使わなくなったスマホを あおり運転録画に活用、リア専用アプリとスマホホルダー登場

余りスマホ、自宅で眠っていませんか?アプリとホルダーで余りスマホが後方撮影用カメラに変身

 

株式会社カーメイト(本社:東京都豊島区)は、使わなくなったスマートフォンの新たな用途提案として、リアガラスに設置したスマホでリモート撮影が可能になるアプリ『DriveMate RemoteCam(ドライブメイト リモートカム)』を平成31年4月1日にリリースいたしました。続いて、リア専用ホルダー『スマホルダー ガラス貼付』を令和元年5月15日に発売いたします。

これにより、後方のあおり運転やツーリングの後続車などの録画が可能となります。詳細は以下をご覧ください。


[開発背景・概要]


・あおり運転が社会問題となり後方撮影のニーズが顕在化
・スマホが普及し、使わなくなったスマホをそのまま保管している人は約60%(※左グラフ:N=209)
・余りスマホを再利用している人は約30%。半数以上が持てあましている(※右表:N=129)

上記背景から、アクセサリー開発とアプリ開発の知見を活かし、不要となったスマホを後方撮影カメラとして活用する今回の提案にいたりました。(2018年10月インターネットにて当社調べ)

[ユーザー像]
・2カメラのドライブレコーダーは持っていないが、あおり運転車のナンバーを録画したい人
・余りスマホを持っている人
・仲間とツーリングなどを楽しんでいる人

[アプリケーション・製品特長]

 

◆アプリケーション◆
・使っていないスマホをリアに設置しドライブレコーダーに(衝撃感知による自動録画機能はない)
・フロント側のスマホをリモコンとして使用し、リア側のスマホと連携して録画の開始/停止ができる(どちらのスマホにもアプリをインストール)
・視認性が良い大きな操作ボタン
・動画に走行情報「MAP」「速度」「日付」をオーバーレイできる
・動画はリストで管理し、SNSへのシェアも手軽にできる

名 称 :DriveMate RemoteCam(ドライブメイト リモートカム)
価 格 :無料
対応OS  :iOS 10.0以降、iPhone、iPadに対応/Android 6.0以降

販売店  :App store 、Google Play ストア

◆リア専用スマートフォンホルダー(車内用)◆
・業界初※のリア専用スマホホルダー ※2019年4月当社調べ
・ドライブレコーダーアプリと合わせて使えば、後方のあおり運転を録画可能
・当社ドライブレコーダー『ダクション 360 S』のガラス貼付マウント構造を継承し確実に固定
・はさみ込むだけで簡単にスマートフォンをホールド
・角度調節可能で、様々なリアガラスの傾斜に対応

製品名:スマホルダー ガラス貼付
品 番:SA26
価 格:オープン
対応スマホサイズ:W59~79mm、D13mm以下、重さ220g以下
製品サイズ:H97×W43×D50mm

注意:車から離れる時は必ずスマートフォンを外し車内に放置しないこと。スマートフォンが破損する恐れがあります。


[関連情報]
DriveMate RemoteCam

http://www.drivemate.jp/appli/drivemate-remotecam/

スマホルダー ガラス貼付

http://www.carmate.co.jp/products/detail/6742/SA26/
360度ドライブレコーダー『ダクション 360』

https://daction.carmate.jp/

 

[読者様お問合せ先]  http://www.drivemate.jp/

※電話での連絡可能時間帯:月~金曜日 9:00~17:00(土日祝除く)
※プレスリリースに記載された製品の仕様、お問い合わせ先などにつきましては、発表日現在のものです。

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社カーメイト >
  3. 使わなくなったスマホを あおり運転録画に活用、リア専用アプリとスマホホルダー登場