オンライン面接システム「インタビューメーカー」、インハウスAI動画編集クラウド「VIDEO BRAIN」と連携。

企業紹介など、オンライン説明会に必要なコンテンツを数分で動画化し、機動性の高い選考活動を支援

Web面接・録画面接システム「インタビューメーカー」を提供する株式会社スタジアム(東京都港区、代表取締役:太田 靖宏)は、インハウスAI動画編集クラウド「VIDEO BRAIN」(ビデオブレイン)を提供する株式会社オープンエイト(東京都渋谷区、代表取締役社長 兼 CEO:髙松 雄康)と、両社の持つSaaS型サービスを組み合わせ、企業がリッチな採用コンテンツを作成し、オンラインで会社説明会を開催できるソリューションの共同提案を進めることとなりました。
 昨今、オンラインでの説明会のニーズが急速に高まっていますが、オンラインの選考活動で用いるコンテンツやインフラサービスを揃えることに課題を感じている企業は少なくありません。

 そこで、当社は、2020年1月28日より、1対1用のオンライン面接の機能を無償開放し、また、2020年2月20日からは、グループ面接・説明会機能を追加で無償開放することで、各社のオンライン化を支援してきました。

 今回、当社の取り組みに、オープンエイト社を迎え、会社説明会動画など採用におけるコンテンツ準備に悩む企業に対し、AIのサポートで誰でも簡単にクオリティの高い動画を作成することができるソリューション「VIDEO BRAIN」と「インタビューメーカー」を組み合わせて活用するソリューションの提供を開始致します。

 

 

 

 

 これまで企業紹介動画などは広告代理店や制作会社へ外注し数十万円から数百万円のコストと1ヶ月程度の時間をかけて制作することが主でしたが、クラウドサービスを活用することで人事担当者が手持ちの素材で動画を作成できるようになり、面倒だったオリエンやクリエイティブチェックから開放され、コストも時間も解決されます。定額制で作成上限の無い「VIDEO BRAIN」を活用すれば、コストを気にすること無く、あらゆる採用ポジションに向けた動画をいつでも何本でも多数作成することができ採用コンテンツの拡充を図れます。

 「インタビューメーカー」と合わせて活用することで、オンライン説明会などで求職者に対して動画によるリッチなコミュニケーションを行うことができ、企業への理解の促進や応募意向を高めることが期待できます。

 SaaS事業者である両社がタッグを組むことで、企業のオンライン選考活動への支援を通じて優秀な人材を迅速に採用し企業の成長スピードを高めることに貢献して参ります。また、引き続き、この取り組みに賛同するSaaS事業者を募り、より質の高いソリューションの創出に尽力して参ります。

◯ インハウスAI動画編集クラウド「VIDEO BRAIN」の特徴
 説明会資料やオフィス写真など手持ちの素材をアップロードするだけで、誰でも簡単に企業紹介動画などを編集することができるクラウドサービスです。AIのサポートでテキストの要約や画像とのマッチング、そしてテロップ反映がされるので、ユーザーはライトな修正を加えるだけでクオリティの高い動画が簡単に作成できます。作成した動画は共有URLを通じて社内外の関係者へ送ることができ、確認作業も容易です。
 また、スピーチダイジェスト機能(β版)では、プレゼンテーションなど音声付きの動画をアップロードすると自動で書き起こしとテロップ反映がされ、必要なパートをピックアップするだけでダイジェスト動画の作成が可能です。社員インタビューなどをテロップ付きの動画をオンライン説明会をはじめとする採用活動で活用することができます。

◯ オンライン説明会支援キャンペーン
 2020年3月31日(火)までに、新規で「インタビューメーカー」と「VIDEO BRAIN」の両サービスをお申し込みの企業に対して、30秒程度の企業紹介動画1本の作成をサポート致します。
 静止画素材数点と紹介文、企業ロゴなどをご契約のVIDEO BRAINアカウントにアップロードすると、オープンエイトのオペレーターが企業紹介動画を作成をサポート。完成した動画は、そのままダウンロードして活用頂けるほか、素材を追加したりテロップを編集するなどいつでも自由に編集することができます。

(「VIDEO BRAIN」で作成可能な動画サンプル)

 

 


◆スタジアム会社概要
スタジアムは、「面接×テクノロジー」のオンライン面接システム「インタビューメーカー」によって、面接とテクノロジーの融合を進め、従来では得られなかった価値や気づきを面接参加者に提供し、その利便性も大幅に高めていきます。対面面接をオンラインへ切り替えることにとどまらず、面接官向けのクラウド研修サービス「imトレーナー」や、面接特化型AI文字起こしサービス「imアシスタント」なども提供し、選考プロセス全体にテクノロジーの適用範囲を広げることで、さらなる大きな変革を目指します。「インタビューメーカー」は、国内導入社数1,100社を突破し、2020年度2月に日本マーケティングリサーチ機構による調査で、Web面接ツールで顧客満足度No.1を5部門で獲得しています。
 
代表者:代表取締役 兼 CEO 太田 靖宏
本社所在地:東京都港区赤坂3-4-3 赤坂マカベビル6F
設立:2012年8月
https://stadium.co.jp/ (コーポレートサイト)
https://pray-for-wuhan.interview-maker.jp (サービスサイト)

◆オープンエイト会社概要
オープンエイトは、自然言語処理とコンピュータービジョンを中心とした独自のAI技術を活用し、アルゴリズム・ソフトウェアモジュール群からなる"OPEN8 CORE TECHNOLOGY"を保有するコンテンツテクノロジーカンパニーです。動画広告事業ならびに動画メディア事業で培った動画コンテンツ制作・配信ノウハウと、AI技術を組み合わせて開発したインハウスAI動画編集クラウド「VIDEO BRAIN」や動画生成機能などのAPI提供を通じて、企業による情報発信の支援を行っており、2019年には米 Red Herring社がアジアにおける革新的なベンチャー企業に贈る「2019 Red Herring Top 100 Asia Winner」を受賞しています。「AI×SaaSであらゆる企業の情報流通戦略の成長ドライバーとなる」ことを事業コンセプトに、以下の3事業を展開しています。

(1) SaaS事業
企業向けに、インハウスAI 動画編集クラウド「VIDEO BRAIN(ビデオブレイン)」の提供を行っています。
写真やテキストなどの素材を入稿すると、AI エンジンが入稿データを分析し、動画の尺やサイズ、文言などを希望にあわせて調整するだけで、数分でリッチな動画コンテンツを編集することができます。大手企業をはじめ多数の企業が導入し、PRやマニュアル、営業資料など様々な業種・職種で広く活用されています。

(2)API事業
アルゴリズム・ソフトウェアモジュール群からなる"OPEN8 CORE TECHNOLOGY"をAPIで提供する事業です。単体での利用はもちろん複数の技術を組み合わせた利用もでき、企業のニーズに合わせて使い分けることが可能です。

(3)MLaaS(Machine Learning as a Service)事業
企業が保有するプライベートデータを基に独自のモデルを構築し、"OPEN8 CORE TECHNOLOGY"と組み合わせてオリジナルソリューションの開発を行います。
 
株式会社オープンエイト
代表者:代表取締役社長 兼 CEO 髙松雄康
本社所在地:東京都渋谷区桜丘町20-1 渋谷インフォスタワー19階
設立:2015年4月10日
事業内容:SaaS事業・API事業・MLaaS事業
https://open8.com/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社スタジアム >
  3. オンライン面接システム「インタビューメーカー」、インハウスAI動画編集クラウド「VIDEO BRAIN」と連携。