「#シマホ ペットチャリティ」プロジェクトによる保護動物活動に取り組みます

 株式会社島忠(本社:埼玉県さいたま市 代表取締役社長 岡野恭明 以下、島忠)では「#シマホ ペットチャリティ」プロジェクトと題し、地域の社会問題である「保護動物問題」を地域の動物愛護団体と取り組み、解決を図ってまいります。

#シマホペットチャリティ#シマホペットチャリティ


[URL]https://www.shimachu.co.jp/hogoneko/index.html
  • #シマホ ペットチャリティ とは
 「人とペットの共生社会」を目指す島忠が行う保護動物プロジェクトです。私たちが日々穏やかに暮らす日本では、家族と幸せに暮らすことができる動物たちがいる一方、様々な理由で家族と暮らせない「保護動物」たちがいます。そんな保護動物たちの存在をお客様に知って頂き、地域に存在する保護動物たちを救うため、日々奮闘する「動物愛護団体」たちをサポートし不幸な想いをする動物たちを少しでも減らすために誕生したプロジェクトです。
 島忠が運営するホームセンターでは保護動物の譲渡会をはじめ、地域の動物愛護団体への売上金の一部の寄付や保護動物の里親への迷子札プレゼントなどの動物愛護活動を実施しております。今後ホームセンター全店56店舗(2020年12月末時点)において保護動物譲渡会の実施を行う予定です。
 また、2020年12月にオープンした「島忠・ホームズ西川口店」においては、埼玉県及び川口市と地域のお客さまへ向けて動物愛護啓発の取り組みを行っています。
  • #シマホ ペットチャリティ 取り組み内容
●ホームセンター全店舗での取り組み
・動物愛護団体への売上金の一部の寄付
・地域行政による動物愛護活動紹介のカタログ設置
・ペット用品部門における各種チャリティキャンペーン(不定期開催)

●一部店舗での取り組み
・保護動物譲渡会の実施
・保護動物の里親への迷子札のプレゼント
・寄付物資募集ボックスの設置+団体様への寄付
・廃棄予定フードの団体様への寄付活動

●島忠ホームズ浦和南店・島忠ホームズ与野店での取り組み
・ペット生体の陳列販売の終了
・島忠公認の適正飼育を行うブリーダーの紹介

 昨今社会問題として取り上げられることの多い「動物の殺処分問題」において、人とペットの共生社会を目指すことを、島忠は企業として向き合わなければいけない課題であると認識しております。

 そこで、2017年より「お買い物でネコダスケ」と題した取り組みを開始し、動物愛護活動に取り組む団体への寄付活動を開始し、一部店舗での保護動物譲渡会などの動物愛護活動に取り組んでおりました。2020年からは、「#シマホ ペットチャリティ」プロジェクトをと称し、一部の限られた店舗での動物愛護活動だけでなく、全店舗規模での保護動物譲渡会の実施や地域行政と連携した動物愛護活動の啓発活動などを行ってまいります。

 日本では年間約40,000頭の動物が殺処分されているといわれております。(※1)その中で、島忠が所在する地域においても年間で約4,000頭の動物が殺処分されています。(※2)
 島忠では日本における「殺処分0」の達成を目指し、まずは店舗が所在する地域での殺処分を0とすることを目標に、今後とも地域の動物愛護団体様と協力し、取り組みを進めて参ります。

※1 平成30年度 環境省統計資料より
※2 平成30年度 環境省統計資料より店舗所在地域における殺処分数を抽出


■島忠について
 島忠は、家具とホームセンターを主軸に、住まいの事ならなんでもそろう総合センターを目指して、首都圏を中心に現在61店舗を展開しております。便利であるのはもちろん、お客様にワクワクするような新しい発見や体験を提供し、地域社会の豊かで快適な暮らしに貢献できるよう取り組んでまいります。

【会社概要】
会 社 名:株式会社島忠
本    社:埼玉県さいたま市中央区上落合8-3-32
代 表 者:代表取締役社長 岡野 恭明
設    立:1960年6月
事業内容:家具・インテリア雑貨(カーテン・カーペット・インテリア小物ほか)、ホームセンター商品(日用品・園芸・ペット・木材・金物ほか)の小売業

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社島忠 >
  3. 「#シマホ ペットチャリティ」プロジェクトによる保護動物活動に取り組みます