プライシングスタジオ、シリーズAファーストクローズで4.3億円の資金調達を実施

既存プロダクトの開発や新サービスの提供などの事業開発、人材採用を加速

プライシング・価格戦略に対するコンサルティング事業を手がける、プライシングスタジオ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:高橋嘉尋、以下「プライシングスタジオ」)は、シリーズAラウンド・1stクローズとして、SBIインベストメントをリードインベスターとし、既存投資家のSTRIVE、新規で複数の個人投資家を引受先とした第三者割当増資及び、大手金融機関からのデットファイナンスを合わせ、4.3億円の資金調達を実施しました。なお、今冬には2ndクローズでの追加調達を予定しています。

今後は、コンサルティングサービスやプライシング分析SaaSなど既存プロダクトの開発、新サービスの提供など、事業開発を加速するとともに、サービス拡大のための人材採用を強化してまいります。

 


  • 本資金調達の背景
プライシングスタジオは、戦略的に価格変更を行うことで企業の成長を加速させることを目的とし、2019年に創業しました。創業当初は価格分析のプロセスを自動化したプロダクト「Pricing Sprint」を活用し、SaaS・サブスクリプション企業を中心とした約50社の企業・100サービスに対してコンサルティングを行なってきました。

一方で当時、戦略的に価格変更を行う企業は珍しい存在で、価格変更に興味を持つ企業においても「重要だが緊急ではない業務」として認識されるケースが大多数でした。そんな時代を経て2022年現在、円安や原材料価格の高騰等が続き、多くの企業において価格変更の意思決定が「緊急かつ重要な業務」として捉えられています。

そういった背景も相まって、SaaS・サブスクリプション領域に限らず、食品メーカーやプロ野球チーム、メディア、ジム、クリニック、ブロックチェーン関連サービスなど他業種・業態へサービスを展開しています。また、今期年商は開始5ヶ月にして昨年対比で既に約3.4倍、最終的には10倍の着地を見込んでいます。(2022年11月1日時点)

調達資金の主な使途は、以下になります。

1. 事業拡大への投資
上述のような急激な市場の変化に対応すべく、プライシングスタジオでは既存のコンサルティング事業、ソフトウェア事業に加え、新たに顧問・アドバイザリー事業、プライシング人材のトレーニング事業を正式に開始します。

これにより、従来のプライシングの意思決定に必要な調査や分析・価格変更に向けた実行支援を一気通貫して行う「価格分析コンサルティング」に加え、プライシングに関する理論や実務の知識を体系的に学習できたり、実務の現場において担当者が価格決定を自ら行える体制の構築を支援する「プライシングトレーニング事業」や、スポットでの価格に関する諸課題の解決を支援する「プライシング顧問 アドバイザリー事業」を新たに始めることで、実行支援に終わらず、クライアント企業のプライシングケイパビリティ獲得に寄与できる事業を展開していきます。

2. 人材の採用の加速
マーケティング責任者、プライスコンサルタント、セールスのほか、CEO・COOと共に事業をに作っていくビジネスオープンポジションなど、様々なポジションで採用を強化しております。

・採用ページ:https://hrmos.co/pages/pricingstudio/jobs?
・Culture Deck:https://speakerdeck.com/pricingstudio/7

3.マーケティング活動
当社は、今後のプライシング市場を牽引していくスタートアップとして、さらなる市場拡大を見据えたオフライン・オンラインマーケティングに取り組みます。
 
  • 引受先各社からのコメント
SBIインベストメント株式会社 マネージャー 小野 晃輝 様


世界的な原材料の高騰や急速な円安といった様々な要因で値上げが相次いでいます。食料品や日用品といった身の回りの商品やサービスはもちろん、slackなどのビジネスツールにまで及んでいます。今後プライシングの見直しをする企業は増加する可能性があり、多くの顧客のプライシングの意思決定支援ができるポテンシャルを秘めていると信じています。微力ながら高橋さん率いるプライシングスタジオの益々の成長に貢献できることを嬉しく思います。

STRIVE 代表パートナー 堤 達生様


前回ラウンドに引き続き、しっかりと追加投資させて頂きました。私が投資家として最も大切にしているのは、“時代感”です。プライシングスタジオ社は、この時代感を見事に捉えて、素晴らしい成長を遂げてくれています。
また、この2年間の高橋さんの経営者としての成長が素晴らしく、確実に起業家から経営者への階段を登り始めているなと感じさせてくれました。これからの更なる成長を期待しています。


STRIVE インベストメントマネージャー 四方 智之様


2年前のサービスリリースを見て私から高橋さんにご連絡し、前回ラウンドで投資させていただいて以来、事業の仮説、そして起業家としての高橋さんの進化は目覚ましいものがあります。
直近の円安/物価高によって、多くの企業で値上げ・価格改定は事業存続のための必須条件になりました。潮の変わり目を捉えたことで、プライシングスタジオの成長角度は明確に上がっており、今後日本中の企業の成長を支える存在になっていくことを楽しみにしています。
 
  • プライシングスタジオ 代表取締役 高橋 嘉尋

原材料価格の高騰や円安などの影響で、多くの企業が製品やサービスの値上げを「緊急度の高い経営課題」とする場面が増えてきました。一方で、プライシングの領域は、これまで勘や経験で意思決定がなされることが多かった領域であり、専門人材も圧倒的に少ないというのが現状です。

私たちプライシングスタジオは、これまで密かに提供していた「トレーニング事業」、「顧問・アドバイザー事業」を正式に開始し、価格決定の実行支援に終わらず、各企業のプライシングに対するケイパビリティの向上を支援できる事業体制へとシフトしていきます。この新たな挑戦で「あらゆるビジネスパーソンにプライシングという武器を」という事業ビジョンの体現に、グッと近づくとも考えており、今からワクワクしています。シリーズA調達自体はまだ続きますが、今後も心強い仲間達と共に、クライアントの皆様にとって良きパートナーとなれるよう引き続き事業づくりに努めてまいります。
 
■ 企業情報
社名:プライシングスタジオ株式会社
代表取締役社長:高橋 嘉尋
所在地:東京都港区芝3-15-13 YODAビル 2F
設立:2019年6月26日
事業内容:プライシングにおけるコンサルティング・顧問・人材育成・SaaS事業
URL:https://pricing.co.jp
  1. プレスリリース >
  2. プライシングスタジオ株式会社 >
  3. プライシングスタジオ、シリーズAファーストクローズで4.3億円の資金調達を実施