台風9号・10号によるポケットマルシェ登録生産者の被害状況および対応について ― 推定被害額が1千万円を超える生産者も

全国の農家や漁師などの生産者と消費者を直接繋ぐアプリ「ポケットマルシェ」を運営する株式会社ポケットマルシェ(本社:岩手県花巻市、代表取締役:高橋 博之、以下 「ポケットマルシェ」)は、令和2年台風9号・10号の発生を受け、ポケットマルシェ登録生産者を対象に被害状況に関するアンケート調査を実施しました。


【ポケットマルシェ登録生産者の被害状況】
2020年9月7日(月)より、ポケットマルシェ登録生産者3,301名にウェブ上でアンケートを実施し、令和2年台風9号・10号による被害状況の確認を進めております。9月8日(火)現在、39名の方より回答をいただいております。

◆ 台風による生産物への影響度合い(n=39)

 



◆ 農業資材、生産物への被害を含めた推定被害額(n=20)


◆ 廃棄せざるを得ない生産物の発生割合(n=20)


◆ 具体的な被害状況

  • 活かしている商品が、停電などの影響で死滅してしまった。サザエ500キロ、アワビ50キロの被害(長崎県松浦市星鹿町)
  • ハウス15棟できのこの菌床栽培を行っているが、13棟が損壊。落下等により、収穫前のきくらげ、しいたけは廃棄せざるを得ない状況。栽培している5万本のうち、1万本程度が被害を受けている。推定被害額は約2,000万円(鹿児島県指宿市)
  • オクラがすべて折れてしまった。また、バシルが根ごと抜け、バジルペーストの原料供給が不安。バジルは3,000平米のうち約半分が厳しい状況(長崎県諫早市)
  • ミニ白菜は約5割が廃棄に。ラディッシュはほぼ全滅。 少量多品目なので面積は小さいが、全体的に廃棄が出る(福岡県久留米市)
  • 一部施設(ハウス)に損傷があり、約0.8ヘクタールの圃場(栽培品約25種類)がほぼ壊滅状態。復旧に相当の時間が必要と考えられる(山口県下関市)
  • 11aのうち3分の2のアスパラガスの親木が倒れ、ハウスは3棟全損。ダメージが大きく、来年の収量が激減する見込み(長崎県東彼杵郡東彼杵町)

【ポケットマルシェの対応】
被害状況の収集と発信を目的として「災害対策室」を立ち上げ、9月7日(月)より生産者を対象にアンケート調査・ヒアリングを実施しております。被害状況や支援策について、以下のとおり継続して発信を行ってまいります。

① ポケットマルシェ内記事およびSNSでの情報発信
ポケットマルシェ登録生産者の被害状況、支援に繋がる出品状況等を記事にまとめました。情報は、随時更新してまいります。また、ポケットマルシェ公式Twitter・Instagramでも、最新の情報を発信しています。

記事: https://poke-m.com/stories/1482
公式Twitter: https://twitter.com/pocket_marche
公式Instagram: https://www.instagram.com/pocket.marche/

② 「#台風被害で困っています」タグの運用
サービス内に「#台風被害で困っています」タグを用意し、被害を受けた生産者が食材を出品する際にタグ付けできるようにしております。タグを使用する場合は、商品説明文に台風による被害状況を記載いただいています。被害にあわれた生産者を応援する一つの手段として、消費者の方にタグを活用いただきたいと考えております。

「#台風被害で困っています」商品一覧: https://bit.ly/2ZiGRPh
出品商品数(9月8日(火)14:30時点): 28点
出品生産者数(9月8日(火)14:30時点): 12名

【生産者からの声】

こむぎ屋工房 恭農園 小川真二さん(鹿児島県西之表市)​https://poke-m.com/producers/68816 より
  • 台風10号の突風で、野菜の支柱ごと持っていかれてしまい、畑にほぼ何も残っていないような状態です。ケール20a・ゴーヤ20aを始め、ピーマン・なす・オクラ・小松菜・白菜などが壊滅してしまいました。推定被害額は300万円です
  • 種子島は台風が通過することが多いものの、例年と比較して、今年の台風10号は瞬間的な突風が特にひどかったように思います。電柱も折れているような状況です
  • 海に囲まれている環境なので、畑に塩がかかってしまっており、回復させるのに時間がかかります。ケールを希望してくれているお客様もいらっしゃいますが、収穫までに約3カ月かかる見込みです
  • 安納芋・里芋は被害を免れました。安納芋を出品したところ、早速何件か注文をいただけて励みになっています。野菜セットの出品をいち早く再開できるように取り組んでいきたいです

【ポケットマルシェについて】
ポケットマルシェは、全国の農家・漁師から、直接やりとりをしながら旬の食べ物を買うことができるプラットフォームです。現在、3,300名以上(2020年9月時点)の農家・漁師が登録しており、約7,000品の食べ物の出品と、その裏側にあるストーリーが提供されています。
https://poke-m.com/

【会社概要】
会社名: 株式会社ポケットマルシェ
所在地: 岩手県花巻市藤沢町446-2
事業内容:
・生産者と消費者を直接繋ぐCtoCプラットフォーム「ポケットマルシェ」の企画・開発・運営
・リアルマルシェの企画・運営
・飲食店、小売店への食材卸およびフェアイベントの企画・運営
・食べもの付き情報誌「食べる通信(R)」の普及・多地域展開の促進、「東北食べる通信」の企画・運営
代表者名: 高橋博之
URL:https://www.pocket-marche.com/
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ポケットマルシェ >
  3. 台風9号・10号によるポケットマルシェ登録生産者の被害状況および対応について ― 推定被害額が1千万円を超える生産者も