ゴミ削減を目指してマイボトル取り扱い店検索アプリ「MyBottle」がLikePay.dev Academyの会員メンバーに ノーコードで開発されました

株式会社LikePay(本社:東京都港区、代表取締役:ヴォロシオフ・イーゴリ、以下当社)が運営するノーコードオンラインスクール「LikePay.dev Academy」の会員メンバー、西島佑輔氏がゴミ削減を目指してマイボトル取り扱い店検索アプリ「MyBottle」をノーコードで開発したことをお知らせします。


今回当社代表ヴォロシオフ・イーゴリ氏が、ノーコードでMyBottleアプリを開発した西島佑輔氏とQ&Aセッションを行い、その質問と西島氏の答えの内容を公開します。

■Q&Aセッション

Q:アプリについて教えてください。
A:このアプリはユーザーによりカフェ、タピオカ、スムージーのお店のマイボトル利用可否情報、割引情報を入れて頂くことで、どのお店でマイボトルを利用出来るのか発見できるアプリです。多くの人がマイボトルを利用することで飲み物によって創出されるゴミを削減することが出来ます。このアプリを通して多くの人にマイボトルを利用することの楽しさを知って頂けると嬉しいです。またユーザーが増えることにより、全国の良いお店を探すことが出来ることを願っています。


Q:アプリ開発にはどういう背景がありましたか?

A:普段からタピオカ、スタバを飲む自分にとって外にゴミ箱がないのはとても不便だと感じていた。どうしたらゴミ箱を増やせるのか、ゴミ箱に変わるサービスを考えた。ネットで調べるとゴミ箱が撤去された理由、日本のゴミ問題の情報が多く出てきた。ゴミ箱やゴミ箱に変わるサービスが生まれてしまったらゴミを捨てることに抵抗感を無くしてしまう。どうすればよいのか?親に相談するとマイボトルを勧められた。マイボトルについて調べるとを利用出来るチェーン店は多く、割引も行っていた。初めてスターバックスでマイボトルを使ってみたが、20円の割引があり、自分が持っていたマイボトルのサイズは大きすぎたが、店員さんが優しく対応してくれた。自然に優しく、保温性の高いマイボトルはゴミ箱を探す苦労も無くした。ゴミを排出しないことによるエコ意識は楽しさにも繋がった。もっと多くの人にマイボトルの良さを知って欲しい、普段排出するゴミに対する意識を変えることの大切さを伝えたいと思いアプリを開発しました。マイボトルの利用出来る店舗、割引情報、推奨マイボトルサイズなど有益な情報を発信していくプラットフォームにしたいです。

Q:ノーコードで開発する経験について教えてください。

A:NoCodeでアプリを作るメリットはエンジニア無しでプロトタイプを作れる点です。アイデアを実際にどこまで形に出来るのかも確認出来るのが良いです。初めにGlideを使いましたが使い方が分からず、Adaloは紹介動画を見た感じパワーポイントを作成するようで簡単そうに見えたのでAdaloにしました。


初めにチュートリアルの動画とAdaloのYouTube公式チャンネルの動画を全部見て基本動作を覚えました。動画でしゃべる方が遅い場合は速度を1.5、2倍速にするのがおススメです。つまずいたときはヘルプページ参照、Facebookのフォーラムページで質問して乗り越えました。ほとんどフォーラムページにいたNathanと言う方に助けられました。何時間も時間を費やして分からないときは、質問するのはアリだと思います。基本的な画面は2-3日で出来ますが、自分が付けたい機能や文章編集などを加えると2、3週間かかりました。また毎日同じ画面を見るのは辛いです(笑)。私はコワーキングスペースで同じ曲を聞きいたり、友達とメッセージしながら作業していました(笑)。誕生日までに終わらせると心構えましたが一日遅れでMVPが終わりました。必ずいつまでに終わらせると期限付けしないと、ダラダラやることになります。

Q:現時点では、MyBottleの事業はどこまで進んでいますか?

A:とりあえずMVPが終わりSDGs関連のFacebookグループにMVPを公開しました。

Q:次のステップは何ですか?

A:次はアップルストアとGoogleストアにサービスを出したいです。
また多くのカフェに訪れて登録地点を増やし、カフェの方とお話したいです。

Q:どういうリリースが必要ですか?

A:多くのユーザーとお店の登録が必要になります。いわゆる鶏と卵問題です。
またどのように多くの人にマイボトルに切り替えて頂くかのアイデア構築がより必要です。

■LikePay.dev Academyのサポートについて

西島氏は、LikePay.dev AcademyのPRO会員メンバーで、今回のアカデミーのサポートについてもコメントを頂きました。
”1人で初めてのアプリ開発で途中で諦めてしまいそうでしたが、イーゴリさんのサポートで最後まで出来ました。
起業経験のある方なので、アップルストアでのリリースの仕方など、アプリ開発ならではの質問も答えて頂きました。” - と西島氏が言います。

■MyBottleアプリについて

MyBottleアプリは現在App Storeからダウンロードできます。アクセスURLはこちらです。

https://apps.apple.com/jp/app/mybottle/id1543907764

現在は無料でアプリを使えます。

■MyBottleお問合せ方法について

MyBottleに関してお問い合わせしたい方、以下のメールアドレスで直接に代表の西島氏にお問い合わせできます。

ysk.west1204aqua@gmail.com

■LikePay.dev Academyについて

よりイノベーションの起こりやすい世界を作りたいというミッションで、当社のオンラインスクール「LikePay.dev Academy」は、コーディングを必要としないプロダクト開発方法「ノーコード」の教育とメンタリングで起業・新規事業をサポートしています。

会員プランによって利用者が活用できるリソースはこちらです:
・現在70本以上のプレミアムのノーコード学習動画へのアクセス
・自由に予約できる現役スタートアップによるメンタリング
・ノーコードワークショップへの無料参加
・ノーコードを利用する仲間同士のコミュニティ

アカデミーのURLはこちらです
https://academy.likepay.dev/

入学前に相談したい方は、無料体験レッスンにお申込みできます
https://academy.likepay.dev/free-lesson

【会社概要】

会社名:株式会社LikePay
所在地:〒105-0001 東京都港区虎ノ門四丁目3番1号城山トラストタワー4階
代表者:代表取締役 ヴォロシオフ・イーゴリ
設立:2018年8月16日
URL:https://academy.likepay.dev/
 


事業内容: 

(1)SNSの投稿についた「いいね!」が、店舗でのサービス利用時に割引として使用できるサービスを提供
(2)インスタグラムアカウントのチェック・インフルエンサーの広告効果予測ができるシステムを提供
(3)ノーコードでWebサイト制作やアプリ開発ができるようになるオンラインスクールの運営
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社LikePay >
  3. ゴミ削減を目指してマイボトル取り扱い店検索アプリ「MyBottle」がLikePay.dev Academyの会員メンバーに ノーコードで開発されました