綿半グループ、長野県高森町に鉄構工場を新設

長野県下伊那郡高森町に鉄構工場を新設することを決定したのでお知らせいたします。
新工場は既存の飯田第2工場の隣に位置し、飯田第1工場(長野県飯田市松尾)の機能を新工場へ移転・集約する計画です。
竣工時期は、2022年2月を予定しています。

グループの建設事業を担う綿半ソリューションズ株式会社は、現在、静岡県焼津市・長野県飯田市松尾・長野県下伊那郡高森町の3拠点に建築鉄骨の加工・組立を行う工場を有し、年間約3万トンの鉄構を製造しています。

今回、飯田第2工場の隣地に工場を新設し、飯田第1工場の機能を集約することで、生産効率の向上を図ります。なお、移転後の飯田第1工場跡地は、小売事業の物流拠点として活用することを計画しています。


【新工場の概要】
所在地   長野県下伊那郡高森町下市田3124
建築面積  約5,600㎡
製造内容  建築鉄骨の加工・組立
着工    2021年8月(予定)
完工    2022年2月(予定)

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 綿半ホールディングス株式会社 >
  3. 綿半グループ、長野県高森町に鉄構工場を新設