2018年6月から義務化される乗務前の睡眠不足報告・確認に対応、IoTやAIで睡眠改善運輸・物流業界向け睡眠改善サービスを提供開始

〜SleepTechで睡眠不足による事故防止やバス・タクシー・トラック運転手の働き方改革を実現〜
テクノロジーで人々の睡眠課題を解決するSleepTech(スリープテック)事業を展開する株式会社ニューロスペース(本社:東京都墨田区、代表取締役:小林 孝徳、以下 ニューロスペース)は、国土交通省の事業者向け規則改正において、2018年6月より施行される『睡眠不足による乗務員の交通事故防止対策強化』に対応したアンケート・睡眠計測デバイスによる『簡易的な睡眠不足チェックサービス』および『バス・タクシー・トラック業界に特化した睡眠研修会』の提供を開始します。


 今回の規則改正で国土交通省は、居眠り運転に起因する事故防止や運転者の睡眠時間を確保し運輸・物流業界において働き方改革を推進することを目的に、2018年6月より事業者に睡眠不足の運転手を乗務させることを禁止しました。また乗務前に運転手の健康状態を確認する点呼で睡眠不足の確認や報告、記録が義務化されました。


◆運輸・物流業界向け睡眠改善サービス概要
・簡易睡眠不足チェック


毎日の運転乗車前に確認する、①回答時間約1分の睡眠不足チェックアンケート、加えて、睡眠不足は慢性的になると本人が感じにくくなるため、②定期的に潜在的睡眠不足をチェックできる20問のアンケート、の2タイプを実施します。このチェックサービスを活用することで乗務当日の睡眠不足だけでなく、慢性的に蓄積された睡眠不足状態も可視化することが出来ます。また、より従業員の負担なく、正確に睡眠不足チェックを行うため高精度の簡易睡眠計測デバイスの提供も可能です。

・運輸・物流業界特化型の睡眠改善研修


これまでニューロスペースでは、50社を超える企業および1万人を超えるビジネスパーソンの睡眠のお悩みデータや生活習慣データを収集し、あらゆる業界や職種における最適な睡眠ソリューションを研修会やスマートフォンアプリを通じ提供しています。また、今回の規則改正に先駆け、数年前より運輸・物流業界向けに研修会を実施してきた実績・ノウハウを保有しています。そのノウハウに基づき、バス・タクシー・トラック運転者に多く見られる睡眠お悩み傾向や睡眠不足の原因となってしまう生活習慣などを分析し、ソリューションをカスタマイズした睡眠改善研修会を提供します。


ニューロスペースの睡眠改善プログラムは、これまで物流・運送業界を初め、約50社の企業で採用され、日勤、夜勤、シフト勤務などあらゆる職種と業界で働く従業員の睡眠改善を実現しています。ニューロスペースでは今後も様々な業界の企業と連携し、従業員の睡眠問題改善とパフォーマンス向上に特化した働き方改革・健康経営をSleepTechで実現します。
※国土交通省 「旅客自動車運送事業運輸規則及び貨物自動車運送事業輸送安全規則の改正内容」について
http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha02_hh_000341.html


【株式会社ニューロスペースについて】
企業向け睡眠改善プログラムを国内大手企業に提供し、企業の健康経営と生産性最大化を支援。
また、最先端睡眠テクノロジーをもとに、独自の睡眠計測デバイスと解析アルゴリズムをもとに、共同研究開発も行う睡眠テクノロジーベンチャーです。
会社概要
本社:東京都墨田区横川1丁目16-3 横川倉庫2F センターオブガレージ
代表者:代表取締役社長 小林孝徳
創業:2013年12月
URL:https://neurospace.jp/
事業内容:睡眠センシング技術および簡易評価アルゴリズムの開発、睡眠ビジネスに関わる研究開発の技術的支援、睡眠改善プログラムによる企業の健康経営の支援、睡眠ソリューション開発支援およびアルゴリズムAPIのライセンス提供
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ニューロスペース >
  3. 2018年6月から義務化される乗務前の睡眠不足報告・確認に対応、IoTやAIで睡眠改善運輸・物流業界向け睡眠改善サービスを提供開始