ウクライナ国立歌劇場【総勢約200名】の来日が迫る!全国14都市でバレエ、オペラ、第九の公演を開催。

キーウ現地の劇場の様子や、ウクライナ国立バレエのダンサーからのメッセージも。

12月17日神奈川県民ホールでの公演を皮切りに、バレエ「ドン・キホーテ」、「新春オペラ・バレエ・ガラ」、オペラ「カルメン」、オーケストラ「第九」、合計26公演を、1月15日まで全国14都市で行う予定のウクライナ国立歌劇場。戦禍のウクライナで今なお舞台に立ち続け、ウクライナの芸術を守り続けているアーティストたち、総勢約200名の来日がいよいよ今月に迫ってきました。
ウクライナ国立歌劇場の現在

2022年2月からのウクライナ情勢により、ウクライナ国立歌劇場に所属するメンバーの半分以上が国外へ避難しました。 その後、芸術活動を続けてほしいという政府からの依頼や、芸術を愛するウクライナ国民からの強い要望を受け、劇場地下の防空壕に入ることのできる人数を考慮し客席数に制限を設けつつ、5月より公演を再開しました。11月には、電力供給が不安定な状態ではありましたが、日本公演でも上演予定のオペラ「カルメン」、バレエ「ドン・キホーテ」をはじめ、約13公演を開催。それと同時に、日本公演に向けたリハーサルも行っています。一方で、 来日への影響も少なくありません。現在、ウクライナ国内で来日に向けたビザの発行が困難なため、隣国のポーランドまで赴き、約200名分のビザ発行を行っています。さらに、キーウでは空港が機能していないため、来日時には一度全員でポーランドへ向かい、日本へ飛び立つ予定です。このような状況下ではございますが、ウクライナや劇場を応援してくださっている日本の皆様に感謝の気持ちを伝えたい、という劇場側からの意向を受け、多方面の皆様からご支援・ご協力をいただきながら、来日に向け準備を一つ一つ進めております。

 

 



出演者からのメッセージが届きました!/主演オリガ・ゴリッツァの日本公演への思い


日本公演にて、「ドン・キホーテ」、「パキータ」で主演予定のウクライナ国立バレエのプリンシパル、オリガ・ゴリッツァより日本の皆様にメッセージが届きました。
「侵攻開始時はウクライナ国外に避難していましたが、今はキーウに拠点を戻し、大好きなウクライナ国立歌劇場で日々レッスンや公演を行っています。日本では7回ほど公演をしたことがありますが、日本のお客様からは芸術に対する理解や感謝の気持ちが伝わってきます。日本のお客様の前で再び踊るのが今から本当に楽しみです。」

 



子供無料チケット・CHINTAIユースチケットのご案内/若い時だからこそ体験いただきたい本物の舞台芸術


バレエ「ドン・キホーテ」では、文化庁子供文化芸術活動支援事業のひとつで小学生~18歳までのお子様を対象とした「子供無料チケット」のお申し込みを受け付けております。

また、オペラ「カルメン」においては、株式会社CHINTAI社からの協賛により実現した、25歳以下の方を対象とする「CHINTAIユースチケット」を4,000円で販売しております。劇場でしか体験することのできない、本物の芸術を生で鑑賞することの素晴らしさを、未来を担う次世代の方にも味わっていいただきたい。そして、この先も芸術文化を守り発展させていってほしい、との願いを込めこれらを実施いたしました。この度の機会を是非ご活用ください。
チケットのお申し込みに関しましては、光藍社公式webサイトのみでのお取り扱いとなりますので、詳細は以下URLよりご確認ください。

バレエ:
https://www.koransha.com/ballet/ukraine_ballet/?utm_source=pressrelease&utm_medium=Referral&utm_campaign=20221202


オペラ:

https://www.koransha.com/ballet/ukraine_opera/?utm_source=pressrelease&utm_medium=Referral&utm_campaign=20221202
 

公演情報

■ウクライナ国立バレエ「ドン・キホーテ」
12月17日(土)神奈川県民ホール、12月18日(日)東京国際フォーラム、12月26日(月)、12月27日(火)東京文化会館ほか、山形、秋田、福島、千葉、埼玉、群馬、静岡を含む全国9都市で公演予定。
公演情報:https://www.koransha.com/ballet/ukraine_ballet/?utm_source=pressrelease&utm_medium=Referral&utm_campaign=20221202

■ウクライナ国立歌劇場管弦楽団「第九」
12月28日(水)横浜みなとみらいホール、12月29日(木)、12月30日(金)東京オペラシティにて開催予定。
公演情報:https://www.koransha.com/orch_chamber/daiku/?utm_source=pressrelease&utm_medium=Referral&utm_campaign=20221202

■ウクライナ国立歌劇場「新春オペラ・バレエ・ガラ」
1月3日(火)東京国際フォーラムにて開催予定。
公演情報:https://www.koransha.com/ballet/ukraine_ballet/?utm_source=pressrelease&utm_medium=Referral&utm_campaign=20221202

■ウクライナ国立歌劇場「カルメン」
1月6日(金)、1月7日(土)東京文化会館、1月8日(日)フェスティバルホール(大阪)ほか、和歌山、長野、愛知、高崎を含む全国7都市で公演予定。
公演情報:https://www.koransha.com/ballet/ukraine_opera/?utm_source=pressrelease&utm_medium=Referral&utm_campaign=20221202

公演情報・チケット購入は光藍社ホームページから https://www.koransha.com/
お問い合わせ:光藍社チケットセンター 050-3776-6184(12:00~16:00/土日祝、12/29~1/4休み) 
 

 



【キャスト変更に関しまして】
昨今のウクライナ情勢に伴う出演者の都合により、バレエ「ドン・キホーテ」にて主演を予定しておりました、アンナ・ムロムツェワ、スタニスラフ・アリシャンスキー、オレシア・シャイターノワが来日できなくなりました。
上記3名に代わり、ウクライナ国立バレエのプリンシパル、ヤン・ヴァーニャ、ファースト・ソリストのイローナ・クラフチェンコ、イリーナ・ザローフスカが出演いたします。
また、オペラ「カルメン」で指揮を予定しておりましたアッラ・クルババが、本人の体調上の理由から、来日できなくなりました。代わりまして、ヴィクトル・オリニクが指揮いたします。
出演を楽しみにされていたお客様には深くお詫び申し上げます。
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社光藍社 >
  3. ウクライナ国立歌劇場【総勢約200名】の来日が迫る!全国14都市でバレエ、オペラ、第九の公演を開催。