立命館大学発ベンチャー、大型二足歩行ロボットを開発する株式会社人機一体に出資

フューチャーベンチャーキャピタル株式会社(以下、「FVC」)は、同社が運営するイノベーションC投資事業有限責任組合(以下、「イノベCファンド」)、及びびわこ・みらい活性化投資事業有限責任組合(以下、「FUNAZUSHIファンド」)より、大型二足歩行ロボットを開発する株式会社人機一体(以下、「人機一体」)(本社:滋賀県草津市、代表取締役:金岡克弥)に出資しましたことをお知らせいたします。
【人機一体について】
立命館大学発スタートアップ企業である人機一体は、先端ロボット工学技術により社会課題としての「重労働」の解消を目指しています。ロボットをフィジカルな道具として人が直感的・直観的に操る技術をパッケージ化して提供することで、物理的な力を人が自在に操り、フィジカルな重労働を強いられることのない世界をビジネスとして構築すべく、技術開発・事業開発を進めています。

【サービス概要】
先端ロボット工学を基礎として、油圧では実現できない緩急剛柔自在な力制御が可能な電動モータ技術や、緻密な重作業に応用可能なマスタースレーブ技術等を開発しました。同社独自のこれらの技術を知的財産としてポートフォリオ化し、事業会社と連携して革新的な製品および市場を実現します。
また同社独自の技術の象徴として、重作業における人の能力を拡張する二足歩行の人型ロボット「人型重機」の完成を目指しています。
 

【FUNAZUSHIファンドについて】
滋賀県内の創業・第二創業の支援、地域経済の活性化、SDGsによる社会課題解決等の実現に寄与することを目的とし、株式会社関西みらい銀行とFVCが共同で設立したファンドです。滋賀県内に本社や拠点を置き、滋賀県のブランド確立及び経済活性化に貢献する企業等を出資対象としており、業種を限定せず、創業期・第二創業期の幅広いベンチャー企業を支援していきます。また、当ファンドは滋賀県、日本政策金融公庫とも連携しており、出資先企業への様々な側面支援も行っていきます。本件の人機一体への出資により、FUNAZUSHIファンドからの出資は合計4社となります。

【イノベCファンドについて】
イノベCファンドは、2018年8月に京都信用金庫とFVCが共同で設立したファンドです。京都信用金庫営業エリア内で独創的な技術、サービスやビジネスモデルで地域経済の活性化に資するベンチャー企業を出資対象とし、当該企業の成長および社会課題解決等の実現に寄与することを目的としています。シード~レイターまで幅広いステージのベンチャー企業を対象とし、業種問わず多くのベンチャー企業を支援しています。本件の人機一体への出資により、イノベCファンドからの出資は合計15社となります。

【FVCについて】
京都に本社を置く独立系ベンチャーキャピタル。地域のベンチャー企業を支援するための「地方創生ファンド」と事業会社のオープンイノベーションを促進するための「CVCファンド」に取り組んでいます。また、資金を投入するだけでなく、長期的な事業継続に向け、事業育成、人材育成、事業コンサルティングなどの支援を行っています。

【出資先概要】
会社名 :株式会社人機一体
WEB   :http://www.jinki.jp/
設⽴⽇ :2007年10月
所在地 :滋賀県草津市青地町648番地1 秘密基地人機一体
代表者 :代表取締役 金岡克弥

【会社情報】
会社名 :フューチャーベンチャーキャピタル株式会社
WEB   :https://www.fvc.co.jp/
設⽴⽇ :1998年9月
所在地 :京都市中京区烏丸通錦小路上ル手洗水町659番地 烏丸中央ビル
代表者 :代表取締役社長  松本直人
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. フューチャーベンチャーキャピタル株式会社 >
  3. 立命館大学発ベンチャー、大型二足歩行ロボットを開発する株式会社人機一体に出資