「シーバスリーガル」2大カクテルコンペティションの優勝者決定!6月6日まで「シーバス カクテル フォトコンテスト」を開催!

「ザ・シーバス マスターズ 2017」日本予選は櫻井将人氏が優勝し、7月に東京で行う世界大会へ!国内大会「シーバス ミズナラ マスターズ 2017」は吉原泰俊氏が優勝!

世界的なブームが続き、進化し続けるクリエイティブなカクテルの世界。ペルノ・リカール・ジャパン株式会社が展開するスコッチウイスキー『シーバスリーガル』では、日本の才能豊かなバーテンダーの方々を対象に、世界大会に向けた日本予選「ザ・シーバス マスターズ 2017」と、国内大会「シーバス ミズナラ マスターズ 2017」の最終選考会を開催し、各大会の優勝者を決定いたしました。
また「シーバスリーガル」では、多くの方々にカクテルを多角的に楽しんでいただこうと、「シーバス カクテル フォトコンテスト」を6月6日(火)まで開催します。

「シーバスリーガル」主催の2大カクテルコンペティション 結果発表

 

櫻井将人氏のオリジナルカクテル3作品櫻井将人氏のオリジナルカクテル3作品

「ザ・シーバス マスターズ 2017」日本予選は、櫻井将人氏(The Bar 草間 GINZA)が優勝し世界大会への出場権を勝ち取りました。本年度の世界大会の開催地は東京。7月上旬に、世界各国からローカル予選を勝ち抜いたトップバーテンダー達が東京に集結します。これまでの世界大会では、第1回はアメリカ代表として出場した漆戸正浩氏が優勝、第2回は日本代表の齋藤隆一氏が第3位になるなど、日本人バーテンダーが輝かしい成績をおさめており、今年の日本代表、櫻井将人氏の健闘が期待されています。

 

吉原泰俊氏のオリジナルカクテル吉原泰俊氏のオリジナルカクテル

国内大会「シーバス ミズナラ マスターズ 2017」の優勝者は、吉原泰俊氏(アンダーズ 東京 ルーフトップ バー)が選ばれました。本大会は、日本国内限定で販売している「シーバスリーガル ミズナラ」を使用し、日本のオリジナリティを活かしたカクテルを競う国内大会です。吉原泰俊氏は、初夏の夜を彩る蛍の光をグラスに表現したカクテル「蛍灯」を創作し、審査員の賞賛を浴びました。


「シーバス カクテル フォトコンテスト」
カクテルの写真や動画をSNSに投稿して、ロンドンカクテルウィークへの旅に行こう!

「シーバスリーガル」では、多くの方々にカクテルを多角的に楽しんでいただこうと、「シーバス カクテル フォトコンテスト」を4月26日(水)から6月6日(火)までの期間で開催します。「シーバスリーガル」のウイスキーで作ったカクテル写真や動画を、ハッシュタグ【#シーバスカクテル】を付けてSNSに投稿。写真や動画のクリエイティビティと、ソーシャル上の[いいね]や[シェア]などのエンゲージメントによる総合評価により、1位から10位までを決定します。1位の方には、ロンドンカクテルウィークやストラスアイラ蒸留所などを巡るイギリス旅行にご招待。2〜10位の方々にも、カクテルを楽しむ魅力的な豪華賞品をプレゼントします。ぜひ、この機会に「シーバスリーガル」のカクテルを楽しみ、素敵な写真や動画を投稿してください。※詳細はキャンペーンWEBサイトをご覧ください。

■キャンペーンWEBサイト
http://シーバスリーガル.jp/cocktail-competition/
■応募方法
① 「シーバスリーガル」のウイスキーで作ったカクテルの写真や動画を撮影。カクテルは、自分で作ったものでもバーなどで飲んだものでもかまいません。
② キャンペーンWEBサイトよりコンテストに登録し、ご自分のSNSアカウントにログイン。
③ ハッシュタグ【#シーバスカクテル】を付けて、写真や動画をTwitter、Facebook、Instagramに投稿してください。(複数回投稿可)


<「ザ・シーバス マスターズ 2017」日本予選 開催概要>
「シーバスリーガル」主催のグローバルコンペティションの日本予選。優勝者は日本代表として世界大会に出場いただきます。今年の世界大会の開催地は東京です!

