アフターコロナの多様な働き方とストレスの相関性とは?無料ウェビナーを2月2日(水)に開催。テレワーク導入中のベンチャー・中小企業こそ考えるべきメンタルヘルスケア対策


予防医療テックで職域向けにオンライン診療など健康支援プログラムを提供する株式会社リンケージ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:生駒恭明)は、2022年2月2日(水)11時より、無料ウェビナー「〜テレワーク導入中のベンチャー・中小企業必見〜 アフターコロナの多様な働き方とストレスの相関性とは」を開催します。

▼イベントの概要・申込はこちら
https://linkage-20220202.peatix.com/

 
  • ウェビナーの内容
新型コロナウイルスをきっかけにテレワークが浸透し、多様な働き方が広がった一方で、外出機会が減ったことによる運動不足や生活習慣の乱れ、コミュニケーション不足によるメンタル面の不調などが指摘されるようになりました。

特にベンチャー・中小企業においては、事業や組織の流動性が高く、ストレス負荷が高い環境です。しかし、会社として充実したサポート体制は難しいため、いかにして経営陣およびマネジメント層から社員へメンタルヘルスケアを行うかが鍵となります。

リンケージではストレスチェックを中心とする包括的なメンタル×フィジカルウェルネスサービス「Rasika」を展開しています。東京大学医学部附属病院 心療内科との共同研究により開発した独自のストレスチェックの選択肢により、テレワークや生活習慣との相関を含め、従業員のストレス要因を多角的に分析することを可能としています。誰でも直感的に操作ができるモダンなインターフェースで、ストレスチェックの準備、実施、集団分析まで一気通貫でサポートします。

本セミナーでは、ベンチャー・中小企業の人事・労務担当者や経営層の方向けに、メンタルヘルスのナレッジや対応策をお伝えいたします。当日はウェビナー形式で行います。無料で参加可能ですので、ぜひお気軽にお申し込みください。
 
  • 開催概要
日程:2022年2月2日(水) 11:00-11:30
開催:オンライン(Zoomにて実施予定です)
参加費:無料
詳細・お申し込み:https://linkage-20220202.peatix.com/

当日のプログラム
  • ベンチャー・中小企業のメンタルヘルス問題
  • 「新型コロナウイルス」と「メンタルヘルス」の関係性
  • 「テレワーク」と「メンタルヘルス」の関係性
  • 企業が実践できるメンタルヘルス対策
  • テレワーク下でのストレスチェックサービスの活用方法

このような方におすすめ
  • 企業の人事労務担当者・経営者
  • テレワークにおけるメンタルヘルス対策に課題を感じている方
  • テレワークによるストレスの影響を知りたい方
  • 従来のストレスチェック等のサーベイに課題をお持ちの方
※人事労務のご担当者の方以外でも参加可能です
※主催企業と事業が競合する企業からのお申し込みは、お断りする場合があります
 
  • 登壇者

株式会社リンケージ健康経営推進部 sales健康経営アドバイザー/小西 湧

新卒で大手証券会社に入社し、富裕層・法人営業を5年半従事。その後、採用支援・人材紹介ベンチャーに転職し、新規営業やセミナー企画に従事。2021年~リンケージに入社。健康経営推進部に所属し、新規営業・セミナー企画等に従事。

 
  • 株式会社リンケージの会社概要

社名: 株式会社リンケージ
設立: 2011年6月1日
代表者: 代表取締役社長CEO(Chief Executive Officer) 生駒 恭明
役員: 取締役COO/CSO(Chief Operation Officer/Chief Strategy Officer)夏目 萌・取締役CMO(Chief Medical Officer)石澤 哲郎(医学博士/司法試験合格者)・取締役CPO(Chief Product Officer) 澤 智明
所在地: 〒104-0061 東京都中央区銀座1-19-14 ホーメスト木箱銀座ビル7階
URL: https://linkage-inc.co.jp/
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社リンケージ >
  3. アフターコロナの多様な働き方とストレスの相関性とは?無料ウェビナーを2月2日(水)に開催。テレワーク導入中のベンチャー・中小企業こそ考えるべきメンタルヘルスケア対策