脱炭素社会の実現を目指して「ZEHデベロッパー」及び「ZEBプランナー」に登録

高松建設株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:高松孝年、以下当社)は、建物で消費する年間のエネルギー量を実質ゼロにする事を目指した「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)」「ネット・ゼロ・エネルギー・ビル(ZEB)」を推進するため、経済産業省と環境省が登録制度を設けている「ZEHデベロッパー」及び「ZEBプランナー」に登録認定されましたのでお知らせいたします。
ZEHデベロッパーについて
ZEH(ゼッチ/ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、外皮性能の大幅な向上と、効率的な設備・システムの導入により、室内環境の質を維持しつつ大幅な省エネを実現し、その上で再生可能エネルギーを導入して年間の一次エネルギーの収支をゼロとすることを目指した住宅です。ZEH-M(ゼッチ・マンション)普及の役割を担うマンションデベロッパーや建設会社等をZEHデベロッパーといい、当社はZEHデベロッパーとして快適で健康的な住まいの提供に努めます。
 



ZEBプランナーついて
ZEB(ゼブ/ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)とは、快適な室内環境を実現しながら、建物で消費する年間の一次エネルギーの収支をゼロにすることを目指した建物のことです。省エネによって使うエネルギーを減らし、エネルギーをつくる創エネによってエネルギー消費量をゼロにすることができます。当社はZEBの実現・普及によるエネルギー消費量の削減を地域温暖化対策のための重要な施策のひとつと捉え、ZEBプランナーとしてZEB化の技術検証・蓄積を進め、積極的にZEBの普及に取り組んでいきます。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 高松建設 >
  3. 脱炭素社会の実現を目指して「ZEHデベロッパー」及び「ZEBプランナー」に登録