台湾のエレベータ工場で設備増強を完了

生産効率を高め1,000台の生産体制を構築

フジテック株式会社(本社:滋賀県彦根市、社長:岡田 隆夫)のグループ法人フジテック・タイワン(本社:台北市、総経理:陳志強)は、新竹県のエレベータ工場(新竹工場)の設備増強を完了しました。
新竹工場は、主に台湾市場向けにエレベータの生産に加え、グローバル向けにモダニゼーション商品の輸出を行っています。このたび、台湾市場でのシェア拡大、ならびに生産・オペレーション戦略における価格競争力の強化を目的に、設備増強を行いました。板金加工の自動化ラインや溶接ロボットなどを導入し、設備の一部は夜間の無人稼働を可能にしました。これにより、生産性が向上し、商品の価格競争力を高めます。新竹工場は2024年度に年間1,000台の生産体制を構築し、中期経営計画“Vision 24”におけるグローバル事業のさらなる拡大を目指します。

新竹工場の外観新竹工場の外観

【 新竹工場 概要 】
所在地 No.12, Wen Hua Road, Hu-Kou Shiang, Hsin-Chu Hsien, Postcode:303 Taiwan R.O.C.(新竹工業団地内)
生産機器 エレベータ 新設、モダニゼーション機器生産(台湾、グローバル向け)
工場稼働年   1981年
敷地面積 約12,000㎡


【 新竹工場の環境貢献 】
台湾のグリーンエネルギー政策へ賛同し、工場の屋根を太陽光発電事業者に貸し出しています。事業者は太陽光発電パネルから年間17万kWhの電力を発電しており、グリーンエネルギーの創出に貢献しています。また、発電パネルの設置により屋根に直射日光が当たらず、工場内の温度を下げ、作業環境を向上することにも寄与しています。

【 フジテック・タイワン 概要 】

所在地 台湾・台北市
設立 1980年
事業内容 昇降機の製造、販売、据付、保守、修理
親会社との関係 連結子会社
台湾内の拠点数 8拠点

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. フジテック株式会社 >
  3. 台湾のエレベータ工場で設備増強を完了