アジラ、アイシン精機と公共モビリティの実証実験を開始

自動運転バスにおける車内転倒事故の防止に向けて

株式会社アジラ(本社:東京都町田市、代表取締役社長兼CEO:木村 大介、以下「当社」)は、アイシン精機株式会社(本社:愛知県刈谷市、取締役社長:伊勢 清貴)と共同で、国立研究開発法人産業技術総合研究所が経済産業省、国土交通省から受託した「中型自動運転バス実証実験事業」において、バス運行事業者として選定された大津市および京阪バス株式会社の実証実験に参画することをご報告いたします。

大津市における京阪バスとの公共モビリティの実証実験において、当社はアイシン精機株式会社と共同で、実車両環境下における乗客の転倒リスク通知システムに関する実証を行うことにより、実用化に向けた課題を洗い出すことを目的としています。

 

転倒リスク通知のイメージ(車掌用モニター画面)転倒リスク通知のイメージ(車掌用モニター画面)


具体的には、当社のエッジ向け姿勢推定アルゴリズム「AsillaPoseV3」を活用し、多様な環境下でも正確に複数の乗客の姿勢を時系列で推定し分析することで、乗客の車内での転倒を未然に防止し、安全を第一に考えた公共モビリティサービスの創出に寄与します。

今後、高齢化・過疎化が進む日本社会において、公共モビリティの自動化は必要不可欠である一方、これまで運転手の皆様が担っていた気配り、心遣いといった乗客への配慮を、当社の「優しいAI」を活用することによって補完・再現し、公共モビリティのホスピタリティ向上に貢献して参ります。

■ お問い合わせ先
お問い合わせフォーム
https://www.asilla.jp/#inquiry

■ 株式会社アジラについて
会社名:株式会社アジラ
事業内容:AI-OCR『ジジラ』及び、⾏動認識AI『アノラ』の開発と販売
URL:https://www.asilla.jp/
設立:2015年6月
代表者:代表取締役 木村 大介
資本金:56,125千円
所在地:東京都町田市中町一丁目4-2
ビジネス拠点:東京都千代田区大手町1丁目6番1号 大手町ビル6階 Inspired.Lab内


 ※「アジラ」及び「ジジラ」の名称・ロゴは、日本国およびその他の国における株式会社アジラの登録商標または商標です。
※記載されている会社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。
※プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社アジラ >
  3. アジラ、アイシン精機と公共モビリティの実証実験を開始