株式会社タスキ、新型コロナワクチン接種時の特別有給休暇制度を導入

不動産テックを活用した新築投資用IoTレジデンスの企画開発を行う株式会社タスキ(本社:東京都港区、代表取締役社長:村田 浩司、証券コード:2987)は、新型コロナワクチン接種時の特別有給休暇制度を導入したことをお知らせします。全従業員がワクチン接種を受けやすいよう、接種当日と翌日を特別休暇(有給)とします。

 


 当社は、本制度の導入により、新型コロナワクチンの接種率向上に貢献するとともに、従業員が安心・安全に働ける環境を整備し、ステークホルダーの皆さまの安全を最優先としながら営業を続けることで、住環境を支えるインフラとしての役割を果たしてまいります。

 


◆ 対象者
全従業員

◆ 対象期間
政府が定めるワクチン接種終了日まで

◆ 実施内容
ワクチン接種のための特別有給休暇を接種1回あたり2日間、最大4日間付与します。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. タスキ >
  3. 株式会社タスキ、新型コロナワクチン接種時の特別有給休暇制度を導入