シューマツワーカー、副業社員のリモートワークをサポートする稼働管理サービス「Bell シューマツワーカー」(SaaS)を正式に稼働開始

β版の提供開始からわずか1年で、ユーザーの副業社員は500人を突破

副業したい人と企業をつなげるサービス「シューマツワーカー」を運営する株式会社シューマツワーカー(本社:東京都 渋谷区/代表取締役:松村幸弥)は、副業社員のリモートワークをサポートする稼働管理サービス「Bell(ベル) シューマツワーカー」を独自開発し、2019年11月1日(金)より正式に稼働開始したことをお知らせいたします。

同サービスは2018年10月より、シューマツワーカーで稼働しているユーザーを対象にβ版を提供しました。その後ユー ザーの要望や利便性向上を実現する為の改善を重ね、この度正式に稼働開始することとなりました。

 

■「Bell シューマツワーカー」開発の背景

副業社員の採用は、3か月以内での解約率の高さが課題となっています。理由として、副業は基本的にリモートワークのため、実際に働いてる姿が見えない分、企業側としてコミュニケーションや稼働時間の管理に不安を覚えられることがあげられます。

上記の課題を受け、「ユーザーと企業がお互いに安心・信頼して業務を依頼・遂行できるように」との思いで開発しました。「Bell シューマツワーカー」には下記のような機能があります。

  • 稼働時間の計測
  • 稼働情報をSlack / Chatworkと連携
  • 支払い通知書の発行
  • 副業社員のモチベーションを管理するアンケート機能
副業社員の稼働を見える化することで進捗や課題を共有でき、改善のための対策を効率よく行えることが期待できます 。また、今後も利便性向上を目指し、他社サービスとの連携を強化していく予定です。

■「Bell シューマツワーカー」の使用方法

(1)月間の稼働予定を登録する。事前に立てた稼働予定をGoogleカレンダーと同期することも可能


(2)稼働するタイミングで「稼働」ボタンを押してタスクを記入する。企業側から指定があれば、稼働通知がSlackまたはChatworkに飛ばされる


(3)「休憩開始」「休憩終了」ボタンで休憩の登録が可能


(4)稼働を終了するタイミングに「稼働終了」ボタンを押し、実際に稼働した内容を記入する


(5)稼働時間計測終了後、稼働内容に変更がある場合には、変更理由を明記して変更可能

 

 

(6)月末に最終的な総稼働時間を確認したら稼働をFIXする


(7)企業側の承認も取れたら、「支払い通知」により報酬金額を確認する。業務提携先である「Payme」を利用し、報酬の先払いを申請することも可能


■株式会社シューマツワーカー

会社概要:2017年7月に正式リリースして以降、IT人材不足の課題をかかえる企業に対して、これまで700件以上のマッ チング実績があります。シューマツワーカーには、Web業界での経験が豊富なエンジニアやデザイナー、マーケターが1 5,000名以上登録。各企業のニーズにあった優秀な副業社員をご提案できます。

===================
株式会社シューマツワーカー
所在地 〒150-0045 東京都渋谷区神泉町10-10アシジ神泉ビル8階
代表者 代表取締役 松村幸弥
設立日 2016年9月
会社HP https://company.shuuumatu-worker.jp/
副業希望者さま向け https://shuuumatu-worker.jp
企業さま向け https://shuuumatu-worker.jp/innovation_lp4cd?utm_source=pr 
===================
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社シューマツワーカー >
  3. シューマツワーカー、副業社員のリモートワークをサポートする稼働管理サービス「Bell シューマツワーカー」(SaaS)を正式に稼働開始