■カクテルのテーマ
「シーバスを様々なカクテルで楽しもう」
「シーバスリーガル12年」を使用し、課題となる3つの都市のイメージを彷彿とさせるカクテルを考案。カクテルで巡る旅を再現していただきました。
1 The Classic Way〈クラシックスタイル〉 2 The Local Way〈ローカルスタイル〉 3 The Japanese Way〈日本スタイル〉

■ファイナリスト5名
上野 恵一 氏 (所属:芝パークホテル Bar The Fifteen’s / 東京・芝公園)
櫻井 将人 氏 (所属:The Bar 草間 GINZA / 東京・銀座)
杉浦 聡 氏 (所属:PAVILION / 東京・目黒)
能條 貴史 氏 (所属:ASLUN / 東京・町田)
篠原 恒治 氏 (所属:Cigar Bar RINGOKAN / 静岡・掛川)

■優勝者

櫻井 将人 氏櫻井 将人 氏

櫻井 将人 氏(所属:The Bar 草間 GINZA)シーバスリーガルが日出ずる国・日本で武士道に出会う『Chivalry meets 武士道』をテーマに、3作品を1つの物語のように関連付けて創作。
1 The Classic Way
[カクテル名]Yellow Brick Road (イエロー ブリック ロード)
[レシピ] シーバスリーガル12年 45ml / パッションフルーツピューレ 15ml / ドランブイ 10ml / ココナッツシャンパン フルアップ
2 The Local Way
[カクテル名]Yashiori (ヤシオリ)
[レシピ] シーバスリーガル12年 40ml / ピノー・デ・シャラント・ロゼ 15ml / アマレットリキュール 10ml / 塩 少量 / フレッシュレモンシュース 1dash / キュウリ(デコレーション) / ピンクペッパー(デコレーション)
3 The Japanese Way
[カクテル名] Chivalization〜騎士道開化〜
[レシピ] シーバスリーガル12年 50ml / インスタントアップルティーパウダー 2tsp / リカール 1dash / オレンジスライス 1枚 / ミネラルウォーター フルアップ


<国内大会「シーバス ミズナラ マスターズ 2017」開催概要>
名誉マスターブレンダー、コリン・スコットが日本にインスパイアされ、日本人の繊細な味覚に捧げるべく創り上げた「シーバスリーガル ミズナラ」を使用し、日本のオリジナリティを活かしたカクテルを競う国内コンペティションです。

■カクテルのテーマ
「日本人の繊細な味覚にあうシーバスリーガル ミズナラを使ったカクテル」
日本らしさや、スコットランドと和の融合などを取り入れたカクテルを創作いただきました。

■ファイナリスト5名
廣田 祥子 氏 (所属:ANAインターコンチネンタル東京 / 東京・赤坂)
羽立 晃憲 氏 (所属:グランドパーク小樽 / 北海道・小樽)
三代川 義典 氏 (所属:BAR 奥 / 京都・四条烏丸)
吉原 泰俊 氏 (所属:アンダーズ 東京 ルーフトップ バー / 東京・虎ノ門)
本庄 健太 氏 (所属:レストランチェリー ウィズ スカイバー / 東京・高輪)

■優勝者

吉原 泰俊 氏吉原 泰俊 氏

吉原 泰俊 氏(所属:アンダーズ 東京 ルーフトップ バー)
[カクテル名] 蛍灯(ホタルビ)
「シーバスリーガル ミズナラ」のボトルデザインから、青々とした初夏の森をイメージ。初夏が旬の和柑橘や胡瓜、日本に欠かせない麹の味わいを合わせて、初夏の夜を彩る蛍の光をグラスに表現。また、日本で昔から親しまれる歌「蛍の光」のメロディーはロバート・バーンズ作のスコットランド民謡「オール ドラング サイン」が原曲となっており、「シーバスリーガル」の故郷へのオマージュを込めました。
[レシピ] シーバスリーガル ミズナラ 40ml / 胡瓜インフューズ プリマスジン 15ml / 甘夏と味醂リダクション 20ml / フレッシュライムジューズ 15ml / ブルーキュラソー 5ml / 海塩 1/3tsp / デコレーション:蛍をイメージしたガーニッシュをグラスの縁に飾る。





 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. ペルノ・リカール・ジャパン株式会社
  3. 「シーバスリーガル」2大カクテルコンペティションの優勝者決定!6月6日まで「シーバス カクテル フォトコンテスト」を開催!