【リビエラ逗子マリーナ】に2020年3月26日(木)開業するラグジュアリーホテル『MALIBU HOTEL』の宿泊予約を本日11月26日(火)11時より開始しました

日本初上陸のレストラン『MALIBU FARM』も2020年3月26日(木)同時オープン

株式会社リビエラリゾート(グループ本社:東京都港区 代表取締役社長 小林昭雄、以下リビエラ)は、リビエラ逗子マリーナに建設中の『MALIBU HOTEL(以下マリブホテル)』のグランドオープンを、2020年3月26日(木)に決定しました。また『マリブホテル』の宿泊予約を、本日2019年11月26日(火)11時より受付開始します。

【宿泊ご予約方法】
2019年11月26日(火)11時より、オフィシャルホームページにて承ります。
公式ホームページ:https://www.riviera.co.jp/malibuhotel/

マリブホテル2020年3月26日開業マリブホテル2020年3月26日開業

 

 古都・鎌倉から10分、リビエラ逗子マリーナ(神奈川県逗子市小坪5丁目-23-16)にオープンする『マリブホテル』は、全11室が50㎡~93㎡のオールスイート、海を望む富士山ビューのスモールラグジュアリーホテルです。また、L.A.マリブでセレブに人気を誇る日本初上陸のレストラン『MALIBU FARM (以下マリブファーム)』をリビエラ逗子マリーナ内に同時オープンいたします。
 クルージングやフィッシングといったアクティビティの他、「CLAYD SPA in MALIBU HOTEL(以下クレイド スパ イン マリブホテル)」では、日本初となる食事とクレイドスパが融合したプランが登場。スーパーフードやヘルシーフードを活かしたお料理で、身体の内側と外側から綺麗になり、本来の自分をパーフェクトに呼び覚まします。開業を機にリビエラ逗子マリーナは滞在型マリーナリゾートに生まれ変わります。

■客室

 全11室が50㎡以上のオールスイートの客室は、全室から海を望む富士山ビューです。ロサンゼルスのインテリアデザイナートップ20に選ばれる「ALEXANDER DESIGN(アレキサンダーデザイン)」のインテリア監修により、客室ごとに異なる眺望とスタイルの違う上質な空間は、テラスやバルコニーまで自由に使って寛げます。専用のアプローチやガーデンテラスを設えた「プライベート ヴィラ」では愛犬とも宿泊可能で、ペットも家族の一員という方々にも自由度の高いリゾートステイを叶えます。ルームサービスでは、新規開業する『マリブファーム』のお料理を客室へお届けする他、宿泊者のみお召し上がりいただける特別な日本料理のメニューを用意しており、またお部屋に併設したガーデンテラスやバルコニーでもお召し上がりいただけます。さらに、災害時に電気自動車からホテルの照明やコンセントに電力が供給できるV2B(Vehicle to building)のシステムを導入した日本初のホテルとなり、エコロジーと防災にも配慮したホテルを目指しております。

ザ マリブ スイート 93㎡/バルコニー51㎡ザ マリブ スイート 93㎡/バルコニー51㎡

 

マリーナ ビュー スイート 50㎡/バルコニー7㎡マリーナ ビュー スイート 50㎡/バルコニー7㎡

 

プライベート ヴィラ 50㎡/ガーデンテラス41㎡ 愛犬とも宿泊可能な「ドッグフレンドリールーム」プライベート ヴィラ 50㎡/ガーデンテラス41㎡ 愛犬とも宿泊可能な「ドッグフレンドリールーム」

 

宿泊者のみお召し上がりいただける特別な日本料理のメニュー宿泊者のみお召し上がりいただける特別な日本料理のメニュー

 

  • マリブホテルについて
    <名称> MALIBU HOTEL(マリブホテル)
    <住所> 神奈川県逗子市小坪5-23-16 リビエラ逗子マリーナ内
    <開業> 2020年3月26日(木)予定
    <予約> 2019年11月26日(火)11:00より開始
    <客室> 4階建/全11室(50㎡~93㎡)/全室ツイン/全室バルコニー付(7㎡~51㎡)/1室 9万円~
    <施設> レストラン2店舗/BAR2店舗/テラスラウンジ/スパ/マリーナ/バンケット5会場/
                 テニスコート4面/チャペル
    <交通> JR鎌倉駅よりバス10分/JR逗子駅よりバス10分


■レストラン&バー

レストラン 席数
リストランテAO 逗子マリーナ 店内:65席 テラス:30席
マリブファーム 逗子マリーナ 店内:55席 テラス:75席
マリブファーム バー 8席
メイン バー 10席


マリブファーム

 セレブのビーチハウスが建ち並ぶ L.A.屈指の景勝地マリブ。その象徴であるマリブピアに佇み、絶大なる人気を誇るレストランが日本初上陸で、このリビエラ逗子マリーナに『マリブホテル』と同時グランドオープンします。
『マリブファーム』は、「FRESH,ORGANIC,LOCAL」がコンセプトのレストランです。オーナーシェフのヘレン・ヘンダーソンさんが提供する料理は、海外セレブをはじめ、地元の住民のみならず観光客にも人気を博し、アメリカを中心に7店舗展開しています。リビエラ逗子マリーナ内の『マリブファーム』では、現地のレシピを軸に、地元鎌倉の新鮮野菜や相模湾の魚介類を使用した日本限定メニューも登場します。現地でも人気の「ブラータチーズとフルーツのサラダ」や、日本限定のスペシャルレシピ「クラムチャウダー マリブファームスタイル」を是非お試しください。

