JTBコミュニケーションデザイン 電力供給 2018年4月1日より全国展開へ

 JTBグループで様々なコミュニケーションサービスを提供する株式会社JTBコミュニケーションデザイン(東京都港区、代表取締役社長:細野 顕宏、以下JTBコミュニケーションデザイン)は、2018年4月1日から、全国9エリア(北海道、東北、東京、北陸、中部、関西、中国、四国、九州 ※沖縄県と一部離島を除く)で電力供給を開始します。
 JTBコミュニケーションデザインは、「地方創生・観光立国」推進の取り組みの一環として、2017年5月から、地域の観光・宿泊・レジャー施設などの観光関連の事業者を対象に、電力供給事業を展開しています。安定した電力の供給と電気料金の削減を実現するため、2016年4月から約1年間かけて、電力販売のための営業体制と電力の使用予測、電力の仕入、顧客管理などをおこなう需給管理体制を内製化し、事業者が安心して利用できる事業体制を構築してきました。2016年6月3日に小売電気事業者として登録 (登録番号A0306) を受け、2017年5月1日から、中部エリアの観光・宿泊・レジャー施設などへ電力を供給しています。

 これまでの中部エリアでの電力供給では、ご要望水準の削減率を示すことで、既に100件以上の契約を承っていることから、今回、2018年4月からの供給エリアの拡大を決定しました。JTBコミュニケーションデザインは、4月1日にJTBグループ内のコミュニケーション事業4社を経営統合することにより、営業拠点を6エリア(東京・大阪・東北・名古屋・北陸・福岡)に拡大します。また、JTBグループ内の営業ネットワークとの連携もさらに拡大することで、全国の観光・宿泊・レジャー施設などの観光関連の事業者をはじめとした全国の高圧の施設へ、きめ細やかな営業サービスの提供を目指すとともに、電気料金の最適化を進めていきます。

 「地方創生・観光立国」の実現には、財源づくりをはじめ、デジタル対応、多言語対応、集客施策、人材育成など、ハード面、ソフト面へのさらなる取り組みが必要となります。JTBコミュニケーションデザインは、「地方創生・観光立国」の実現に向け、電気料金削減を通して観光関連の事業者様の経営資源の確保に寄与するとともに、今後も地域に向けた様々なソリューションをご提供することで、地域における新たなコミュニケーションを創造し、地域経済活性化に貢献していきます。

・JTBコミュニケーションデザイン 電力供給事業についてのWebページ:
https://www.jtbcom.co.jp/service/socialsolution/electricity/

<一般のお客様からの問い合わせ先>
 JTBコミュニケーションデザイン ソーシャルビジネス局 03-5657-0622

<電気料金の削減例>
クライアント:中規模旅館
契約電力:約200kW
年間電気料金:約1,000万円(削減前)
年間削減額:約15万円~120万円 ▲1.5%~12%削減
クライアント:中規模ホテル
契約電力:約300kW
年間電気料金:約1.500万円(削減前)
年間削減額:約22.5万円~225万円 ▲1.5%~15%削減

<観光施設様への導入実績例>

昼神グランドホテル天心様昼神グランドホテル天心様

伊勢湾フェリー様伊勢湾フェリー様

治部坂高原スキー場様治部坂高原スキー場様

岩戸屋様岩戸屋様

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社JTB >
  3. JTBコミュニケーションデザイン 電力供給 2018年4月1日より全国展開へ