東京医療保健大学 女子バスケットボール部 永田萌絵選手・岡田英里選手・藤本愛妃選手の3名が、『第30回ユニバーシアード競技大会(2019/ナポリ)』に出場決定!

 学校法人 青葉学園が運営する東京医療保健大学(本部:東京都品川区、理事長:田村哲夫、学長:木村哲)の女子バスケットボール部から、永田萌絵選手、岡田英里選手、藤本愛妃選手の3名が、イタリアにて開催される『第30回ユニバーシアード競技大会(2019/ナポリ)』に出場することが決定いたしました。ユニバーシアードは、 国際大学スポーツ連盟(略称 FISU)が主催する2年に1度の総合競技大会で、全世界の学生たちが集まり、様々な競技の試合が行われることから、「学生のためのオリンピック」と言われています。

 本学の女子バスケットボール部は、恩塚亨監督の指導のもと、 2017年から2年連続で全日本大学バスケットボール選手権(インカレ)で優勝を果たすなど、新興チームながら躍進を遂げています。
   今回のユニバーシアードに出場する12名のうち、東京医療保健大学からは、3名が選出されており、これは今回1つの大学からは最多出場です。藤本選手は、前回大会も出場しており、銀メダル獲得に貢献しています。今回初めての出場となる永田選手は本学女子バスケットボール部で主将を務めており、昨年のインカレでは最優秀選手賞を受賞しました。岡田選手は昨年の怪我を乗り越え、本年は、大学生の日韓戦である「第42回李相佰盃日韓学生バスケットボール競技大会」の日本学生選抜チームメンバーに選ばれた選手です。3人を含む日本代表の活躍に期待がかかります。

■ 第30回ユニバーシアード競技大会(2019/ナポリ)とは
 2019年7月3日(水)から14日(日)までイタリアのナポリで開催される大学生の総合競技大会。バスケットボール、サッカー、水泳などをはじめとした15競技の試合が行われます。
 女子バスケットボール日本代表は、2017年に50年ぶりの銀メダルを獲得しました。本年こそは、金メダルを獲ることを目標に掲げ、強化合宿を実施しています。

■出場選手プロフィール

●永田萌絵(ながたもえ)選手(医療保健学部 医療栄養学科 4年生)
1997年生まれ、長崎県出身  ポジション:フォワード

高校時代はインターハイやウインターカップの出場はなかったものの、
東京医療保健大学に入学してから一気に成長。
昨年は、インカレで最優秀選手賞を受賞。
本年からは主将を務めており、チームを牽引している。

コメント:いつも応援して頂きありがとうございます。ユニバーシアードでは金メダルを取れるように精一杯頑張ります。自分の持ち味であるアグレッシブさを前面に出してチームに貢献したいと思いますので、応援よろしくお願いします。
 

●岡田英里(おかだえり)選手(医療保健学部 医療情報学科 4年生)
1997年生まれ、茨城県出身  ポジション:ガード
1年次からインカレに出場したが、昨年は手の骨折で長期離脱し、苦しい時期が続いた。本年は「第42回李相佰盃日韓学生バスケットボール競技大会」の日本学生選抜チームメンバーにも選ばれ、再び活躍が期待されている。

コメント:自分らしく思いっきりプレーして、優勝できるように頑張ります。とくに、ガードとして常に強気でゴールにアタックし続けて チームに良い流れを起こせるようにします。ご声援のほど、よろしくお願い致します。

 

●藤本愛妃(ふじもとあき)選手(医療保健学部 医療情報学科 4年生)
1998年生まれ、徳島県出身  ポジション:センター

父親が元プロ野球選手、母親が女子バレーボール全日本 バルセロナ五輪・
アトランタ五輪出場選手というアスリート一家の長女。
高校在学中は8回日本一の座を獲得している。
前回のユニバーシアードにも出場しており、銀メダル獲得に貢献。

コメント:日本の特徴でもある攻守の切り替えの早いバスケットボーは、私自身の強みでもあります。その強みを、日本の勝利のために最大限発揮してきます。また、前大会での悔しさをはらし、優勝できるようにプレーしますので、応援よろしくお願い致します。
 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 学校法人青葉学園 >
  3. 東京医療保健大学 女子バスケットボール部 永田萌絵選手・岡田英里選手・藤本愛妃選手の3名が、『第30回ユニバーシアード競技大会(2019/ナポリ)』に出場決定!