【製造業現場改革システム】2021/06/23 勤怠&顧客管理システムの搭載をスタートしました

オーダーメイド型電子帳票システム「カカナイ」

スマートファクトリーで変革する製造現場

スマートファクトリーとは、一般的にデジタルデータ活用により業務プロセスの改革、品質・生産性の向上を継続発展的に実現する工場と定義されています。

スマートファクトリーは、あらゆるモノをインターネットに接続する「IoT(Internet of things:モノのインターネット)」の考え方に基づいたものです。スマートファクトリーではIoTに加えてAI(人工知能)を用いることにより、生産ラインや稼働の効率化を目指します。

ドイツでは「インダストリー4.0」と呼ばれる製造業のデジタル化を目指す国家プロジェクトが稼働しており、スマートファクトリーはそれを具現化する手段として位置づけられています。

スマートファクトリー化のメリット

スマートファクトリーで工場内の機器・設備をインターネットに接続することにより、稼働状況の把握、エネルギーの消費量の可視化、情報の蓄積といったことが可能になります。

工場内の状況をデジタル化することにより、生産やエネルギーの消費において非効率な部分が可視化され、効率的な稼働を実現できるのがスマートファクトリー化するメリットです。

工場の規模が大きくなるほどエネルギー消費量が増えるため、稼働の効率化による省エネ効果が期待できます。

製造現場の改革を可能にする「カカナイ」

株式会社マウンテンゴリラからリリースされた電子帳票システム「カカナイ」は、上記で挙げた製造業のスマートファクトリー化を可能にします。
「カカナイ」は現在現場でお使いの帳票をそのまま電子化し、クラウドやサーバーで管理するシステムです。
今回、この「カカナイ」にオプションとして勤怠管理・顧客管理できるシステムを搭載することが可能になりました(※要見積もり)。
このことにより「カカナイ」は更にパワーアップし、タブレット一台で現場のあらゆる管理システムを一元管理することができます。この機会に是非、製造現場のスマートファクトリー化に取り組んでみては如何でしょうか。
カカナイHP

https://kakanai.com/lp/?media=pt210622

カカナイ電話窓口

大阪:06-6657-5365

東京:03-4400-2470
カカナイ運営会社

株式会社マウンテンゴリラ
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Mountain Gorilla >
  3. 【製造業現場改革システム】2021/06/23 勤怠&顧客管理システムの搭載をスタートしました