3歳までの本格モンテッソーリ園!福岡平尾・糟屋郡にあるハピネス保育園が7月より見学受付をスタート!

『「自分でできたっ!」のお手伝い』を保育理念に掲げて、令和5年度入園希望の方への見学会を開始します。

アイリンクス株式会社(本社:福岡市博多区、代表取締役社長:石井 清悟)が運営するハピネス保育園(福岡市中央区平尾、福岡県糟屋郡志免町、園長:平野理都子)は、7月より令和5年度入園のための見学受付を開始。ハピネス保育園は、自分で考え、選択し、行動する子どもが育つプロセスを大切にしています。子どもの活動、保育スタッフの関わり、保育環境を実際に見ていただきながらの見学です。


【お申込みはこちらから】
https://happiness-hoikuen.jp/blog-note/202206/2712
 

・モンテッソーリ教育とは
イタリア初の女性医師、マリア・モンテッソーリ(1870-1952)によって生み出された、子ども中心の教育法です。モンテッソーリの考えは、子どもは本来、自分の中に成長していこうとする生命力を持っており、適切な時期に、適切な環境が与えられれば、自分で成長するというものです。

マリア・モンテッソーリ
 

  • これが真のモンテッソーリ園!子どもが主役の自由選択活動

モンテッソーリ園の最大の特徴は、活動を決めるのは子どもという点です。
今、どこが成長しているのかを知っているのは、大人ではなく、子ども自身。
その子が選んだものや活動が、その子の今の発達にちょうどいいものだと信じ、大人は子どもの無限の可能性が発揮されるようにお手伝いをします。
自由が与えられた子どもは、自分で動き、選択し、行動し、うまくいかないときはどうしたら良いのかを試行錯誤することができます。それにより、脳の神経細胞ニューロンが多く繋がり、思考回路がより育ちます。



 







 

  • 薬膳給食で子どもの胃腸をていねいに育てます

給食・おやつは、国際中医薬膳管理師の給食リーダー作成の献立によるもの。
0・1・2歳の子どもの食は、哺乳~離乳食~普通食と大きく変化します。私たちは、この時期に胃腸の働きをていねいに育てることが健全な体づくりの基盤になると考えています。
和の調味料と季節の食材を使い、正しく噛むことを身につける献立を用意。
また、0歳から布パンツで生活することで、自然な排泄の自立を促します。










7月から月に2回の定期見学開始(各園お申込み先)
ハピネス保育園 平尾ビレッジ
〒810-0014 福岡県福岡市中央区平尾2丁目4−8 2F
7月15日(金) 9:30~10:00
7月27日(水) 9:30~10:00
https://forms.gle/yyjgBVByQ6hj4AFz6

ハピネス保育園 志免ビレッジ
〒811-2207 糟屋郡志免町南里3-12-1 2.3F
7月13日(火) 9:30~10:00
7月20日(水) 9:30~10:00
https://forms.gle/hQ7KJHHaiZvAzmkV9



■運営会社について
会社名:アイリンクス株式会社
所在地:福岡県福岡市博多区博多駅南1-6-9 三和ビル7F
代表者:石井清悟
設立:平成12年
事業内容:通信販売業・飲食業・卸小売業・児童福祉事業
URL:https://www.i-linksnet.com/

 SANWA GROUP COMPANY - ONE GOALS & HAPPINESS
福岡の皆様にご奉仕する三和グループ会社のメンバーです!
#三和グループ福岡

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 三和ホールディングス株式会社 >
  3. 3歳までの本格モンテッソーリ園!福岡平尾・糟屋郡にあるハピネス保育園が7月より見学受付をスタート!