ETSホールディングス、徳島の送電工事会社 中央電氣を子会社化

~送電事業の推進、グループ全体でのシナジー効果の期待へ~

株式会社ETSホールディングス(本社:東京都豊島区、代表取締役:加藤慎章、証券コード:1789 以下「ETS」)は、2022年5月10日、中央電氣建設株式会社(本社:徳島県三好市、代表取締役社長:木下満広、以下「中央電氣」)の全株式を取得する契約を締結し、6月1日に発行株式全ての取得が完了しましたことをお知らせいたします。
株式会社ETSホールディングス(本社:東京都豊島区、代表取締役:加藤慎章、証券コード:1789 以下「ETS」)は、2022年5月10日、中央電氣建設株式会社(本社:徳島県三好市、代表取締役社長:木下満広、以下「中央電氣」)の全株式を取得する契約を締結し、6月1日に発行株式全ての取得が完了しましたことをお知らせいたします。
 

左:株式会社ETSホールディングス 代表取締役社長 加藤慎章 右:中央電氣建設株式会社 代表取締役社長 木下満広左:株式会社ETSホールディングス 代表取締役社長 加藤慎章 右:中央電氣建設株式会社 代表取締役社長 木下満広


■背景
中央電氣および2022年5月9日にその子会社となった株式会社電友社(以下、「中央電氣グループ」という)は、四国電力株式会社を主要顧客とし、徳島を中心にして主に鉄塔建替、電線張替等の送電線工事で多くの実績があります。当社は、中央電氣グループを子会社化することで、当社の送電事業および当社の子会社である株式会社岩井工業所とのシナジー効果が大きく期待できると判断し、本契約を締結いたしました。

■ETSホールディングス 代表取締役社長 加藤慎章のコメント
このたび中央電氣グループを当社の仲間に加えることができ、大変嬉しく思います。両社で共に事業を推進できることは、大変意義のあることだと感じ、更に事業を拡大できると確信しております。当社グループ全体で送電業界の啓発にも貢献していけるよう今後とも精進してまいります。

■会社概要
[株式会社ETSホールディングス]
ETSホールディングスは1922年創業、2022年2月に創業100周年を迎えた会社です。電力事業、設備事業、再生可能エネルギー事業の3本柱を軸にハイレベルな技術者、独自の開発技術、豊富な施工実績を強みとしております。今後は次の100年に向けて、電力工事・電気設備工事のパイオニアとして、脱炭素化社会の実現、次世代電気 通信技術、その他新分野へ果敢にチャレンジし、持続可能な地球を次世代へ繋ぐため、エネルギー問題の解決・脱炭素化社会に向けて貢献し、コアな技術を活かして新たな価値創造、変革と挑戦を続ける企業を目指します。

創業: 大正11年(1922年)2月
設立: 昭和10年(1935年)12月
代表: 代表取締役社長 加藤慎章
資本金: 9億8,966万円
事業: 電力事業、設備事業、再生可能エネルギー事業
本社: 東京都豊島区南池袋1−10−13
URL:  https://ets-holdings.co.jp/

[中央電氣建設株式会社]
設立: 平成6年(1994年) 1月
代表: 代表取締役社長 木下満広
資本金: 2,000万円
事業: 送電線工事業
本社: 徳島県三好市池田町407-1

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ETSホールディングス >
  3. ETSホールディングス、徳島の送電工事会社 中央電氣を子会社化