Moonstake、戦略的パートナーRockXとの合同ウェビナー開催 –3月16日(火)日本時間20時より

Moonstake(ムーンステーク)は、戦略的パートナーであるRockX(ロックエックス)との共同ウェビナー「急成長を遂げるProof-of-StakeマーケットとPolkadot の未来について 」を3月16日(火)日本時間20時から開催いたします。Polkadotのトップ・ステーキング・バリデーターから、ステーキングのポイントを聞くことができる貴重な機会です。奮ってご参加ください。

 

Proof-of-Stake (PoS)は、2020年、Ethereum、Cardano、Polkadotなどのメジャーなブロックチェーンが導入し、過去1年間で急速に拡大しました。Polkadotは、2020年5月にメインネットのローンチされ、供給量の64%にあたる240億ドル総額のDOT(Polkadotのネイティブトークン)がステーキングされています。現在、最も急速に成長しているPoSネットワークの1つであり、Ethereumに次いで2番目に活発なDeFiエコシステムとなっています。

 

このウェビナーでは、Polkadotを始めとする様々なPoSを採用するプロジェクトのトークンについて詳しく知りたい方に有益なウェビナーとなります。またステーキングポートフォリオを多様化したいと考えているすべてのステークホルダーにも充実したセミナーになっております。Q&Aの時間を確保しておりますので、お気軽にご質問いただけます。
今回のウェビナーでは、RockXのCEO兼共同創業者であるAlex Lam氏と、MoonstakeのシニアアドバイザーであるShogo Ishida氏が登壇します。

 

MoonstakeとRockXは2021年1月に戦略的パートナーシップを締結し、PolkadotのエコシステムとMoonstake Wallet上でのPolkadotのネイティブトークンであるDOTのステーキングをサポートしています。
RockXは、マイニング、ステーキング、及びDeFiのプロダクトを通じた暗号通貨の複合的なサービスプロバイダーであり、リスク調整をした暗号通貨投資を可能とするデジタル・アセット・プラットフォームです。昨年9月、Polkadotのエコシステム強化を目的とし、2000万ドルの投資プログラムを開始しました。採用されたプロジェクトには、最大50万ドル分のDOTと技術的なサポートが提供されます。

 

 

ウェビナーについて

タイトル : Proof-of-StakeとPolkadotエコシステムの未来について 

日付: 3月16日 日本時間20時 (GMT+9)

 

スピーカー:
Moonstake シニアアドバイザー Shogo Ishida
RockX 創設者兼CEO Alex Lam


主要なテーマとトピック:
- Polkadotのトップバリデータの1つであるRockXや、Moonstakeの視点から見たPolkadotとは?
- RockXはPolkadotのエコシステムのために2000万ドルの投資プログラムを開始したが、このプログラムにおける最終的な目標は?
- 盛り上がるステーキング・エコノミーをどう定義するか?2021年Polkadotはどのような価値を提供していくと考えるか?
- PolkadotはPoSエコシステムの中でどのような役割を果たすのか?Polkadotがステーキングエコノミーに参加する意義について
- Polkadotのステーキングはどのように機能するのか?
- MoonstakeとRockXは戦略的パートナーとしてPolkadotのエコシステムをどのように強化していくのか、Polkadotのコミュニティから何を期待されているのか?

-Q&A (20分)

 
ウェビナーはZoomで開催いたします。参加にはZoomにて、事前登録が必要ですので下記のリンクから登録してください。
https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_kztN-BuYQh-nnsgFYUXVhA



Moonstake(ムーンステーク)について

 

Moonstakeは、アジア地域や世界規模で高まる需要に応えるため、ステーキングプール・プロトコル開発のために設立されました。Moonstakeはステーキングプールのプロトコルを開発し、パートナーや会社を通してサービスを提供していきます。Moonstakeは、アジアにおいて最大ステーキングプールネットワークになることを目標としています。アジアを率いるエコシステムを構築していくためにEmurgo、Ontology、NEO、PundiX、Wanchain、Qurasらと、次々とメジャープロジェクトとのパートナーシップを拡大してきました。日本最大のブロックチェーンハブのBinarystar、シンガポール証券取引所上場企業のOIO Holdings Limited (SGX: OIO)、と提携しています。アドバイザーには、世界的なプロジェクトのLISKや、ブロックチェーンプロジェクトの著名プレイヤーを迎えています。


8月のオペレーション本格化を機にビジネスを拡大し、総ステーキング額は800億円に達しています。
https://www.moonstake.io/
 


RockXについて

RockXは、誰でもデジタル資産や暗号通貨という新興の世界的な資産クラスを最高のリスク調整済みリターンのために活用できるようにすることで、成長を続けるデジタル資産経済に参加するための最もスマートなプラットフォームです。RockXは、ユーザーが多様化し、1つのシンプルなインターフェースで異なるデジタル資産に触れることができる、市場で初めての種類のプラットフォームです。
https://www.rockx.com/

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Blockstake株式会社 >
  3. Moonstake、戦略的パートナーRockXとの合同ウェビナー開催 –3月16日(火)日本時間20時より