しんきん圏央道アライアンス主催「圏央道の宝物 グランプリ 2020-2021」を開催します

平塚信用金庫(本店:神奈川県平塚市、理事長:石崎 明)を含む圏央道沿線の5つの信用金庫による連携協定「しんきん圏央道アライアンス」は、「圏央道の宝物 グランプリ 2020-2021」を開催します。
 本グランプリは、圏央道沿線地域の生産者・製造事業者同士のコラボレーションによる新たな商品開発や自社商品のブラッシュアップを目的として、本年10月より「圏央道の宝物 セミナー」を3回にわたって開催し、その成果を披露する場として開催します。詳細は下記のとおりです。

1.概要
名  称:「圏央道の宝物 グランプリ 2020-2021」

開催日時:2020年12月3日(木)10:00~18:00 予定

会  場:信金中央金庫 京橋別館(東京都中央区京橋3-8-1)

出場者数:17事業者(複数事業者によるグループを含む)※当金庫からは4事業者出場

実施部門:①調理・加工部門、②新体験部門、③スイーツ部門

主  催:しんきん圏央道アライアンス(水戸信用金庫、埼玉縣信用金庫、千葉信用金庫、平塚信用金庫、
多摩信用金庫)、にっぽんの宝物JAPAN事務局

協  力:信金中央金庫、アルピン株式会社

※本グランプリの取材を希望するマスコミの皆さまは、恐れ入りますが以下の担当あてにご連絡をお願いします。
平塚信用金庫 経営サポートセンター(担当:尾崎・小池) TEL:0463-24-3031

2.参考
(1)「しんきん圏央道アライアンス実施プロジェクト」について
しんきん圏央道アライアンスは、圏央道沿線に本・支店を置く5つの信用金庫が、地域貢献・地域創生を通じて地域経済の発展につなげることを目的とした協定です。
本プロジェクトは、日本財団「わがまち基金」からの助成を受け、圏央道沿線地域の活性化、にぎわい創出を目指し、「地域資源」と「地域産品」の地域ブランド化、魅力発信に取り組んでいます。

(2)「にっぽんの宝物プロジェクト」について
1次2次3次産業の「コラボレーション」、事業者の「アクティブラーニング体験」をキーワードに、各地域の生産物、商品、技術を国内外に紹介・販売支援を行うプロジェクトです。株式会社アクティブラーニング(本社:東京都港区:代表取締役社長:羽根 拓也氏)、にっぽんの宝物JAPAN事務局が各地域の自治体等と連携しながら全国規模で実施しています。

  1. プレスリリース >
  2. 平塚信用金庫 >
  3. しんきん圏央道アライアンス主催「圏央道の宝物 グランプリ 2020-2021」を開催します