世界初の全員が1型糖尿病選手の「チーム ノボ ノルディスク」 「2019ジャパンカップサイクルロードレース」出場メンバー発表

ノボ ノルディスク ファーマ株式会社(代表取締役社長:オーレ ムルスコウ ベック、本社:東京都千代田区)は、アジア最高位の自転車ロードレース「2019 ジャパンカップサイクルロードレース」(2019年10月18日(金)~20日(日)、宇都宮市にて開催)に出場する、全員が1 型糖尿病患者で構成されたプロサイクリングチーム「チーム ノボ ノルディスク」(米、UCIプロフェッショナルコンチネンタルチーム)の出場選手を発表します。チームは、本大会に6年連続での参戦となります。チーム ノボ ノルディスクは、10月19日(土)クリテリウム、20(日)サイクルロードレースに出場します。

2019ジャパンカップサイクルロードレースの出場メンバーは、下記の6名です。6年連続出場となるシャルル プラネ選手は、8月に開催されたツール・ド・ポローニュでMost Active Riderジャージを獲得しています。また、2019年よりチームに加わったペーテル クストル選手は、北京オリンピックにハンガリー代表として出場した経験を持ちます。クストル選手は、昨年33歳で1型糖尿病を発症しました。


今年のジャパンカップでは、選手が1型糖尿病の子どもたちの名前をバイクや自転車につけて走る“Fan of the Race”を開催する予定です。1型糖尿病を抱えていてもできることを示す彼らへの応援をお願いします。

「2019ジャパンカップサイクルロードレース」のチーム紹介はこちらをご覧ください。
http://www.japancup.gr.jp/image-gallery/term/447

チーム ノボ ノルディスクについて
チーム ノボ ノルディスクは、世界初の全員が1型糖尿病患者で構成されたプロサイクリングチームで、国際自転車競技連合(UCI)のプロフェッショナルコンチネンタルチームとして競技に参戦しています。
チーム ノボ ノルディスクのCEO兼共同創設者のフィル サザーランド氏は、糖尿病をコントロールしながら自転車のレースに挑戦することで、同じ1 型糖尿病とともに生きる人々を勇気づけられると考えチームを創設しました。
チーム ノボ ノルディスクのミッションは「糖尿病とともに生きる人々を元気づけ、治療に積極的に取り組み、それぞれの人生の目標に向けて生きていくことを応援する」ことです。
Changing Diabetes®(糖尿病を克服する)をミッションとする当社は、2012 年12 月にチームとパートナー契約を締結しました。

チーム ノボ ノルディスク公式サイト(英語): http://www.teamnovonordisk.com/
チーム ノボ ノルディスク日本語紹介サイト: http://www.club-dm.jp/tnn/

 Changing Diabetes®(糖尿病を克服する)について
ノボ ノルディスクのミッションである、Changing Diabetes®(糖尿病を克服する)は、患者さんがより良い血糖コントロールを行うことで、より質の高い生活の実現を目指すものです。さまざまな活動を通じて、ノボ ノルディスクは、糖尿病とともに生きる人々を応援していきます。

1 型糖尿病について
糖尿病には、1型、2型と呼ばれるタイプがあり、それぞれ発症要因が異なります。
日本で糖尿病全体の約95%を占める2型糖尿病は、遺伝的要因と環境的要因(過食や運動不足などの生活習慣や肥満、加齢など)が重なり合い、インスリン分泌の低下やインスリンの働きが悪くなることで発症します。
1 型糖尿病には、自己免疫反応の異常やウイルス感染により、すい臓のβ細胞を自分で攻撃してしまい、インスリンを出す機能を壊してしまうタイプ(自己免疫性)と原因不明のタイプ(特発性)の2 つがあります。いずれのタイプでも患者さんのすい臓は、自分でインスリンを出す力がなくなってしまいます。そのため、治療にはインスリン療法が必要です。特徴としては、10~20 代の若い人に突然発病する場合が多いですが、高齢者でも1型糖尿病として糖尿病を発症することがあります。日本では、2 型糖尿病に比べ非常に発症率が低いのが特徴で、1 年間に10 万人の中で約1.5〜2.5 人ほど、1 型糖尿病を発症するひとが存在するといわれています*1。最も高い国はフィンランドで、1 年間に10万人の中で約40 人ほど、1型糖尿病を発症するひとが存在すると報告されています*2。最近では、遺伝子の中である特徴をもつ遺伝子と1 型糖尿病との関連が認められており、1 型糖尿病の発症メカニズムの解明が期待されています。

*1 Kida K, et al: Incidence of type 1 diabetes mellitus in children aged 0-14 in Japan, 1986-1990, including an analysis for seasonality of onset and month of birth: JDS study. Diabet Med 17:59-63,(2000)
*2 The DIAMOND Project Group: Incidence and trends of childhood Type 1 diabetes worldwide 1990-1999. Diabet Med 23:857-866,(2006)
出典:糖尿病サイト 糖尿病を知ろう http://www.club-dm.jp/column/1/5.php

ノボ ノルディスクについて
ノボ ノルディスクは、デンマークに本社を置き、95 年以上にわたり糖尿病治療に必要な革新的な医薬品の開発を通じ糖尿病ケアの革新をリードしてきました。糖尿病の克服を目指して培ってきた経験や能力は、肥満症、血友病、成長障害といったその他の重篤な慢性疾患の領域にも生かされています。ノボ ノルディスクは現在80カ国に約4万1,600人の社員を擁し、製品は170カ国以上で販売されています。日本法人は1980年に設立されました。

 

 

 

 

 

 



 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ノボ ノルディスク ファーマ株式会社 >
  3. 世界初の全員が1型糖尿病選手の「チーム ノボ ノルディスク」 「2019ジャパンカップサイクルロードレース」出場メンバー発表