集英社がパラスポーツ応援サイト『パラスポ+!』(パラスポプラス!)をリリース

株式会社集英社(本社 東京都千代田区)は、パラスポーツ応援サイト『パラスポ+!』(パラスポプラス!)を2017年8月10日にリリースします。http://paraspoplus.com/
『パラスポ+!』は、あらゆる年代の方々が、パラスポーツの魅力をもっと知り、楽しみ、応援するための情報を発信するWEBサイトです。集英社がこれまで幅広い世代の読者に対して情報発信をしてきた知見を活かし、パラスポーツ応援サイトとして立ち上げます。


総合プロデューサーは、『MEN’S NON-NO』『UOMO』の編集長を歴任してきた、第7編集部部長の日高麻子が務めます。内容としては、下記を発信していく予定です。
 

◆人気ファッション誌『non-no』『MEN’S・NON-NO』『MORE』本誌の記事を発信
→雑誌モデルによるパラアスリートインタビューなどの記事コンテンツを掲載。

集英社のスポーツ専門サイト『web Sportiva』がこれまで掲載してきたパラ競技紹介記事など

さらに今後は、2017年11月に刊行予定のムック(週刊ヤングジャンプ・web Sportiva共同編集)とも連動し、パラスポーツをテーマにした漫画や、パラアスリートと人気漫画家の対談なども掲載していく予定です。

本サイトの記事は、TOKYOパラスポーツプロジェクト公式サイト「TEAM BEYOND」にも、一部掲載されます。https://www.para-sports.tokyo/?m=index




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆集英社パラスポーツ応援サイト『パラスポ+!』プロデューサー 日高麻子(ひだかあさこ)コメント

2020年、東京にオリンピック、そしてパラリンピックがやって来ます。

記録や勝敗の決まる瞬間。その向こうにはアスリートたちや彼らを支えた人たちのさまざまな思いと物語があります。それはパラスポーツにおいても同じ。競技者はみな違う個性と特徴を持っていながら、ルールの前では平等に競い合い、自己と闘い、挑み続ける。その厳しさに立ち向かう強さ、美しさに私たちは心奪われます。その感動は、すべての競技者、観戦者に対して平等で、人はそれぞれの違いを認め尊重しあえるのだということを教えてくれるでしょう。

そして、ひとつひとつの競技の醍醐味や、世界で闘うアスリートの素顔を知れば、パラスポーツはもっともっと面白くなります!

『パラスポ+!』は、あらゆる年代の方々に向けた、パラスポーツの魅力をもっと知り、もっと楽しみ、応援するための情報サイトです。ファッション、漫画、読み物など、様々な角度から、パラスポーツをフォーカスし、応援していきます。ぜひご注目ください!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

パラバドミントン今井大湧選手(愛知工業大学名電高等学校バドミントン部)とメンズノンノモデル・宮沢氷魚の対談。実際にバドミントンラリーを行い、その様子は動画にてご覧いただけます。

©矢吹健巳[W]/MEN’S NON-NO


『non-no』ではパラ水泳一之瀬メイ選手をノンノモデル泉はるが訪ねて、練習を見学したり、同世代の女子大生同士として日常生活や等身大の話題を語り合います。

©三山エリ/non-no



『MORE』では「パラアスリートのなりたい私。」というテーマで、アスリートとしての目標とともに、仕事や恋愛、結婚など、女性としての目標も語っていただくインタビューを実施。第一回は、陸上走り幅跳びの高桑早希選手が登場。今後も、「TEAM BEYOND」オフィシャルサポーターでモア専属モデル篠田麻里子とともに応援していきます。

©永躰侑里/MORE

©東京都

パラスポーツ応援サイト『パラスポ+!』(パラスポプラス!) http://paraspoplus.com/

※パラスポーツ(障がい者スポーツ)とは
障がい者スポーツとは、障がいがあってもスポーツ活動ができるよう、障がいに応じて競技規則や実施方法を変更したり、用具等を用いて障がいを補ったりする工夫・適合・開発がされたスポーツのことを指します。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社集英社 >
  3. 集英社がパラスポーツ応援サイト『パラスポ+!』(パラスポプラス!)をリリース