都内業界大手と老舗企業の業務提携で、都内タクシー5千台超へ 日本交通グループに平和自動車交通が加盟へ

横浜エリア子会社・国際交通は日本交通横浜が営業譲受予定

日本交通株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:若林 泰治、以下日本交通)は、東京23区・武蔵野市・三鷹市エリアの老舗タクシー会社・平和自動車交通株式会社(本社:東京都江戸川区、代表取締役社長:古谷田 東一、以下平和自動車)と業務提携することとなりました。
 


日本交通と平和自動車とは、2021年5月20日付で業務提携契約を締結し、平和自動車は2021年5月28日付でチェッカーキャブ無線協同組合へ脱退届を提出し、その後承認されました。秋頃を目途に「日本交通グループ」への移行を予定しています。
これにより日本交通グループは東京23区・武蔵野市・三鷹市エリアにおける法人タクシーのシェア約2割となる5,000台超の車両数(5,082台)※1となり、より充実したサービスを提供してまいります。
※1 特別区・武三交通圏における法人タクシー台数 27,437台 2021年3月31日現在 関東運輸局調べ

また、平和自動車の子会社である国際交通株式会社(本社:神奈川県横浜市磯子区、代表取締役社長:古谷田 東一、以下、国際交通)の営業権を、日本交通の子会社である日本交通横浜株式会社(本社:神奈川県横浜市戸塚区、代表取締役:金田 隆司、以下日本交通横浜)にて譲受することとなり、譲渡譲受認可申請を6月21日に行いました。申請の認可が下り次第、運営を引き継ぎます。

質の高いサービスの拡充を目指して事業規模拡大

首都圏を中心に「桜にN」マークで親しまれている日本交通は創業93年を迎え、「Japan Hospitality」をテーマに、ハイヤー・タクシーによる質の高い移動空間を提供するとともに、IT技術の導入、次世代型車両の導入など、積極的にハイヤー・タクシーの進化を目指しています。

日本交通横浜は相鉄線沿線を中心に1936年より営業するタクシー会社で、2012年6月より日本交通グループとなり、神奈川県下での質の高いタクシーサービスの提供に努めています。

平和自動車交通は、戦後間もない1949(昭和24)年にタクシー・ハイヤー業に参入し、以来長年に渡り東京・横浜を拠点に業務展開をしてまいりました。

平和自動車ならびに国際交通の日本交通グループ入りは、台数規模拡大による供給体制の充実を通じて、専用乗り場や無線・アプリ営業における相乗効果を生み、より一層の顧客利便性、満足度の向上が図れるものと期待しています。地域社会におけるこれまでの信頼と実績を大切にしながら、ニューノーマルの時代に向け、社会に欠かせないモビリティとしての進化を目指してまいります。

 グループ化対象会社の概要

 

商号 平和自動車交通株式会社 国際交通株式会社
所在地 東京都江戸川区松江3-1-8 神奈川県横浜市磯子区岡村5-19-2
事業内容 ハイヤー・タクシー事業 ハイヤー・タクシー事業
車両台数 タクシー 108台 ※2 タクシー41台、ハイヤー12台

 

※2 この他に都市型ハイヤー 12台を保有。
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 日本交通株式会社 >
  3. 都内業界大手と老舗企業の業務提携で、都内タクシー5千台超へ 日本交通グループに平和自動車交通が加盟へ