 

Helene Henderson(ヘレン・ヘンダーソンさん)、マリブファームのオーナーシェフHelene Henderson(ヘレン・ヘンダーソンさん)、マリブファームのオーナーシェフ


■クレイド スパ イン マリブ ホテル

 

 

 アメリカ西海岸の砂漠地帯の地中深くから採掘される、純粋な天然ミネラル豊富な 「CLAYD」のクレイを用いて、無農薬原料や製法など、素材にまでこだわった、ここでしか体験できないスパです。クレイは、心と身体に溜まっていく不要なものを、全身をゆるめて、手放し、流し、バランスを整えてくれます。マリブホテルでは、本国アメリカの5つ星ホテルのスパでも施術されている新しいトリートメントをご提案するとともに、日本初となるスーパーフードやヘルシーフードを活かした、食とコラボレーションしたプランが登場。相模湾に突き出た、海に囲まれたリビエラ逗子マリーナならではの環境のなかで、本来のパーフェクトな自分を呼び覚ました究極の癒しに満ちた別世界へとご案内いたします。
 「CLAYD」のクレイと一緒に使用するエッセンシャルオイルも、ナチュラルにこだわり、身体にも優しいものを使用します。自然の力をピュアに抽出した、贅沢な素材のみを施術に使用します。私たちの身体はデリケート。本来備わっている自然治癒力によって、本来のパーフェクトなあなた自身を取り戻し、生まれ変わっていくような至福の癒しをご体験ください。

■アクティビティ
 ご滞在中は、様々なオプションを選んで大自然を満喫する、体験型アクティビティをお楽しみいただけます。ホテルを拠点として、海へ、街へ、歴史的観光名所へ。

 

プライベートクルージングは目の前のリビエラ逗子マリーナから出航し、江ノ島や葉山を海から散策したり、大型カタマランヨットのセーリングや船上からのサンセット鑑賞など、プランも多彩にご用意プライベートクルージングは目の前のリビエラ逗子マリーナから出航し、江ノ島や葉山を海から散策したり、大型カタマランヨットのセーリングや船上からのサンセット鑑賞など、プランも多彩にご用意

 

■株式会社リビエラリゾートについて
「リビエラ逗子マリーナ」、「リビエラシーボニアマリーナ」、「下田ボートサービス」において、ハーバー運営や整備、ボート・ヨット販売を含めたマリーナ事業、スーパーヨット事業を神奈川県と静岡県で展開しています。さらに、高級プレジャーボートのチャーター会員制クラブ「ザ・リビエラリゾートクラブ」運営、リゾートマンションを中心とした不動産販売や管理事業を手掛け、神奈川県より葉山港の指定管理者も委託されています。都内では、1989年創業の会員制スポーツクラブ「リビエラスポーツクラブ」を営み、健康維持と余暇の側面からウェルネスを提唱しています。また、事業展開と同時に、「リビエラ未来創りプロジェクト」を通して、国連の持続可能な開発目標(SDGs)を推進しています。

■「リビエラ逗子マリーナ」について
日本有数のマリーナとして1971年に誕生した敷地面積16.3万㎡の「リビエラ逗子マリーナ」は、ヨットハーバー、レストラン(3店舗)、バンケット(5会場)、マンション(9棟1,200室)、チャペル、テニスコート(4面)等の施設を有する、リビエラグループが神奈川県逗子市で展開するマリーナリゾートです。都心から約50分の近距離にあり、湘南の海に囲まれ大海原の向こうに富士山を望む抜群のロケーションを備え、ロケ地としても有名です。

■リビエラグループのSDGs活動について
リビエラグループは、より豊かなライフスタイルをお客様に提案し新たなる感動を創造し続ける企業グループです。同時に、私たちが展開する事業は、大自然の恩恵なくしては成り立ちません。だからこそ私たちは世界中の様々な課題を自社の課題として取り組んでいます。毎月行うビーチクリーン活動や、プラスチック製ストローの廃止、自社レストランの野菜くずなどを再生させた良質な堆肥を利用する循環型有機農法を導入し、社員が栽培する野菜作りや、小学生への教育を中心とした幅広い海洋プログラムの実施を通してSDGsを推進しております。また、薄膜太陽光や電気自動車の普及活動を通して、CO₂排出削減の意識向上に努めています。2020年3月26日開業予定の『マリブホテル』では、災害時に電気自動車からホテルの照明やコンセントに電力が供給できるV2B(Vehicle to building)のシステムを導入した日本初のホテルとなり、エコロジーと防災にも配慮したホテルを目指しております。
 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. リビエラグループ >
  3. 【リビエラ逗子マリーナ】に2020年3月26日(木)開業するラグジュアリーホテル『MALIBU HOTEL』の宿泊予約を本日11月26日(火)11時より開始しました