イノフィスが「第5回 ロボデックス」に出展

マッスルスーツEveryをはじめ、初公開の新製品もご紹介

株式会社イノフィス(東京都千代田区、代表:折原 大吾、以下「イノフィス」)は、2021年1月20日(水)~1月22日(金)に東京ビッグサイトで開催される「第5回 ロボデックス ~ロボット 開発・活用 展~」に出展します。
イノフィスは、「世の中の問題から開発をスタートし、『人のためのロボット』を創り、人を支える」ことを行動の指針において開発を続けてきました。今回のロボデックスでは、2019年11月の発売から多くの方々にご利用いただいている中腰作業用アシストスーツ「マッスルスーツEvery(エブリィ)」に加え、本展示会が初公開となる2021年春に発売予定の「腕上げ作業用アシストスーツ」や、分野への挑戦を目指して開発した「機能訓練モデル」もあわせて出展いたします。
 
  • 出展内容
① 中腰作業の負荷を軽減する「マッスルスーツEvery(エブリィ)」
ダウンタウン・浜田雅功さん出演のテレビCMでも話題のマッスルスーツEveryは、中腰姿勢を保つ、重い物を持ち上げる、人を抱え上げるといった作業時に腰の負担を軽減するアシストスーツです。149,600円(税込)という、当社従来品に比べ3分の1以下の価格を実現したマッスルスーツEveryは、最大25.5kgfの補助⼒で動作をアシストする機能はこれまでと変わらず、重量は3.8kgと腰用のマッスルスーツ®のなかでシリーズ最軽量。農業・介護・製造・物流・建設などの作業現場での使⽤はもちろん、冬の雪かきやご家庭での介護など、さまざまなシーンでご利用いただけます。
マッスルスーツEveryブランドサイト https://musclesuit.co.jp/



② 腕上げ作業の負荷を軽減するマッスルスーツ腕(仮称)
2021年春に発売を予定している新製品「マッスルスーツ腕(仮称)」を、本展示会にて初公開いたします。中腰作業の負担を軽減する「Every」に続き、腕上げ作業用マッスルスーツがラインナップに加わることで、より幅広い作業のサポートを実現します。果樹園での梨・ブドウ栽培のなど、一定時間、腕を上げたままで行う作業時に効果を発揮するアシストスーツです。ブースでは装着デモ体験も可能です。

 


③ ヘルスケア分野への貢献を目指す機能訓練モデル
これからの取り組みとして、ヘルスケア分野への貢献を目的に開発を進めている「機能訓練モデル」。『腿上げ』と『スクワット』の2タイプがあり、いずれも肢体不自由の患者さんがリハビリのための歩行訓練を行うことを想定しています。
腿上げやスクワットの運動を繰り返し行うことは、股関節の拘縮を軽減し、屈曲・伸展を促すため、歩行訓練の一助になる可能性があると考えられており、マッスルスーツの「人工筋肉」の技術を応用した製品開発を進めています。

機能訓練モデル 【左】腿上げ 【右】スクワット機能訓練モデル 【左】腿上げ 【右】スクワット

 

 
  • 第5回 ロボデックス ~ロボット 開発・活用 展~ 開催概要
【会期】2021年1月20日(水)~1月22日(金)
【会場】東京ビッグサイト 青海展示棟
【主催】リード エグジビション ジャパン 株式会社
【小間番号】A13-001
【URL】https://www.robodex.jp/


イノフィスは「生きている限り自立した生活を実現する」をミッションとし、少子超高齢社会における課題先進国の日本から世界へ向けて、より多くの方が生涯にわたって活躍し続けられるよう、今後も人によりそった製品の開発、提供に努めてまいります。

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社イノフィス >
  3. イノフィスが「第5回 ロボデックス」に出展