Linuxが動作する高性能AIカメラモジュール「M5Stack UnitV2 AI カメラ」近日中に販売開始、スイッチサイエンスウェブショップにて

株式会社スイッチサイエンス(以下スイッチサイエンス、本社:東京都新宿区、代表取締役:金本茂)は、Linuxが動作する高性能AIカメラモジュール「M5Stack UnitV2 AI カメラ」を、スイッチサイエンスのウェブショップにて近日中に販売開始します。

「M5Stack UnitV2 AI カメラ」は、M5StackTechnology Co., Ltd.(以下、M5Stack社、本社:中国)が開発したLinuxで動作するスタンドアローンの高性能AIカメラモジュールです。SigmaStar社 SSD202D (ARM Cortex-A7 デュアルコア1.2 GHz)をコアに採用、128 MB DDR3メモリ、 512 MB NAND フラッシュ、1080 Pカメラ、2.4 GHz Wi-FI、冷却ファンを搭載しています。アプリケーション、ハードウェアリソース、開発ツールが豊富で、そのままの状態でAI開発が簡単かつ効率よく行えます。ホームオートメーションから、物流・倉庫管理まで、応用が期待できます。
 

 


▶︎ 「M5Stack UnitV2 AI カメラ」の特徴


そのままで使えるAIアプリケーション
「M5Stack UnitV2 AI カメラ」には、M5Stack社開発の簡単に使えるAI認識アプリケーション(顔認識、物体追跡、色追跡、形状認識、バーコード認識、その他一般的な機能など)を内蔵しており、ユーザーはオリジナルのAIアプリケーションを素早く構築できます。
また、USB LAN内蔵で、USB-CインターフェースでPCに接続すると自動的にネットワーク接続を確立します。接続型式の自由度が高く、Wi-Fi経由でも接続及びデバックが可能です。
さらに、認識されたコンテンツはすべてUARTシリアル通信経由で自動的に出力されるので(JSON形式)、呼び出しに便利です。

効率の良い開発
Linux システムと各種周辺機器をベースにしており、さまざまな開発ツールと互換性があります。 SSHによるアクセスで、ハードウェアリソースを完全に制御でき、M5Stack社のV-Training(AIモデルトレーニングサービス)でカスタムな認識モデルを簡単に構築できます。

ソフトウェアサポート
ファームウェアの新しいバージョンをmicroSDカードで簡単にアップデートできます。
  • SigmaStar SSD202D
  • ARM Cortex-A7デュアルコア 1.2GHz (Neon 、FPU内蔵)
  • Embedded 128 MB DDR3 メモリ
  • 512 MB NANDフラッシュメモリ
  • GC2145 1080P カラーセンサ
  • マイクロフォン、microSDカードスロット、UARTポート、USB-C
  • Wi-Fi 2.4 GHz
  • 冷却ファン
  • OS : Linux


▶︎「M5Stack UnitV2 AI カメラ」の仕様
 

 

  • Sigmstar SSD202D ARM Cortex-A7デュアルコア 1.2GHz (Neon 、FPU内蔵)
  • フラッシュ 512 MB NAND
  • RAM 128 MB DDR3
  • カメラ GC2145 1080P カラーセンサ
  • レンズ FOV (視野角)68° , DOF(焦点距離)= 60c m- ∞
  • 電源 5 V @ 500 mA
  • 周辺機器 USB-C x1、UART x1、microSDカードスロット x1、ボタン x1、マイクロフォン x1、ファン x1
  • インディケータLED 赤、白
  • Wi-Fi 150Mbps 2.4GHz 802.11 b/g/n
  • 動作温度 0°C ~40°C
  • 重量 18 g
  • 総重量 62 g
  • 製品サイズ 48 x 18.5 x 24 mm
  • パッケージサイズ 157 x 38 x 38 mm
  • ケース材質 プラスチック( PC )


▶︎ 販売情報
スイッチサイエンスのウェブショップ( https://www.switch-science.com/ ) にて販売します。


型番 M5STACK-U078-D
商品名 M5Stack UnitV2 AI カメラ(SSD202D)
価格(消費税込み) 9,592円

購入ページ https://ssci.to/m5stack_unitv2
 
<内容物>
1 x M5Stack UnitV2
1 x USB-C Cabel (50cm)
1 x Stand
1 x Back Brick

▶︎ M5StackTechnology Co., Lrd.について


中国の深センに拠点を置くM5StackTechnology Co., Ltd.は、2016年に設立されました。開発スピードの加速と品質向上を同時に可能とする、コンパクトなディスプレイ付きの開発モジュールシリーズ「M5Stack」を開発しています。M5Stackは、はんだ付けなしで接続できるセンサーなどの機能拡張モジュールも豊富に揃い、複雑なプロジェクトも比較的簡単にはじめられるため、幅広いファンを獲得しています。

 

M5Stack Technology Co., Ltd.

https://m5stack.com/
Twitter:https://twitter.com/m5stack

Facebook:https://www.facebook.com/M5Stack
 


 

 

▶︎ 他社の商標または登録商標

  • Wi-Fiは、Wi-Fi Allianceの登録商標です。
  • 記載されている製品名などは各社の商標または登録商標です。


▶︎ スイッチサイエンスについて


スイッチサイエンスは、テクノロジーをより多くの人々が道具として当たり前に使える世界を目指して活動しています。具体的には、電子工作用の電子部品を自社で設計、製造、または国内外から調達し、販売する事業を行っています。2021年4月には、親会社株式会社144Labから、STEM教材事業、IoT開発協力事業を取得し、事業分野を広げました。

株式会社スイッチサイエンス 
企業情報:https://info.switch-science.com/
Twitter:https://twitter.com/ssci
Facebook:https://www.facebook.com/SwitchScience

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社スイッチサイエンス >
  3. Linuxが動作する高性能AIカメラモジュール「M5Stack UnitV2 AI カメラ」近日中に販売開始、スイッチサイエンスウェブショップにて