松山ケンイチがワタナベの“大恋愛”を通じて学んだこと。『ノルウェイの森』撮影秘話&ファッションフォト!/ウェブよさらば!?デジタルサバイバル術2010【GQ JAPAN 最新号】

main image
<松山ケンイチがワタナベの“大恋愛”を通じて学んだこと。
 『ノルウェイの森』撮影秘話&ファッションフォト。>

国内発行部数が1,000万部を超え、33言語36カ国で翻訳された、
村上春樹作『ノルウェイの森』。間もなく公開される映画版で、
主人公ワタナベを演じた松山ケンイチさんが『GQ JAPAN』1月号
(11月24日発売)の表紙とカバーストーリーに登場!

インタビューでは、『ノルウェイの森』の撮影を通じて
主人公・ワタナベの大恋愛を疑似体験し、自分と照らし合わせ、
そこから学んだことについて語ってくれました。
そして、原作を初めて読んだ際の感想を「すごくエッチな本だと思った」と
語り、「撮影を経て少し大人になった感覚がある」とも話してくれました。

また、モデルとしてキャリアをスタートしたことを再認識させられる、
大人の表情で、豊かな表現力を見せつけてくれたファッション・
ポートレイトも必見です。

来年も続々と主演作が控え、2012年の大河ドラマの主演も決定し、
今後の活躍がますます楽しみな松山ケンイチさんの今に迫ります。


<GQ JAPAN 2011年1月号 特集>

■ ウェブよさらば!? THE WEB IS DEAD

米『ワイヤード』誌の編集長クリス・アンダーソンが8月に発表し
議論を巻き起こした記事、「The Web Is DEAD. Long Live the Internet
(“ウェブ”は死んだ。インターネットは永遠なれ)」。
彼の言う「ウェブの死」は何を意味するのか、さまざまな角度から
検証しました。

― クリス・アンダーソン『ウェブ・イズ・デッド』 解説付き抄訳。
― Googleマップの生みの親、ジョン・ハンケに聞いた、
  グーグルの今、そしてこれから。
― フェイスブック帝国時代のSNS攻略法。
― 自称「デジタル通」、“デジタリアン”の実情とは?
他人のフリ見て我が身を正すIT作法。
― NY、LA、東京 賢者たちのデジタルライフ拝見!  など。


■ 木村多江、美しき表現者としての喜びと葛藤。

映画『ぐるりのこと。』で日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を
受賞し、今年公開された主演作『東京島』での迫真の演技も記憶に
新しい女優の木村多江さんが、『GQ JAPAN』に初登場。
プラダのドレスを身に纏ったとたん、妖艶な輝きで現場を色めき立たせ、
幼いころからダンスで鍛えた体は、隅々まですべて美しく、女性らしさと
強さを同時に感じさせました。

そんな彼女の魅力をおさめたポートレイトを、「最終的な目標は“ばけもの”」と
語るなど彼女の過去・現在・未来に迫ったインタビューとともにお届けします。


■ イヴ・サンローラン、天才デザイナーの苦悩と真実。
 
ディオールやシャネルと並び、20世紀のファッションを創り上げた、
モード界の巨匠、イヴ・サンローラン。世界中を熱狂させた名声と莫大な
富を得ながらも、うつ病に悩まされ、ドラッグやアルコールの常用を
繰り返した、天才デザイナーの真の姿を、唯一心を許し、愛し、
理解し合った、恋人のピエール・ベルジェとモデルのベティ・カトルーの
ふたりが語ってくれました。


■ その他の特集は、以下の通りです。

・僕らを愛したスパイ。アンナ・チャップマンに魅せられた男たち。
・次世代リーダーたち、エグゼクティブご所望のクリスマスギフト。
・PUFF DADDY 美しく着こなせ!アウターの王者、ダウンアイテム特集。
・2010-2011秋冬の世界基準はコレだ!スポーツMIX大流行!
・我々のハートを熱くした2010年ダイジェスト。
・フォーマルウェアの基礎知識。
・別冊付録 『GQ WATCH 2011 ドレスウォッチ再考。』   など


【GQ JAPAN】
1957年に米国で創刊し、現在17カ国で発行される、
クオリティ・ライフスタイル誌『GQ』の日本版。知性・品性・感性を備え、
本質にこだわる男性のための月刊誌として、2003年に創刊。時代に影響を
与えた各界の男性たちを毎年年末に表彰する「GQ Men of the Year」も好評。
今年創刊7周年を迎えた。

編集長代理:竹内 大(たけうちだい)/発売:毎月24日/
定価:580円(税込 /発行:コンデナスト・ジャパン
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. コンデナスト・ジャパン >
  3. 松山ケンイチがワタナベの“大恋愛”を通じて学んだこと。『ノルウェイの森』撮影秘話&ファッションフォト!/ウェブよさらば!?デジタルサバイバル術2010【GQ JAPAN 最新号】