額賀澪の松本清張賞受賞作『屋上のウインドノーツ』文庫化!3年前の自分に厳しい校正を入れた結果、内容も大幅リバイス、“最新の額賀澪”の詰まった一冊に生まれ変わる!?【旭屋書店主催:著者インタビュー】

旬な作家の意外な素顔が・・・?旭屋書店「本TUBE」ピックアップ本、著者出演インタビュー企画!

旭屋書店による1億人の本と本屋の動画投稿サイト「本TUBE」のスペシャル企画として、額賀澪の松本清張賞受賞作『屋上のウインドノーツ』文庫化を記念した著者インタビューを実施!額賀さん自身に、作品についてじっくりと語っていただきました。

◆本編再生はコチラ!
http://www.hon-tube.com/pc/movie.php?movieid=1998
 

旭屋書店では、第22回松本清張賞受賞作『屋上のウインドノーツ』文庫化を記念し、額賀澪さんにインタビューを実施。ほぼ同時期に第16回小学館文庫小説賞を受賞した『ヒトリコ』をはじめ、『タスキメシ』が第62回青少年読書感想文全国コンクール高等学校部門課題図書に選ばれるなど、話題作が尽きない額賀さん。今回の文庫化における校正作業は、彼女にとって非常に複雑な心境のもと行われていったという。

「私は今回初めて、単行本から文庫にするための校正作業をしました。単行本にあった致命的な誤植とかを直すぐらいで済ませられるかなと思いながら始めたんですけど…。2年前に出た本ということは、書いたのは3年前なんですよね。いざゲラをめくり始めると、見るに堪えなかったです。よくこれで作家デビューできたなと、2年前の自分に呆れながら校正しました。」
 

一般的に、“文庫本は単行本より一回りサイズが小さく、表紙なども変わる”と認識されているが、実はこのように内容も変更されている場合もある。作品差はあるが、今回の『屋上のウインドノーツ』は、相当内容を洗練していったケースと言えるだろう。

 「担当編集者には申し訳ないなと思いつつも、けっこう赤字を入れて、主人公の男の子に関しては口調を変えたほどです。彼がある行動を選択するところも、2年前の正解は単行本の方だったんだけど、2年経つと私にとっての正解は違っていたので、文庫では全然違う選択をしているというのもあります。」人付き合いが下手で引っ込み思案の少女と、吹奏楽部長を務めるワケありの少年という、二人の主人公が部活動を通して、抱えた悩みや葛藤、過去の過ちを乗り越えていく姿を爽やかに描いた、新しいカタチの部活小説。3年前の自分に対して厳しく校正を入れた、額賀澪の最新が詰まった作品として生まれ変わった渾身の文庫版―、単行本を読んだ方にも、そうでない方も読んでいただきたい。
 

文庫: 365ページ
出版社: 文藝春秋
 

◆本TUBEとは・・・
著者出演動画数は国内最大級!本屋が作った動画で気軽に”本”と出会えるコミュニティサイトです。
読んでみたくなる本が動画で見つかる、読んだ本の記録や整理できる本棚機能など、
毎日の読書がもっと楽しくなるコンテンツが盛りだくさん!
http://www.hon-tube.com/


◆公式Twitter
https://twitter.com/hontube

◆公式Facebookページ
https://www.facebook.com/hontube2017/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社旭屋書店 >
  3. 額賀澪の松本清張賞受賞作『屋上のウインドノーツ』文庫化!3年前の自分に厳しい校正を入れた結果、内容も大幅リバイス、“最新の額賀澪”の詰まった一冊に生まれ変わる!?【旭屋書店主催:著者インタビュー】