以降アルマ・クリエイション)は、コピーライティングを、誰もが身につけられる再現性のある技術として普及させることを目的に、広告の訴求性を客観的に評価することが可能な「広告評価プログラム」として体系化し、特許(特許第6978796号)を取得したことをお知らせします。
■広告用文章の訴求力を客観的に評価できる25個のチェック項目 
 インターネット上の販売促進や広告は増加の一途を辿っており、インターネット広告費は、2021年にはマスコミ四媒体広告費(新聞、雑誌、ラジオ、テレビメディア広告費の合算)を初めて上回りました(電通調べ)。
 特に、最近の販売促進を目的とする広告においては、セールスレターをウェブ上に表示させるランディングページの利用が広がっています。このような広告では、文章の善し悪しが広告の訴求性を左右する一方、訴求力のある広告用文章を作成するためには、長年の経験や、説明が容易でない、感覚・感性的な資質を持っていることが重要とされてきました。

コピーライティング技術大全コピーライティング技術大全

 アルマ・クリエイション代表の神田昌典は、「コピーライティング技術大全」の共著者である衣田順一と共に、コピーライティングを誰もが身につけることのできる、再現性を備える技術としてプログラム化し、広告用文章の訴求力を客観的に評価することができる「広告評価プログラム」を開発し、特許を取得しました。
 本特許では、25項目から構成される「PMM(Product Market Matching)セルフ評価シート」により、広告用文章を客観的に評価することができます。

 神田昌典は「コピーライティングは、学ぶことで誰もが訴求力のある文章を書くことができる技術です。販売促進や広告に携わる経営者やマーケティング担当の方だけでなく、学生や社会人など多くの方に、事業やプロジェクトの魅力を訴求する力を身につけ、さらなる可能性を拡げてほしい」と述べています。

「広告評価プログラム」特許概要
特許番号:特許第6978796号
概要:広告の訴求性を評価する際に有用な広告評価プログラム。「読み手との関係性」「現状維持バイアス」「ヘッドライン・ボディコピー」など25項目から構成される「PMMセルフ評価シート」のチェック項目を評価し、100点満点で何点のスコア評価を得られたかを確認することにより、客観的に広告の訴求力を評価することができる。

アルマ・クリエイション株式会社概要https://www.almacreation.co.jp
 アルマ・クリエイションは、世界最大級の読書会「リードフォーアクション®」を運営する、人材育成企業です。読書会という、誰にとっても身近な、気軽な取り組みを通して、事業課題の解決や、組織課題の変革、まちづくりまで行います。
 日本発の創造的課題解決法「フューチャーマッピング®」や「リードフォーアクション®」で使われるファシリテーション技法、再現性ある効果をもたらす「コピーライティング・メソッド」を通して、一貫して創発から複雑な課題解決、イノベーションの具現化を支援し、新規事業をスピーディに収益化すると同時に、それを実現する組織を担う人材を開発する独自プロセスが高く評価されています。
 日本・中国・米国など国内外のベンチャー企業から大企業まで約2万社以上にマーケティング・営業・人材教育コンサルティングの提供実績があり、代表の神田昌典は、約100冊にのぼる著書をもつベストセラー作家です。 
 アルマ・クリエイションは、「探究リンク」プロジェクトの取り組みで、2025年日本国際博覧会(略称「大阪・関西万博」)の「TEAM EXPO2025」プログラム/共創パートナーに登録されています。
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. アルマ・クリエイション株式会社 >
  3. コピーライティングを、誰もが身につけられる再現性のある技術に