お片づけ習慣化コンサルタント西崎彩智が小・中学校の保護者と先生を対象に「家族が幸せになる片づけ」をテーマに講演

 ママだけが頑張らないを合言葉に、自ら片づけられる人を育てごきげんな暮らしに導く
株式会社Homeport(本社:東京・港区、代表:西崎彩智)は、11月11日(金)、東大阪市立義務教育学校くすは縄手南校にて「家族が幸せになる片づけ」をテーマに講演しました。
 



 「片づけはコミュニケーション」をキーワードに、全国累計1500名以上の方が参加している「家庭力アッププロジェクトⓇ」を主宰する西崎は、講座や執筆活動の傍ら、塾や学校でも子ども達や保護者に向けて積極的に講演活動を行っています。
 今回は東大阪市立義務教育学校くすは縄手南校PTAより講演の依頼をいただき、思春期の子どもを巻き込むコミュニケーションや片づけで育まれる「生きる力」について、質疑を含め約2時間程講演しました。金曜日の夜という時間帯もあり、仕事終わりの先生方も多数ご参加いただきました。
成長とともに管理する物が増え、部活や塾等で忙しく時間がない思春期の子ども達は、そもそも片づけの目的がわからないと片づけるモチベーションはあがりません。
コミュニケーションが難しいこの時期だからこそ、保護者が片づけの目的を家族と共有しながら一緒にやること、そして見守ることの大切さをお伝えしました。




〜実施概要〜

■日時
令和4年11月11日 19時から 2時間程度

■対象
東大阪市立義務教育学校くすは縄手南校 PTA会員および教職員

■講演内容
「家族が幸せになる片づけ」 講師:(株)Homeport代表 西崎彩智
・片づけの目的を考える
・思春期のお子さんに起こっていること
・子ども達にとっての「片づける」とは
・思春期のお子さんの保護者ができることは
・最後に(幸せな家族のために)

 



■参加者から寄せられた感想の一部
・「まずは自分からやってみる」が心に残りました。出来ることから少しずつ始めたいと思い ます。

・片づけができることでこんな良いことがあるということを改めて知ることができました。自 分が今までどれだけ甘えてきたかグサグサ刺さりました。

・片づけをもっと深く掘り下げたくなりました。

・片づけは子どもの自立を育むためのものであることが重要だとわかりました。片づけは手段 であり、最終的なゴールを目指して楽しみながら片づけに取り組んでいこうと思いました。

・我が家のことを言われているようで恥ずかしくなりました。色々な反省が湧いてきたので、 年内に家族で片づけてコミュニケーションを豊かにしていきたい。片づけが我が子の自立に こんなに大切なことだと知って目から鱗でした。ありがとうございました。

・クラスの子ども達で片づけが苦手な子にどのように声をかけようか悩んでおり、今日のお話 でたくさんヒントをいただきました。「部屋は心の状態を現す」と実感することがつい最近 ありドキッとしました。

・受験生が勉強に集中しやすい環境にするために常に片づいている教室にしようと思いまし  た。そのためには自分一人で片づけるのではなく、クラス全員と協力して作り上げる必要が あると感じました。

Homeportはこれからも家族みんながごきげんに暮らすためのサポートを続けてまいります。

■講演の様子




■講師紹介
西崎 彩智(にしざき・さち)
株式会社Homeport 代表取締役/お片づけ習慣化コンサルタント。片づけ・自分の人生・夫婦間のコミュニケーションを軸に、ママたちが自分らしくご機嫌な毎日を送るための「家庭力アッププロジェクト®︎」や、子どもたちが片づけを通して”生きる力”を養える「親子deお片づけ」を主宰。


Homeport 会社概要
会社名:株式会社Homeport
所在地:東京都港区芝大門1丁目1-23 Axon HAMAMATSUCHO 201
代表者:西崎 彩智
設立:2019年
URL:https://nishizakisachi.com/
事業内容:家庭力アッププロジェクト®️をベースにした研修・コンサルタント
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Homeport >
  3. お片づけ習慣化コンサルタント西崎彩智が小・中学校の保護者と先生を対象に「家族が幸せになる片づけ」をテーマに講演