FromプラネットVol.94<ペットに関する意識調査>

~無邪気な愛情表現に癒やされる!⼤大切だからこそ、気がかりは「ペットロス」~


国内1,300社超が利用する日用品流通の情報基盤を運営する株式会社プラネット (所在地:東京都港区、代表取締役社長:田上正勝)は、消費財や暮らしにまつわるトピックスをお届けする『Fromプラネット』の第94号として、ペットに関する意識調査の結果をご紹介します。バックナンバー https://www.planet-van.co.jp/news/from_planet.html
 
  • 「現在飼っている」「今後飼いたい」どちらも1位のペットは?
 ペットブームが続いています。9月20日〜26日の動物愛護週間を前に、ペットに関するアンケートを実施。飼っているペットの種類や飼っていて大変なこと、ペットの魅力などをまとめました。
 はじめに、現在自宅で飼っているペットは何かを聞きました(表1)。1位「犬」11.5%、2位「猫」10.1%、3位「観賞魚(熱帯魚含む)」5.7%という順になりました。今は“猫ブーム”と言われていますが、「犬」が僅差で「猫」を上回っています。今後飼いたいペットを聞いた結果(表2)でも、1位が「犬」、2位が「猫」でした。
 最近注目の「フクロウ」は0%で11位ですが、「今後飼いたい」ペットでは6位にアップ。気軽に手は出せないのかもしれませんが、人気は高まっていることがうかがえます。

 
  • 経営者はやっぱり観賞魚が好き?
 男女別では、「現在飼っている」でも「今後飼いたい」でも、男性に比べ、女性で「猫」が高くなっていました。特に「今後飼いたい」では、男女差は7.2ポイント(以下、pt)。女性では、順位も「猫」が「犬」を上回り、逆転1位になっています。“猫ブーム”は女性に起きていると言えるのかもしれません。
 表1の職業別の結果では、「会社役員・経営者」「自由業」でも、「猫」が「犬」を上回っていました。また、ほとんどの職業で1ケタだった「観賞魚(熱帯魚含む)」が、「会社役員・経営者」では12.6%と1割を超えているのも興味深い結果。「会社役員・経営者」では「ペットはいない」が他の職業に比べ、最も低くなっていました。
 次に、飼っているペットの数を聞きました。そのうち、ペットが「犬のみ」「猫のみ」の結果を紹介すると、表3のとおり。「犬のみ」では「1匹」が82.7%で断トツ。これに対して、「猫のみ」では、最も多かった「1匹」の58.6%に次いで、「2匹」も24.3%とほぼ4人に1人。「3匹」以降についても「犬のみ」より高く「10〜19匹」も1.9%。犬に比べ、猫には多頭飼いの傾向があるようです。

 

 
  • 男性には雑種と柴犬、女性はミニチュア・ダックス、トイプーが人気
 犬を飼っている人、猫を飼っている人それぞれに、飼っている犬・猫の種類を聞き、2015年の結果と比較しました(表4、表5)。
 犬では、1位が「雑種」で、2位「ミニチュア・ダックスフンド」、3位「トイプードル」、4位「柴犬」、5位「チワワ」、6位「シー・ズー」と続きます。2015年と比較すると、5位だった「トイプードル」が3位にランクイン。そのほか、12位だった「ミニチュア・シュナイザー」が8位に、14位だった「マルチーズ」が10位にアップしていました。
 男女差に注目すると、最も差が大きかったのが「柴犬」。男性が女性より10.1ptも高く、男性では、1位の「雑種」に次ぐ2位に入っています。一方、女性が男性を大きく上回っていたのが「ミニチュア・ダックスフンド」で、5.5pt差。女性では、1位「ミニチュア・ダックスフンド」、2位「トイプードル」、3位「雑種」と、全体とは順位も入れ替わっていました。男性で2位の「柴犬」は、5位。女性のほうが比較的、小型犬を好む傾向があるのかもしれません。
 猫では、「雑種」が70.9%と圧倒的。2位「日本猫」、3位「アメリカンショートヘア」、4位「スコティッシュフォールド」、5位「ロシアンブルー」と続き、ここまでの順位は2015年と変わりません。
 猫では、2015年の結果でも「雑種」が72.4%と、圧倒的1位でした。「犬」の人気が分散している一方で、「猫」では「雑種」が圧倒的に支持されている傾向が、2015年から引き続いて見られました。


 

 
  • ペットの名前ランキング犬の1位は「もも」の1位
 さらに、飼っている犬・猫の名前を教えてもらいました(複数飼っている場合、1種にしぼって回答)。犬の名前では、1位「もも」、2位が同率で「りん」と「まろん(マロン)」となりました。2015年の結果では、「まろん(マロン)」は1位でしたが、「もも」は7位。「りん」はそれ以下でした。3年の間に、「もも」と「りん」の人気が急上昇したようです。
 猫の名前では、1位「ちび(チビ)」、2位「みー(ミー)」、3位「クロ(くろ)」。2015年の結果でも、1位が「みー(ミー)」、3位が「ちび(チビ)」、「くろ(クロ)」も6位に入っていました。2015年に2位だった「たま(タマ)」が、今回は4位に。多少の順位の入れ代わりはあるものの、上位の顔ぶれは変わらず、猫の名前として長く愛されているものと考えられそうです。

