絵手紙講師が日本を飛び出しニューヨークへ!「愛の絵手紙体験会」開催の実現のため、クラウドファンディングで支援を募る

相手を思いやる優しさのコミュニケーションツール「絵手紙」を広めることで、世の中に思いやり、優しさ、笑顔を広げていきたい。
日本各地で絵手紙講師として活動してきたが、さらに海外へと絵手紙文化を広める足がかりとして、まずはニューヨークで「愛の絵手紙体験会」の開催を計画している。
ニューヨーク在住者に絵手紙の素晴らしさを知ってもらうために、そしてニューヨークの風を感じることで起案者自身がひと回り成長するために、クラウドファンディングで広く支援を募る。

絵手紙 絵手紙

日本初のクラウドファンディング専門の研究、調査およびコンサルティング会社であるクラファン株式会社(本社:東京都中央区日本橋人形町/代表取締役社長:板越ジョージ、以下当社)は、運用する手数料5%+クレジットカード手数料3.8%、計8.8%という、アメリカ水準まで抑えた手数料率のクラウドファンディングサイト「CRAFUN.JP」(クラファン・ドット・ジェイピー、http://crafun.jp/)にて、新プロジェクト『絵手紙講師が日本を飛び出しニューヨークへ! 「愛の絵手紙体験会」を開催したい』がスタートしたことをお知らせする。

絵手紙講師として全国で研修・講演活動をしている金本智代は、絵手紙文化を世界へと広める足がかりとして、ニューヨークでの「愛の絵手紙体験会」開催を計画。クラウドファンディングサイト「CRAFUN.JP」(クラファン・ドット・ジェイピー、http://crafun.jp/)にて、開催にかかる費用の支援を募る。プロジェクト名は『絵手紙講師が日本を飛び出しニューヨークへ! 「愛の絵手紙体験会」を開催したい』、期間は2019年7月20日(土)から2019年8月31日(土)までの43日間。
詳細はこちら→ https://crafun.jp/projects/view/35
当社は本プロジェクトにおいて、プロジェクト企画・ページの原稿執筆協力ならびにフライヤー制作・PRなどを、起案者・金本智代と協業した。

◆毎朝1枚の絵手紙投稿から、全国へ、世界へ
15年ほど前、絵手紙の素晴らしさに気づいた私は、絵手紙講師としての活動をスタートさせた。そして、より多くの人が幸せを感じて生きていけるような発信がしたいと思うようになり、毎朝1枚絵手紙を描いてFacebookで投稿する、という活動を5年前にスタート。2019年7月20日で1824日目となり、今後も続けていくつもりである。現在、絵手紙教室を全国各地でおこなっており、地元・岩国の新聞や雑誌に取り上げられている。
「絵手紙を知って本当に人生が豊かになった」という、生徒のみなさんやコミュニティを通じて知り合った方々からのコメントを励みに、絵手紙文化を海外へと広めていきたい。そのために、まずはニューヨークでの「愛の絵手紙体験会」開催、さらには絵手紙講師としての自らのステップアップを目的として、全国のみなさまからのご支援を募りたい。

絵手紙絵手紙


◆メディア掲載実績
雑誌「くるとん」(2017年8月10日発行号)掲載
「中国新聞」(2018年4月16日発行)掲載
「中国新聞select」(2018年4月18日発行)掲載  など

◆リターンについて
長年描きためたものから厳選した絵手紙のセットをはじめ、日めくりカレンダー、オーダーメイド絵画、商業用デザイン、団体絵手紙研修など、幅広いニーズに対応できるリターンを用意した。主なリターンは次のとおりである。

【3,000円支援】絵手紙5枚セット(印刷版)
【10,000円支援】ニューヨークから直筆絵手紙が届く
【10,000円支援】日めくりカレンダー≪31ページ≫
【50,000円支援】色紙絵 額入り≪オーダーメイド≫ 
【50,000円支援】商業用パッケージデザイン 
【100,000円支援】絵画作品≪オーダーメイド≫+日めくりカレンダー
【200,000円支援】企業、団体絵手紙研修 講師

◆起案者について
絵手紙講師:金本智代
Facebook:Tomoyo kanemoto   https://www.facebook.com/tomoyo.kanemoto
Instagram:tomoyo_neinei

◆クラウドファンディングとは
インターネットを通して不特定多数の人からプラットフォーム上でお金を集める仕組み。
主に、テストマーケティング、PR、予約販売を目的として使用される。

◆「CRAFUN.JP」について
新クラファンサイト「CRAFUN.JP」は、2018年9月よりベータ版として試験的に運用を開始し、これまで10案件のクラファンプロジェクトを目標金額達成に導いてきた。
クラファン®の魅力のひとつは、少ない資金で自分のアイディアをカタチにできるところにある。しかし、クラファン®先進国のアメリカではサイト運営側へ支払う手数料が10%以下であるのに対し、日本では20%と非常に高額である。そのため、スタートアップ企業や農家をはじめとする生産者、町工場の方々が起案に躊躇する姿を、これまで何度もみてきた。
こうした問題を解決すべく、クラファン®の普及活動とコンサルティングにより培ってきた当社の知見をもとに立ち上げたのが、「CRAFUN.JP」である。運用手数料5%+クレジットカード手数料3.8%、計8.8%という、アメリカ水準まで抑えた手数料率を実現させた。
今まで起案を諦めてきた多くの方々が「CRAFUN.JP」によってプロジェクトを立ち上げられるようになることを目標として、これからも当社のノウハウを活かしたサイト運営に努めていく。

◆クラファン株式会社について
日本初のクラウドファンディング専門の研究、調査及びコンサルティング会社として、2015年4月、東京都中央区に設立。「新たな価値を創造し、社会に貢献すると共に、全従業員の物心両面の幸せを追求し、人間力を高める」を経営理念に掲げ、地方創生と海外進出の支援活動、社員も含めた人材開発と教育に尽力している。

◆代表取締役社長 板越ジョージ
東京生まれ。都立高校卒業後、1988年渡米。University of South Carolina 卒業。中央大学大学院戦略経営研究科修了(MBA)、 同大学院総合政策研究科博士後期課程修了。博士(学術)。1995年、NYで起業。上場寸前までいくが9.11の影響で倒産を経験。その後、NYで海外進出を支援するGlobal Labo, Inc.を設立し、海外進出を目指す企業やアーティストなどにコンサルティングを行う。「クラファン®」の名付け親。

【会社情報】
クラファン株式会社(英語表記:Crafun Corporation)
旧 株式会社クラウドファンディング総合研究所
本社:東京都中央区日本橋人形町1-18-5 TK人形町ビル2F
本店:佐賀県佐賀市天神1-2-57 Global Labo BLD.1F
NY支社:545 8th Ave. Suite 1410 New York, NY 10018 USA
ウェブサイト:http://crafun.co.jp/
クラファンサイト「CRAFUN.JP」:http://crafun.jp/

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
【お問い合わせ先】 クラファン株式会社(英語表記:Crafun Corporation)
〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町1-18-5 TK人形町ビル2F(東京本社)
E-mail:info@crafun.net (担当:竹崎)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. クラファン株式会社 >
  3. 絵手紙講師が日本を飛び出しニューヨークへ!「愛の絵手紙体験会」開催の実現のため、クラウドファンディングで支援を募る