QRコードを利用したインボイス規格「QRインボイス」を発表

~より正確かつ容易に紙媒体によるデジタルデータの運用が可能に~

電子インボイス支援研究会(EIS)に所属する株式会社フリーウェイジャパン(本社:東京都中央区、代表取締役:井上達也、以下フリーウェイジャパン)は、この度、QRコードを利用したインボイス規格「QRインボイス」を発表いたします。
2021年9月に設立された電子インボイス支援研究会は、2023年10月に導入が予定されている、「適格請求書等保存方式(インボイス制度)」をにらみ、QRコードを利用したインボイス規格「QRインボイス」を発表いたします。紙による領収書、見積書、請求書などアナログな取引書類の取引情報をQR化し、取引書類に印字して先方に渡すことにより、正確かつ容易に紙媒体によるデジタルデータを運用できます。

【QRインボイスの背景】
国内では電子インボイスが検討されていますが、中小企業が全ての取引を電子取引対応するには時間がかかり、非効率な紙取引を維持したまま新制度を迎えることが懸念されます。このような、電子取引を早急に実現できない中小企業の業務効率化方法をソリューションベンダーとして解決する必要があると判断し、QRインボイスの発表に至りました。

【QRインボイスの仕組み】
発行側は、レシートや請求書の中からインボイスに関連するものをピックアップしQRコード化します。これを受け取った側は会計ソフトや販売・仕入管理ソフトにデータを取り込むことができます。スキャナで活字を読み取るOCRシステムとは異なり、データの間違いなどがありません。

<イメージ>


【電子インボイス支援研究会(EIS)について】
電子インボイス支援研究会(代表:宮脇崇裕)は、すぐに電子インボイスを実現できない中小企業の業務効率化を図るため2021年9月21日に電子インボイス支援研究会(EIS)を設立いたしました。

○会員(組織名略、順不同)
コニカミノルタ、キヤノン、キヤノンマーケティングジャパン、フリーウェイジャパン、富士フイルムビジネスイノベーション、リコー、リコージャパン、エプソン販売、東芝テック、AmbiRise(アンビライズ)、カーム、CUOS、佐山経済研究所、THINK-DO.BE、スマイルワークス、タテムラ、ハイパーギア、バンカーズ・ビジネス・ソリューションズ、日本ビズアップ、PPP、ファーストアカウンティング、フィンテックガーデン、マネーツリー、DX診断士協会、Miroku Webcash International、辻・本郷税理士法人、税理士法人新日本、フィンテックを考える税理士の会、社会保険労務士法人みらいパートナーズ
他、全35社及び団体

【国内初のインボイス対応システムの開発を開始】
フリーウェイジャパンは、会計・給与計算・勤怠管理などバックオフィス系業務をサポートするクラウド型サービス「フリーウェイシリーズ」の開発・提供を主な事業とする企業です。中小企業、起業家、フリーランスなどの小規模事業者を対象に「永久無料」でサービスを利用できる仕組みを実現しています。現在は、電子インボイスの主流になるであろう、QRインボイス対応のシステムを開発しており、小規模事業者をサポートすることで、日本経済の活性化に貢献したいと考えています。

【会社概要】
会社名  株式会社フリーウェイジャパン
代表者  代表取締役 井上 達也
設立     1991年3月19日
資本金  3,205万円
住所   東京都中央区日本橋富沢町12-8 TWG日本橋イースト6F
URL   https://freeway-japan.com/

【お問合せ先】
株式会社フリーウェイジャパン
担当:村田・小竹
下記のお問い合わせフォームからご連絡下さい
https://freeway-japan.com/contact.html
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社フリーウェイジャパン >
  3. QRコードを利用したインボイス規格「QRインボイス」を発表