 
  • ペット心の支え…配偶者“なし”では“あり”より18pt
 ペットを飼っている人に、ペットの魅力を尋ねました。すると、「癒やしになる」が圧倒的に高く、83.2%。次いで、「家族の一員である」がその約半数の42.1%。「心の支えになる」28.9%が続きました。
 男女差に注目すると、ほとんどの項目で女性のほうが高く、最も差が大きかったのが「心の支えになる」(14.2pt差)、次いで「家族の一員である」(10.1pt差)、「寂しさを埋めてくれる」(8.1pt差)でした。一方で、男性が女性より高かったのが「運動になる(散歩など)」の4.9pt差。男性が健康や体力づくりなど、具体的なメリットを感じているのに対し、女性のほうが、ペットを心のよりどころにする傾向が強いことがうかがえます。
 配偶者の有無別に結果を見ると、最も差が大きかったのが 「心の支えになる」。配偶者の「いる」人では24.0%でしたが、「いない」人では18.0ptも高く、42.0%。同様に、「寂しさを埋めてくれる」は9.1pt、「裏切らない」は8.3pt、「いる」人よりも高くなっていました。配偶者の「いる」人に比べて、配偶者の「いない」人にとって、ペットの存在感が大きいことがわかります。
 一方で、配偶者の「いる」人のほうが高かったのが、「家族の一員である」と「子どもの教育になる」。配偶者の有無によって、ペットの存在価値や意味合いは変わってくるようです。


■犬・猫を飼っている5人に1人が「ペットロス」を心配
 今度は、ペットを飼っていて特に手がかかって大変なことや、気がかりなことを聞いてみました。「犬のみ」飼っている人、「猫のみ」飼っている人の結果を示したのが表8です。
「犬のみ」では1位が「シャンプー、爪切り、トリミング」38.8%、2位「健康管理」31.0%、3位「排泄の世話」30.6%の順。一方、「猫のみ」では、「犬のみ」で3位だった「排泄の世話」が37.3%で1位。1位だった「シャンプー、爪切り、トリミング」は30.2%で3位でした。
 続く4位は、「犬のみ」では「毎日の散歩」28.2%。散歩の必要のない「猫のみ」では、1.5%で12位の項目です。一方、「猫のみ」の4位は「自宅の清掃、ニオイ対策」27.6%。「犬のみ」では16.0%で9位なので、猫を飼っていると、犬に比べ、特にニオイが気になることがわかります。
 犬・猫ともに、4位までは日常の世話や管理に関する項目でしたが、5位には「ペットロス」(飼っていたペットを失った後に感じる悲しみ)が入りました。「犬のみ」で20.7%、「猫のみ」で23.9%と、いずれも5人に1人以上。“ロス”を気がかりに感じるということは、ペットの存在がそれだけ大きいことの表れと言えそうです。

 

 
  • 無邪気な愛情表現に癒やされている人多数! あなたのペットの魅力は?
 最後に、飼っているペットの魅力について自由回答で聞きました。その多くは犬や猫に関するものでしたが、観賞魚や鳥のほか、珍しいハリネズミやモモンガのエピソードも寄せられました。愛らしい姿やしぐさ、柔らかい毛並みや独特の動きなどに癒やされている様子が伝わってきます。人間の心や会話が通じているように見えるところもまた魅力のようです。共通して感じられたのは、やはり、なついてくれるとかわいいということ。駆け引きや裏表のない無償の愛情表現が、あくせくした毎日に疲れた飼い主の心をほぐしているのかもしれません。忙しい現代人がペットを求める気持ちがわかるような気がします。
株式会社プラネットと https://www.planet-van.co.jp/
メーカー、卸売業、小売業がサプライチェーンとして連携し、生活者へのサービス向上を目指して進化を続ける日本の消費財流通を、情報インフラ運営で支えている上場企業(証券コード2391)です。
From プラネットとは https://www.planet-van.co.jp/news/from_planet.html
株式会社プラネットが発信しているニュースレターです。消費財や暮らしに関する旬なトピックスなどをご紹介しています。
本件に関するお問い合わせ先
(感想や取り上げてもらいたいテーマなどもお寄せください)
株式会社プラネット 広報部 角田(つのだ)、河合(かわい)
Tel : 03-6432-0482 / E-mail : koho-pr@planet-van.co.jp
 
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社プラネット >
  3. FromプラネットVol.94<ペットに関する意識調査>