CompTIAゴールドパートナー認定を取得いたしました

アイエスエフネット内のCompTIA資格取得者数1,587名を突破!

ITインフラのソリューション構築を中心に、クラウドソリューションや、ネットワークシステムの構築・保守・運用サービスを提供する株式会社アイエスエフネット(本社:東京都港区、代表取締役:渡邉幸義、社員数:2,336名)は、7月1日、CompTIAのカテゴリ「CAPP(CompTIA Authorized Partner)」にてゴールドパートナー認定を取得いたしました。
◆「CompTIA」のゴールドパートナーとは
アイエスエフネットは、創業以来、無知識・未経験の方を採用し、エンジニアのスペシャリストを育成するビジネスモデルを展開しています。
CompTIAに関して、CompTIA認定資格、BCSAのトレーニングコースを提供しており、アイエスエフネット所属のインストラクターは、提供される認定資格を取得、またはBCSAを受診しております。それらの取り組みの末、1,587名(※)のCompTIA資格取得者を輩出してまいりました。
これらの資格取得支援の活動が認められたことにより、今回ゴールドパートナーの認定を受けました。(※2020年4月時点)
育成のためのスキルアップ支援として、今後も資格取得を励行し、環境整備を行うことに注力し、多くの社員がさまざまなベンダー資格やIPAの資格取得を支援いたします。
(当社資格取得者数について:https://www.isfnet.co.jp/aboutus/qualification.html)
 

ゴールドパートナー認定ゴールドパートナー認定



◆CompTIAの資格制度の導入背景と効果
ITインフラ環境のマルチクラウド化が進む現在、さらに多様化するニーズに応えるエンジニアが必要とされています。体系的に知識を習得できるCompTIAの導入は、効果的なスキルアップの手段として有効なものであると考え、資格取得支援をさらに充実していくため、2019年1月、CompTIAを導入いたしました。
導入することで、エンジニアのスキルアップにつながり、お客さま満足度の向上と、エンジニア自身の待遇改善を実現しておます。


◆株式会社アイエスエフネット概要

アイエスエフネット、ロゴアイエスエフネット、ロゴ

代表:渡邉 幸義
住所:東京都港区赤坂7-1-16オーク赤坂ビル 3階
設立:2000年1月12日
アイエスエフネットは、約2,000名のクラウド、サーバー、ネットワークセキュリティなどのITインフラエンジニアが在籍し、お客さまの導入する情報通信システムに対するニーズに合わせ、幅広いソリューションを展開するITインフラ企業です。日本全国19カ所の拠点に加え、中国、韓国、インドにも拠点を展開(2020年1月1日時点)。
当社HPはこちら:https://www.isfnet.co.jp/



※当リリースに掲載されている内容、お問い合わせ先、サービス・製品の価格、仕様、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。あらかじめご了承ください。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社アイエスエフネット >
  3. CompTIAゴールドパートナー認定を取得いたしました